気まぐれMOCO

蘭や山野草を主にした、趣味の日記

エッチュウ ミセバヤ

2016年10月18日 | その他の花
 ミセバヤでなくて、地元産絶滅危惧種エッチュウミセバヤとは・・・
 そんな疑問から探し求めた、3鉢のミセバヤが開花しました
 ナーセリーで買った物、近所で貰った物、遠くで貰った物の3鉢です

 今年は、置き場所も鉢の大きさも肥料も全て同じ条件で栽培しました
 花数を増やして豪華に咲かせようと、7月1日に長く伸び過ぎた茎を切り詰めて脇芽を多く出そうと試みてみました
 結果オーライで、一番上部の葉〈2or3枚葉〉の付け根から葉の小さな花芽が1本づつ出てきました
 遠くで貰った物は、中央植物園の物と一緒のようです
 近所で貰った物は、葉や茎は中央植物園と同じですが花数が多く少し豪華に見えます 
 3鉢伴に共通しているのが葉の形が円形又は縦長で、エッチュウの条件の一つになっていますが・・・
 同じエッチュウミセバヤでも採取された場所により、形態や花の濃色に変化があるのは理解できますが
 ナーセリーで買ったものは葉や茎が小形で一足早く紅葉します、これはエッチュウでなくて何でしょうか 

              

         遠くで貰った       近所で貰った       ナーセリー

 結論は、貰ったものはエッチュウミセバヤで買ったものは他の種類のミセバヤのようです
 ミセバヤ3鉢も邪魔ですから、買った物は処分しようと考えています 



 ついでに、チョットだけ色付いてきたフユノハナワラビです
 この後、胞子が茶色くなってきます
 何が良くてと言われそうですが、他の物に無い渋さかな・・・・・
 植替えもしてもらえないのに元気ですが、一株も殖えはしません  

               
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イワシャジン | トップ | 竜雪 (寒蘭) »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
エッチュウミセバヤ (nishi)
2016-10-21 10:17:12
エッチュウミセバヤがきれいに咲き上がりましたね、この後の紅葉も楽しみと思います。
我家のは良ちゃんにもらったのですが、エッチュウミセバヤと思います、ただ今年は9月に1鉢がアメシロにやられ切戻したせいで花が付きません、アメシロも食うに困りエッチュウミセバヤまで食べるとはビックリです。

アーティナは.2個収穫しおいしく頂きました。あと1個残っていますが、もうしばらくと思います。来年は倍はなるだろう、地植えにしようかな、考えています。
エッチュウミセバヤの害虫 (moco)
2016-10-21 20:52:12
アメシロは、富山では6月中旬と9月上旬ぐらいに発生します。その時期になったら近所の柿や桜等を観察して、発生前に薬を散布しています。それでも、アメシロの白い毛虫が近所から這って来る事もあり、困ったものです。
ミセバヤは蕾が付いてから小さなケムシに食われる事があるので、注意しています。

洋種のイチジクの時期が終わって、今頃は皮が硬くなってしまいます。今日サルタンの皮を取って一個食べてみたら、とても甘かったですがもう終わりですね。

寒蘭の蕾が、ふっくらして開花が近いのもあります。
残念ながら今年は不作で、蕾の数が少ないです。蕾の数が4個ばかりが立ち上がっている状況は、悲惨です。初花もあるので、花の確認が出来るだけでも良しと思う事にしています。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。