気まぐれMOCO

蘭や山野草を主にした、趣味の日記

ミニコチョウラン

2009年09月29日 | その他の花
昨日の午後から、日本海を低気圧が通過してフェーン現象となりました
気温が上がり鉢物は乾くので、せっせと水やりで汗を流しました
強風のせいで、クレマチスが一鉢ひっくり返ったのと
地植えのバラの一枝が、折れたぐらいの被害で済みました

そんな日でしたが、玄関内でミニコチョウランが咲き始めました
富山市内のムサシで、10年程前に買ったものです
親株は人にあげて、仔株を残して育てていましたが
今年初めて孫株が出て来ました
成長が悪くなったので、植え替えをしたのが良かったのでしょうか

品種名は不明です、横幅は14cm程で
花の大きさは五百円玉程度しかなく、赤紫色の白覆輪花です
超ミニで白覆輪が可愛ので、衝動買いしました
近頃は、この手のミニコチョウランを、販売店で見かけなくなりました
大変育て易く、一般の室内で十分に育ち、冬の管理は他の観葉植物と変わらない程です
難を言えば、他のコチョウラン程に、花持ちし無い事でしょうか



今年の春に、花後の節を三個残して切断しました
一番上部の節から、一般的には、花芽が出て来るはずですが
これには、新仔が出て来るのです
葉と根が、もう一つづつ増えたら水苔に巻いて植えてやれば良い訳です

今育ててる洋蘭は、エビネや春蘭を育ててる関係で
ウィルス対策の為にと、これとパフィオ一鉢だけなので
精々大切に育てたいと思っています


ところで、一週間程以前に一分咲きだった白花のイワシャジンが
ようやく見ごろになったので、載せてみました
花の少ないこの時期に、にぎやかに玄関先を飾ってくれます

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

富貴蘭(宝生殿)

2009年09月27日 | 富貴蘭(縞)
昨日今日と、ウチョウランの植替えで大変でした
何故今頃にと、思われるでしょうが
苔がびっしり生えてしまったので、水の加減が全く判断出来なくなった為です
ひどい鉢では、苔の厚みが3cm程にもなってしまってました
こまめに、手を掛けていなかったせいですネ

H14にネットショップで、四国の方から買った宝生殿です
7年も経ったのに、3株だけで増えてくれません
 (宝生殿)



元親が覆輪に、買った時に付いていた地味柄の子は派手柄に
後から出てた小さな仔は、殆んど青に近くなりました
宝生殿の青には、虎班が出るとの事で、時々は虎班の確認をしてますが
薄っすらと出るだけで、虎班と言うほどのものではありません
同じ場所に置いたままで、日光の調整をしないためかも知れません
そこまでしてみる、価値はなさそうです
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

イワシャジン

2009年09月23日 | その他の花
その気になれなくて、ブログの新規投稿を暫くしてませんでした
久々に、ありふれた花ですが
それなりに沢山の花を付けたので、載せてみました

イワシャジンです



白花の咲くのが、少々遅くて、一分咲きってとこでしょうか



両方共に、一株植えで草丈は50㎝程
日焼けさせずに花数を多く付けるのに、苦労しましたが
期待通りになってくれました
イワシャジンは、良く見かける花ですが
これだけ沢山の花数を付けたのは、他に見た事がないと
自負してますが・・・・・・どうでしょう

作りだして、10年以上になると思いますが
植替えをしたのが、1度だけで丈夫なものです
縦長の深鉢に、春蘭の使用済み用土で植えて
水切れしないように、鉢皿を敷いて十分に水と肥料を与えています
春の芽出しの頃は、良く日を摂ってやりますが
夏の直射日光に弱いので、葉焼けしないよう日影に移動させます
蕾が出だす頃に、下葉が枯れてきますが
丁寧に、取り除いてやります
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

富貴蘭(朝日殿)

