気まぐれMOCO

蘭や山野草を主にした、趣味の日記

富貴蘭 (真月)

2017年09月16日 | 富貴蘭(虎班・その他)
 昨日届いたばかりの、「真月」です
 根元付近は赤く、付け付近は黄色となるのが面白いところ
 色が変わっているだけと言えば、それまでだけど
 他には無い、可愛らしさが魅力かと思います

 3~4前から欲しくて、ネット販売やオークションで探しても値段が高くて・・・止め
 仔吹きが良いそうなので、値が落ち着くのを待っていました
 そろそろと思い、今年8月にオークションで挑戦するも値が跳ね上がって失敗
 今回は思いよりも安く、1枚以下で落札に成功しました・・・ヨッシャ


          

 
 元気な長い根が3本、小木ながら微小な当たりが1個付いているようですが・・・
 陽に当てると色良くなるそうです、来春から色々とやってみたいと考えております

 ところで、大型台風18号が明日明後日にかけて通り過ぎるようです
 一応の対応はしたつもりですが、どうなるのか気になるところです 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

富貴蘭(瑞雲の花)

2010年07月05日 | 富貴蘭(虎班・その他)
今年の瑞雲の花茎は、1本だけしか上がらず
花数も3個だけです
相変わらず、花を付けるのが下手なままです 

開いてしまうと同時に、段々と薄いクリーム色になってしまう運命
写真では、分かりにくいのですが
今年は、黄色が例年よりもかなり濃く咲いてくれました 
陽の摂り方は、いつもの通りだったし
違ったのは、いつもより肥料を強めにした事ぐらいです
おかげで、天葉は黄色で無く緑に上がっています 

アチラを立てれば、コチラが立たず
なかなか上手くいきません 


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

富貴蘭(瑞雲)

2010年02月08日 | 富貴蘭(虎班・その他)



黄色と言うよりは、クリーム色の花が咲く瑞雲です
出芽は黄色の幽霊に出て、後暗みとなる二芸品

日を強くとると、黄色の幽霊が色濃くなり、暗むのが遅くなるようです
H13ぐらいに、東京の○と△□▽の世界のネットショプで買ったのですが
花を見たのは3回だけで、花付が悪い個体のようです
近年特に仔吹きが良くなってきたようで、実生だと思います
このまま割らないで、見ごたえがある大株に育てる予定です

ところで、富貴蘭を育てていると期待を裏切られてばかりです
花が見たいと思うと、仔芽が・・・
新仔が欲しいと思うと、花芽が・・・
“そんなもんだ”と、あきらめが肝心なようです
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

富貴蘭(金孔雀)

2010年01月21日 | 富貴蘭(虎班・その他)
H20に落札した金孔雀です
その時から、2株の寄せ植えになってます
愛らしい豆葉で、斑入りの二芸品である
葉幅広く葉肉も厚い、出芽は無地ですが、古葉になるほど表面が黄金色に染まるけれども
その班は葉裏まで抜けることなく、乗り班と呼ばれます
しかし、仔吹きが良いので安価な入門品です



5年前に班色と整然とした姿が気に入って、魚津市の園芸店で衝動買いしました
金孔雀の性質を知らないままに、直射日光に当てて、さらに班色を良くしようとした為に
一時的には綺麗な黄金色に染まりましたが、葉が干からびて・・パラパラと葉を落して・・・
翌年には衰弱して枯れてしまいました
原因は(・・?なぜ(?_?)・・・思い当たりませんでした

金孔雀は性質上、班を出し過ぎるとそうなる事を
ある月間雑誌で、後になって知りました
入門品ですが、意外と栽培には気を使う必要がある
重要なのは、日射しを調整しながら、イマイチな班色で我慢する事のようです
気勢が付き始めると、どんどん仔吹きが良くなるそうですが
この株は一作しただけで、どうなるか分かりません
ガッチリした大株に仕立てたいものです・・・・・


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

富貴蘭(花衣)

2010年01月08日 | 富貴蘭(虎班・その他)
冬の寒さが、これから本番になろうとしていて
殆んどの富貴蘭の葉が閉じ気味で、葉の艶が薄れてきたようです
温度を6~9℃ 湿度を70%以上に保って休眠させ
完全な乾燥を避けて、月に一度位にたっぷり水やりを行っていますが
西出都系など、どうしてもシワを引いてしまうものがあります
それでも、元気なものもあるので
冬の間は、ブログのタネ不足解消の為に、元気な富貴蘭を載せることにしました

