気まぐれMOCO

蘭や山野草を主にした、趣味の日記

アオヨシナ(ヤマトキホコリ)

2010年05月31日 | その他
寒気が抜けて寒さの峠が過ぎたと言っても、まだ20度以下で
じっとしていると、肌寒く感じられるので 
近かくの滑川の山に、トリガタハンショウヅルを探しに出かけました
双眼鏡片手に歩き回りましたが、それらしき物は見られせんでした・・・残念

それならと、ヨシナが丁度食べ頃の大きさになっていたので採取しました
生まれてこのかた、アオヨシナを一度も食べた経験が無かった 
子供の頃、今は亡き父親にヨシナを採るときには
「アオヨシナは採らない、茎の根元が赤いのだけ採れ」と教えられていたからです
訳を聞いても、「美味くないのだろう・・・」と言うだけでした 

実際にどんな味がするのか食べてみたいと、下を見ながら歩いていて
葉の色が濃くて艶のあるヨシナに気付いて、葉を捲って見ると
なんとアオヨシナでした 
アカと隣り合わせに混ざって生えていました




アカは花を付けていますが、まだ花を付けていません
茎もアカより細くて、太目だけ選んで少々採取しました
美味かったら、又来れば良いのですから 



茹でて酢の物にしてもらい、夕飯で試食してみました 
茹でた後は、さらに綺麗な緑色になりました
食感は柔らかで、アカの様なシャキシャキ感も粘りも無いけれど
クセの無いサッパリした味がしました
噛んでいると直ぐにトロケテしまい、粘りが出たと勘違いしてしまいそうでした 

アオとアカ・・・どちらもどちらで、料理の仕方にもよるかと思いますが
引き分けでしょう 
わざわざ分けないで、一緒に混ぜて料理する人もいるみたいですが
それはないでしょう・・・

ところで、アカヨシナは採った場所によって、粘り気にかなりの違いがありますが
今日のアカヨシナには、結構な粘りが有り美味でした 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トリガタハンショウヅル

2010年05月21日 | その他の花
一昨日の登校日の授業で、学校構内の林で樹木観察中に
クリーム色で、ぶら下がって咲いている花を見つけた  
野生種のクレマチスの仲間として、本で知ってはいましたが
実物を見たのは初めてだったので・・・・・オ~~感激 

その前に、ここ20年以上見る事が無かったギンランを、剪定の練習用の赤松の下で発見してたので
先生の樹木の説明を聞きながらも、下ばかり見て 
何か変わった草花がないのかと、キョロキョロしていた為に見つける事が出来ました 

昼休みに小雨の中、傘を差しながら両方とも採取しました 



山野草の本を参考にして、昨日鉢植えにしました
フカフカして水はけ良く、湿気とアルカリ性を保つ土にしました 

2株あって、花の付いていない小さい株はそのままに
大きい株は、花が咲いていて2mぐらいの長さがあったので
仕方なく7節残して、切り縮めて植えました
葉が1枚も無い坊主になったので、上手く根付くか自信が有りません 
旧枝咲きなので、今年中にシッカリと茎が伸びないと
来年、花が咲かない事になつてしまいます

切り捨てた中の、今年伸びた新しい茎を2節づつに切り
ミズゴケの中に、挿し木をしてみました
たぶん失敗するでしょう・・・



今朝、トリガタハンショウヅルの写真を撮る為に起きてみると
タイミング良く、スカーレットとストロベリーキッスの今年の初花の蕾が開いていました 
キングスドリームと去年加わったテキセンシスは未だ咲きません  


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エビネH22

2010年05月17日 | エビネ
天候とその日の気分で続けてきた
富貴蘭の植替えが終了しました 
目標は50鉢でしたが、2株を1鉢にまとめたり
気に入らなくなったものは絞めて処分したりして、40鉢程度で済みました

ヤレヤレと思いながら、エビネを覗き込んで・・・ドキ 
花が傷を負ったように、汚く汚れてしまっています
何とマア・・・最悪のバイラス確定 
去年には何と無く、ヤバイと思っていた4種15株程の一画がバイラスに・・・
一画すべてを根こそぎ廃棄処分にしました、土も出来るだけ取り除き 
最後に消毒して終了です 

後は、他に伝染しないように神頼みです 
他の大丈夫と思われるエビネの花を全て採って、花瓶に入れました 
来年には廃棄処分になつて、花どころで無くなってしまうカモ・・・  
思わずゾクッとしてしまいます 



コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

牡丹H22

2010年05月09日 | その他の花
強風が治まったので今日から、富貴蘭の植替えを始めました
根が動いてしまって、時期としてはもう遅いのですが
伸び始めた根先の成長点を傷めないように、気を付けながら慌てないで
50鉢を目標に、重い腰を上げることにしました 

庭の芝生をつぶして作った、カーポートの下で植替えながら
牡丹が今年一番に綺麗な時だと思い、写真を撮りました  
花が開いた後から雨が降ると、見るも無残にクチャクチャになってオシマイです
天気予報では、明日の夜から雨のようです・・・
明日が、今年の見おさめになるかも 


