気まぐれMOCO

蘭や山野草を主にした、趣味の日記

富貴蘭の荒料理

2009年07月29日 | 富貴蘭(その他)
手に入れた時は、上柄の縞があったのに
いつの間にか上葉が青になったり
逆に、派手になり過ぎたり
古木の為に、何年経っても新仔を生んでくれなかつたりと
色々と気をもむ事が多々あります

一昨年前に、天葉が青になり掛けた慶賀を手始めに
荒料理して、手っ取り早く良い仔が出せないかと
駄目元で挑戦する事にしました

*・H16/9にオークションで落札した上柄の慶賀
それなりに高値だった一品ですが
翌年から除々に青くなってしまった
初めは、天葉を引っこ抜いて、上葉を4枚のこして後は取り除きました
それで去年に出た仔は4本で、1番良い子を残して後は切除
天葉を抜いたつもりでも、切れただけで
芯止まりには、なかなかならないようですが
天葉が一度、切除される事により、仔芽が刺激されるようです
残した仔は、そんなに上柄にはなりそうにないけれど
もう一子出そうな小さなアタリがあります


*・H15/7にで落札した幽谷錦、かなりの古木らしく
花芽ばかり出して、新仔を出してくれませんでした
そのうえ、年々派手になってきました
そこで去年、天葉を引っこ抜く事に・・・
今年に入って、新しい天葉が伸びてきました
出た新仔は1本だけです、派手柄のようなので、これでは不十分です
三四年後、回復を待って再挑戦の予定です



*・H15/6に落札した富士錦、最上柄と思ったのですが
かなりの古木らしく、新仔を1本も出してくれませんし
これも、年々派手柄になってしまいました
去年、葉を取りすぎて、1枚に・・・・
でも3本の新仔が出ました、かなり派手みたいです
派手柄の親からは、派手柄の仔しか出ない
そんな悪い見本の様な事になって・・・・残念
このまま、育てるしかないようです



*・H18/7に落札した八千代、何とも言えない渋さが良かったのですが
これも、かなりの古木の為か、花芽ばかり
葉を落としても、花芽の痕しか有りません
今直ぐの仔出しは、あきらめて
このまま育てて、様子を見るしかないようです


以上の様に私のやってる方法が、良いとか悪いとかは別にして
これからも挑戦して行くつもりです
これからは、古木だけには手を出さないように注意しなくては・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

富貴蘭の花

2009年07月24日 | 富貴蘭(その他)


お騒がせの日食、我家の玄関前で11時28分頃に撮ったものです
22日はどうせ、雨か曇りで見えはしないと思っていました
ところが、11時頃に買い物先の駐車場で、辺りが微かに薄暗くなったので
見上げてみてビックリ、雲のおかげで、ハッキリと肉眼で見えるではありませんか
そんな訳で、慌てて家に帰り、撮れたのがこれ1枚だけ
雲が厚くて見えなかったり、完全に雲が切れて写せなかったりで
そうこうしてるうちに、終わってしまいました・・・・・・残念

以前に見たのが、小学校の校庭で晴れていて
クラス全員で、下敷きで見た記憶が残っていますが
今度は20数年も先で、生きているかさえ疑問な訳で
生きていたとしても、意識して見る事が出来ないカモ・・トホホ

本題の富貴蘭の花の方は、と言うと
花を見ようと、数鉢だけ残して
私は蕾のうちに、花だと確信が持てたモノから直ぐに摘んでしまいます
木勢を付けて、大きく育って仔を多く生んで欲しいからです
玄関でしばらくの間、香りを楽しむ位です
花持ちは短命でして、2週間位です
早咲きから遅咲き迄、1か月チョイでしょうか

(実生玉姫・赤花)

(猩々)

(実生楊貴姫・鶺鴒タイプ)
      花が大きくて、香りが強い

(春及殿)

(実生大鷹丸・鶺鴒タイプ)

(実生翡翠・緑花)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

その後のパフィオ

2009年07月18日 | その他の花



今年の2月に紹介したパフィオ
今も元気に、6個目と7個目の花が咲いていますが
花を付けているのが、1株だけです
2月には、2本花が上がっていましたが・・・・・・

3月初めに、花を見ながら気付きました 
未開花の株に、花が付いたら、その後どうなるだろうか・・・?
このまま花を咲かせ続けていては、衰弱して絶えてしまうのでは・・・!
新子が出ないまま、株が枯れてしまうのでは・・・・!?
そんな不安を抱いてしまいました 

そこで、1株だけ(2月の写真の左側)花を切除する事にしました
新子を出す為に、濃いめのメネデールと薄めの肥料を与え続けました

6月初めに、ハッキリしませんが、何かそれらしき物が出て来ました
新子だと、確認ができたのは、6月半ばでした 
花を切除した株元の内側に2本、外側に1本出てきました
これで一安心です 

今咲いている株は、元気そうなので、そのまま咲かせ続ける事にしました
あと何個の花を咲かせられるか、30個は無理かナァ~!