2009年09月15日 | 富貴蘭(縞)
息子が豊橋○○大学に在学中に、家族4人で浜名湖まで旅行した時に
通り掛かりの一般の家で、分けて頂いた朝日殿です

道路沿いに、富貴蘭と看板が下がっていたので、車を停めたのですが
その時はすでに商売を辞められて、温室はガランとしていました
ただ、大株の鈴虫と黄色が良く発色した朝日殿だけが、天井からぶら下がっていたのを覚えています
せっかくだからと、記念に分けてもらったものです
当時は極黄色で派手柄でしたが
我家に来てから、根腐れで元気が無くなったりと、枯れ掛けた時もありました

気に入らない株は締めてしまい、2株寄せ植えになっています
1株は覆輪に、派手柄から陽明殿、覆輪へと変化しました
完璧な覆輪になったように見えます



もう1株は、三光錦になっています
初めの頃は、細い白縞が出たり消えたりでしたが
最近はハッキリと確認出来るようになりました
今は成長期の為に、肥料が効いているので
黄色になる班が黄緑に見えるので、白班がよく確認出来ます




値段も安く、初心者用と蔑まれてる朝日殿ですが
丈夫で、季節により色の変化も有り、なかなか面白いので好きな一品です
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イチジク

2009年09月08日 | その他

食べた事の無い種類のイチジクを、食味したくて
4年前から作っている、大鉢のドーフィン以外は
主にネットショプで、カタログだけを参考にして去年買ったものです
去年の秋に送られてきて直ぐに、八号の素焼き鉢に植え込み
外の蘭小屋で冬越しさせてから、春3月に日向に並べた時の写真です
コンパクトに育てようと、出来る限りに短く切り詰めました


新芽が伸び出してからは、日当たりの良い今の場所に移動させました
木が伸びるに従って、水切れするようになったので
鉢皿に水を溜めて、とにかく水切れしないように対処しました
根腐れを防ぐ為に、鉢のカケラを敷いて浮かせてあります
しだいに鉢底の穴から、根を伸ばしてくるので大丈夫です
カリ分の多い薄め肥料から始めて、成長と伴に段々と濃くして与え続けました
2本立てにし、支柱をして風対策もしました

 (アーティナ)


一番早く熟したアーティナ(糖度25度)重さ30g前後で一口サイズ
中まで薄黄緑色で、さっぱりしたさわやかな甘さでした、皮も薄くて一緒に食べられました
何個でも、食べたくなる様な美味さでした

 (ロンドボーテックス)


こちらは、さらに小形のロンドボーテックス(糖度30度)重さ23gでした
見た通りのネットリした濃い激甘で、皮が薄く、皮とも食べれました
濃縮された蜜入りジャムのようで、子供のおやつになりそうです

 (ゼブラスィート)


縞模様で観賞用のゼブラスィート(糖度15度)重さ40gでした
味の期待はしてなかったけれど、癖が無くてイチジクらしい美味しさでした
カタログでは、熟すと縞模様が消えるとなってましたが
ご覧の通り、薄くはなったけれども消えませんでした

 (ドーフィン)


以前から作っているドーフィン(秋果糖度20度)重さ61gでした
見てくれは良いのですが、中身が傷んでいました
中心部が茶色くなり、腐り掛けてる感じです、原因は不明です


果頂部にサージカルテープを貼って、アザミウマ類の侵入を防いだつもりが
やり方が悪くて、失敗したのかもしれません
肥料のせいか、病気か、根腐れか・・・・良く分かりません
自分の手に合わないようならば・・・絞めようか思ったりします

尚、写真の小皿の直径は、11cm
重さは実測したもの、糖度はカタログから使用しました
まだ熟してないのがサルタン(糖度30度)だけです、一番多く実を付けています
実を付けなかったのがビオレーソリエス(糖度23度)、来年に期待です
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

圭・1才の誕生会

2009年09月07日 | その他
圭くん、明日で1才の誕生日です
前もって5日㈯に、市内稲荷公園そばの欧風家庭料理 Dentdelion(ダンデリオン)で
1才の誕生会がありました

