気まぐれMOCO

蘭や山野草を主にした、趣味の日記

春の嵐の前・シラネアオイの開花

2017年04月17日 | その他の花
              

 今年のシラネアオイは不作で花は少なく蕾と合わせて2個だけで、色も薄いように思います
 去年里の方から引っ越してきた期待の株は、8月に水枯れして昇天してしまいました・・・・・
 それでも1芽だけの小さな株は生き残っていますから、何時かは花が咲いてくれるのでしょう
 猛暑の夏に枯れたり弱ったりしますから、絶え尽くさないように努力したいところです

         これは蕾、花の一部分が見えています




 今晩から明後日迄、春の嵐が襲ってくるようです 
 庭の草木の花は勿論の事、せっかく出てきた新芽や若葉も痛んでしまわないか気になるところです
 そこで、未だ咲ききっていない春蘭「雪月花」もUPする事にしました 

          

                     

 花の数は19本、リビングから見えるこの場所に移して漸く本咲きするようになったようです
 通常はこれから花茎が伸びて、葉上に高く伸び上がって格好良くなってくれます
 移す際にバラバラになってしまい、数株の寄せ植えになっています
 去年は花3本をアザミウマ類にやられてしまい、今年はオルトラン等で対策したので無事に全て開花しそうです
 「雪月花」は他の春蘭の花が終わった後に一番遅く開花するので、アザミウマ類に侵されると考えています
 アザミウマ類は温かくなってから発生するので、今頃開花する「雪月花」がカモになるみたいです




            

 性懲りもなく前回UPしたキクザキイチゲ、上の1個の花だけが綺麗な八重になってくれました
 今回の春の嵐で終わってしまうかもと見ていたら、足元に実生苗が出ているのに気付きました
 幅は2㎝も無い小ささで知らずに踏みつけてしまいそうなので、可哀想ですから近々移植してやります
 よく見ると花が散った後に種が付いていて、それが落ちて翌年生えてくるようです

            



 実生苗のついでに、八重紅枝垂れ桜の下の「福寿草」に実生苗が初めて生えてきました
 ハッキリと福寿草の苗と確認できるのが4本、あちこちとバラバラに生えています
 ギザギザの葉が福寿草で、2枚葉が写っていますが・・・さて何でしょうか
 今年の種も大きく膨らんでいますから、期待できそうです

         
             これは八重紅枝垂れ桜の実生苗、今更育てる訳にはいかず処分します       
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キクザキイチゲの奇花 | トップ | 里のシラネアオイ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。