パフィオは生きた水苔で、植え込んであります
理由は、水や薄めとはいえ肥料を絶やす事無く与えるので
水苔が出来るだけ、腐る事が無い様にする為です 

自分なりに、色々と考え育てていますが
今後も元気に育ってくれる保証が無いのが 
タマラナク楽しいものです・・・・・“ワクワク”

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

変わり物・羽蝶蘭(実生)

2009年07月17日 | 羽蝶蘭
15年以上前に、春蘭を素焼きの鉢に植えて
羽蝶蘭の交配した種をまいては、実生を作っていた時期がありました
その実生の中で、1番の変わり物を紹介します
ただ変わっているだけで、良い物でありませんが
初めてこの実生を確認した時は、モヤシで直ぐに枯れてしまうだろうと思いました
でも、日が経つにつれて緑が載ってくるではありませんか
ハッキリ覚えていませんが、初花を見る迄に、七・八年掛かったと思います


4月19日・芽が出たばかり、葉緑素の無いモヤシの状態です
そんな訳で、成長が他より遅い


5月6日・極わずか緑が載りかけてきたが、殆んどモヤシ
後ろの他の羽蝶蘭はすべて、葉が展開してしまっています


5月12日・薄っすらと葉緑素が確認出来るようになって、成長が速くなった


5月16日・はっきりと葉緑素が点々と見えてきた


5月29日・葉緑素の形成は殆んど最終段階になり
葉面は更紗状に、葉縁は覆輪のように白くなった


6月16日・他は殆んど花が咲いています、花はまだまだ先のようです


6月29日・ようやく初花を見る、青紫色で小さくて無点の奇形
間違っても良花とは言えません
小さな子の葉が、この頃から特にピカピカと、照り輝いてきます
大きな親も、下葉に少々艶がありますが、さほどではないようです


7月11日・が咲ききった状態です
拘束から解放された日でして、羽蝶蘭の花は、全て切り落としました
家を空けている間に、茎が病気に侵されていた為です
直ぐに、殺菌剤をかけてやりました
毎年今頃の時期に、病気は発生するものです
ほっておくと、これから大きく成長する来年用の新球に影響します
出来るだけ長く、秋まで緑を保つようにしなくてはいけません



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

緊急入院

2009年07月12日 | その他


6月30日(火)に、滑川の○○耳鼻咽喉科医院が診察してもらいました
何故なら、2日前の昼頃から39℃以上の熱は出るし、のどは痛いし
だんだん食べ物が、のどを通らなくなって
朝からは、ジュースさえも飲めなくなったからです

2時間も順番待ちをさせられて
先生が鼻からカメラを入れて、診察するやいな
“これは大変だ、危険な状態です、救急車を呼ぶから直ぐ入院です
どこの救急病院にしようか・・・・?”と

何故エエと思いながら、“中央病院へお願いします”と答えました
のどが腫れあがって、急に息が出来なくなる事が、よくあるそうです

そんな訳で、酸素マスクをされて、救命救急センターへ




救命救急セターに着くやいなや、点滴されながら、CTをかけられ
30分後に、気管切開手術を受けました
病名は急性喉頭蓋炎
風邪等がきっかけで、のどの粘膜を細菌に破られて
腫れて、化膿するとの事です

それで一安心、呼吸停止の危険は避けれました
けれども、しゃべれなくなってしまいました



このナースステーションの奥の部屋でお世話になりました

のど仏の下ぐらいに、パイプを入れられていましたが
3日程して、声の出る弁付に入れ替わり、声が出るようになりました

さらに3日程して、パイプがとれましたが
1回に2本の抗生剤の点滴を、日に2回受け続けていました

点滴のホースが8日に外れ、飲み薬に替わりました
その時に、やっと“これで順調に治っているんだ”という実感が湧いてきました
入院生活が続くと、足が衰えてくる気がしたので
階段を10階まで昇り降りしたり、病院構内を散歩したりしてみました
急にやったので、足が筋肉痛になってしまいました・・・アタタタタ

散歩の途中に、芝生の中に沢山のネジバナが咲いていたので
気分転換に変わり物探しを、じっくりと・・・・
葉っぱが刈られて、ほとんど無くて、葉の無い花ばかりでした
あったのが、白花1本だけでしたが、記念に家に持ち帰る事となりました

のどの傷は、まだ1週間程掛かるとの事ですが、11日(土)に無事退院
でも、プロテクターフィルムを貼ったままです
安心して、シャワーも出来ません
もうしばらくガマン・・ガマン 

この病気(急性喉頭蓋炎)では、救急隊員や病院関係者それに家族等に
大変な迷惑やら心配を掛けました
 “本当に、ありがとうございました”
  
ところで、愛犬MOCOがショックで入院した翌日に、チッコが出なくて
心配しました・・・・・次の日に出たので一安心
 退院して玄関に入るやいなや、MOCOがやって来て
     腹見せしながら、たくさんオモラシを・・・・
        







コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加