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ヒロハヤブデマリ(ケナシヤブデマリ)H22

2010年05月08日 | その他の花
ヒロハヤブデマリ(ケナシヤブデマリ)の本来の連なった花を、ようやく我家の庭で見る事ができた
咲きがけの為に、コロコロした感じです
一緒に咲いている手のひら程の大きくて派手な牡丹に比べると、地味ですが・・・・・好きな花です 


今日花をよく見て、気付いた事があります 
この写真では、分かりづらいですが
花色は白ですが、咲きがけは意外と綺麗な黄色です 


試しに去年挿し木をしてみましたが、アジサイ並に良く根付きました 
今年の新芽の中に、花の蕾がいくつも付いていましたが
さすが小木の為か、全部ふるってしまいました 
アジサイの様に簡単には、花が咲いてくれないようです
せっかく根付いたのだから、今年の梅雨の時期に娘の庭に植えようかと思っています  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ジエビネ

2010年05月08日 | エビネ
以前に載せたイシヅチと一緒に、実生したジエビネです
緑花同志を掛けて、もっと綺麗な緑花を狙ったのですが…残念
花弁の外側に、茶色の濁りが出ています
こんな駄花になると、強健で良く増えます


これも同じ実生です
舌の濃い赤同志を掛けたのですが、イマイチ濃くはなりませんでした


魚津鹿熊産の奇形花です、以前載せた奇形花の直ぐ近くで採ったものです
去年には咲いていなかったので、枯れたと思っていたのですが
1本だけ咲いてくれました
本当に、ネコには腹が立ちます・・・クソ


魚津の見栄春さんが見つけた、魚津鹿熊産の素心花です
これも、1本だけです
純粋な素心花で、ひ弱で増えてくれません

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クロユリ

2010年05月06日 | その他の花
過去3年間程、まともな花が咲かなかったクロユリ
去年これでは駄目だと思い、肥料を与えて陽も当たるようにしたのが良かったようです 

これは強健な北海道産の園芸品種で、栽培不可能な立山に咲くクロユリではないです
(*立山のクロユリに過去2回挑戦しましたが、消えて無くなりました・・・) 
園芸店で買って、鉢植えにして玄関に飾ったまでは良かったけれど
他のユリでは考えれない、嫌な臭いが・・・(鈴虫草の様な臭い) 
直ぐ撤去して、今の場所に植えてからずっとそのままです




下の写真を見て、今日初めて気づいた事があります
上の花は雌しべの付いている雌花で、下の花は花粉だけの雄花のようです
受粉して種を採って、蒔いてみたくなりました 



ササユリやヒメサユリは、種を蒔いてみると、良く生えてきます
このクロユリも、同じだと思うのですが・・・

下の写真は、伸び出したばかりのヒメサユリです
写真の右下四分の一のマスの中に、今年発芽した一枚葉の実生苗が何本か見えますでしょうか 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イシヅチエビネ(実生)

2010年05月03日 | エビネ
4年前から咲きだしたイシヅチです 
去年は花は一休みしていました
例の如く、枯れてしまうかと思われましたが 
みごとに生き返りました 
10年以上前に、サルメンとジエビネを交配して実生したものです
濁りの無い緑花弁が特長です
他に花を見る事が出来た実生イシヅチは2株、花が咲いた翌年に弱ってしまい
1株は枯れて、もう1株は枯れ掛けて再生中です
このイシヅチも来年どうなるか自信がありません、ほとんど自然任せですから 

エビネを実生しても、気が遠くなるくらい時間を要します
発芽するのに2~3年、発芽してから花が咲くまで6~10年掛かり 
良いものは、ひ弱で枯れやすい
駄花は、強健でどんどん増殖します



イシヅチの特長は花の後ろに付いている距(シッポの様なもの)が短いのと
舌にサルメンエビネの特長が良く出ることです 


庭には、ライラックが咲き甘い香りが漂っています 
我家にふさわ無いのか、白や青紫など他の4本は枯れてしまい
生き残りの1本です
他には、例の白いスミレ白のヒメシャガの花盛りです
これから直ぐに、他のエビネ、ツツジ、サツキと花が咲きだします 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

春の移動

2010年05月03日 | 富貴蘭(その他)
ようやく春らしい天候に、突然になつた 
室内で冬越しをしていた富貴蘭や春蘭寒蘭を、今日屋外へ引っ越しさせました
室温が急に上がり湿度が下がり過ぎて、鉢の乾きが早くなったのと
富貴蘭の根が伸び始めてしまった為です 
昨日のうちに、ボロ小屋を石灰硫黄合剤でシッカリと消毒しておきました

連休前には風は強いし朝晩冷え込んで、霜注意報がよく出ていたので 
富貴蘭の植替えが出来ないまま、今日になってしまった
冬越しの間に傷めた富貴蘭は、満月・雪山・黄金錦の3鉢 
それぞれ葉1枚づつでした


直射日光を摂りたいものは、ペランダの壁面に 


寒蘭は6鉢、春蘭は14鉢だけになってしまいました 


冬もこの定位置に置いてある羽蝶蘭
早くも、葉が展開したものも・・・ 
アッと言う間もなく、グングンと成長をしてます
コメント
この記事をはてなブックマークに追加