デザートと一緒に、一本のローソクに火がつきました
・・・チョットチョット場所が違うのでは



圭くん、一生食いっぱぐれが無いようにと
大沢野のお婆ちゃんが、用意してくれた餅かつぎの始まりです


一月程前から歩き始めてて、重い餅をかついだままヨチヨチ歩いてます
                   それ行け・・それ行け 


 “イケネエ 「こと」お姉ちゃんの手が伸びて来た”


“いただいてま~す ケーキよりスキなの”
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

富貴蘭(松島錦)

2009年09月04日 | 富貴蘭(縞)
9月に入って、富貴蘭の根が伸び出してきたものも見られます・・・
それに、花芽か新仔かまだ分からないけれど、アタリがいくつも確認できます
後期の成長の為にと、寒冷紗を取り外してやりました
今日は思い付きで、鳳や金広錦などの青い仔を数本外しました
青をそのままにしてると、他の仔成長を妨げたりするので
幽霊も含めて、それと確認したものから出来るだけ速やかに処分する事にしてます

ところで、昨年の年暮に買った数種類のイチジクを、試験的に鉢植えで育てて見てますが
(品種名アーティナ)熟したようなので、食べてみました・・・美味いの一言
実を付けなかった一種を除いて、次々と熟す予定なので
そのうち、ブログに載せようかと思います

 (松島錦)



H11に、M○○の世界のホームページからのネットショップで買った松島錦
分類上は、羅因の光に入ってます
一見したところ、小型の金兜の様で
いくら肥料をやっても、これ以上大きくなりませんと
注釈がありましたが、二回り程大きくなってしまいました



根腐れして、枯れ掛けた時もありましたが
素一本と仔株付きとの寄せ植えになっています
買った時の手前の大きな仔が、仔株付きに成長しました
元親が、中班気味の素一本になってしまい、青ばかり生んでいます
中班気味になると、良い仔をなかなか産まないと言うのが、実感出来ました

作ってみて、気付いた事は
派手柄になっても、パットしない目立たない、渋い一品です
新葉は一時、極黄色になりますが、次第に白ガチになってしまいます
金兜の様には、冴えてくれません
薄い方の緑の地合いとの、コントラストがイマイチ悪い様です

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

富貴蘭(紀州白王)

2009年09月02日 | 富貴蘭(縞)
今日の新学期の初日、心配してたように・・・
一身上の都合により、御一人退学されました
体調不良ならと、心配になります

入学から、2人減り
になってしまいました

自分自身も、早く絶好調を取り戻したいので、只今減量中です
半年で5㎏達成しました、御蔭で足への負担が減り
足が軽くなった感じがして、体の動きがスムーズになりました
近頃は“ヨッコイショ”なんて、吐いてない様に思います

 (紀州白王)



H18に落札した紀州白王です
3年程で、随分よくなったのですが
今は半柄のような感じです、仔に期待していましたが
出た仔は、ハズレのようです・・・クソ~



柄の良い方向から見てると、雪白班縞が綺麗です
日を摂っても、伯青龍の様な葉焼けはしないし、アントシアンで汚れもしない
難を言えば、白班部分の葉の肉厚が薄くなるので
派手柄ほど余計に、形が崩れてしまいそうです
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

富貴蘭(都羽二重)

2009年09月01日 | 富貴蘭(縞)
いよいよ明日から、新学期の始まりである
クラスメイト全員の、元気な顔が揃いますように・・・・

せっかくの四十数年ぶりの夏休みが、健康診断も含めて
病院通いでした、まだ今月も後を引いています・・・・・ウムッ

 (都羽二重)



H17に落札した都羽二重です
殆んど白縞にしか見えないという事で、落札したのですが
作を重ねる毎に、黄縞もチラホラと出て来ました

白縞だけだと“白滝”と呼ばれるそうですが・・ンン~
実際には細縞が白く、太縞は黄色く見えるそうです
そして、古葉になるとより黄色くなるそうですが
そうでもなさそうです



左の仔は白縞に、右の仔は全体的に黄縞に見えます
まだまだ作を重ねないと、ハッキリと確信できませんが
白縞と黄縞は存在しそうですネ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加