富貴蘭を始めた頃に、近くの園芸店で買った花衣です
買った時には、天葉が飛んで仔芽が2個出ていて、みすぼらしい姿でした
本性品か実生品か不明ですが、小型で仔吹きがとても良い
直刀葉で数枚が露受け葉となっていて、根は綺麗な赤根です、今まで一度も花を付けていません
今は沈んでそれ程ではないですが、黄虎の発色が良くてオレンジ色に近くなります
強健で良く増える為に、二束三文となっていますが
花衣の名に恥じない、一品だと思います

 (花衣)




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

富貴蘭(牡丹錦)

2009年08月28日 | 富貴蘭(虎班・その他)
近頃は、午後7時前になると、もう外は真暗になつてしまうので
“なにしてるの、ご飯ですよ”と、呼び込まれる前に家に入ってしまう
それでも日中の日射しは、まだまだ強烈で
ぼろい蘭小屋の寒冷紗は、そのままです
気温を見ながら、いつ外そうかと、タイミングを計っています

 (牡丹錦)



H18に静岡のS専門店より落札した、牡丹錦です
まだまだ芸の甘い品だと、説明書きがありましたので
名前だけ位の、最下位の牡丹錦だと思って
作の勉強の為にと、落札したものです
新仔に良い白縞を期待してましたが、親と同じ感じです

我家に来て3年、そろそろ、こちらの環境に馴染んできて
元気良く成長してくれないかと、期待したものの
新根が一本も、出てくれませんでした
それどころか、近頃の残暑のせいか、バテ気味・・・・
問題の水引き班が、乾いてシワクチャに・・・ヤダヤダ
あせりながら3日程、夕方に霧吹で水のスプレー掛けをしてみました
それが効したのか、葉の張りが少々良くなってきました・・ホッと

北陸は日本海に低気圧がやって来て、フェーン現象になると
急激に気温が上がり、乾燥した風がふく
それに、温度センサーで扇風機が回ってしまうのも問題のようです

時間的には日中は問題がないが、夜が問題のようです
風蘭は、サボテンなど多肉植物と同じ、CAM植物だそうです
日中は、太陽の光を受けて光合成だけ行って息を止めている
夜になるとCO₂と水分を摂取する為に、気孔を開いて呼吸をするそうです

その為に、水は夕暮れ前に与えた方が良いそうです
朝にやっても、夜まで水分を吸収してくれません
過酷な環境で生き抜く為に、適応したのでしょうか
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

富貴蘭(金牡丹)

2009年08月27日 | 富貴蘭(虎班・その他)
またまた体調不良です
目の前に虫が・・・と思って、払いのけても払いのけても・・・・
空を見上げてみると、右目の視界に砂粒みたいな粒々が漂い
さらに黒い糸屑みたいな大きなもの、行ったり来たり・・・

昨日、済生会富山病院でレーザー光線による治療を受けました
治療はそれだけで、目薬も飲み薬も無しでした
先生に、生活習慣での主な原因は何ですかと質問したところ
“加齢です”の一言・・・・・・・ガクッ
病名は飛蚊症でした
当分は、目の前の浮遊物とお付き合いする事になりました

 (金牡丹)



H16に、○△○△星さんから落札した金牡丹です
新仔が、翌年出てきたまでは良かったけれど
我家に来てから竹根になってしまって、なかなか成長してくれません
腕の悪さを露呈しているのが、この金牡丹と牡丹錦です
色々と育ててみると、棚に合わずに
どうしても上手くいかない物が、出て来るものだと言うけれど
金牡丹系は、私には手ごわい相手である
まだ、枯れてないだけで、いつ枯れてしまうかと・・・・

まずは、竹根(竹の節の様にデコボコしてる根)を
いかにスッキリした根に出来るか!
富貴蘭栽培の基本は、根にあると思ってすから
これを解決出来なければ、前に進まないと思ってます

次に問題なのが、葉にできる水引き班と言って、水分が抜けて白く乾いてしまう現象があり
覆輪の様に見えたりもしますが、白く薄くなった部分が
乾燥した風にあたると千焦れてしまいます
徐々に葉全体が、水分が抜けて乾燥して千焦れてしまい
変色して汚れた色になり、見栄えが悪くなってしまうのです

他の人のブロクを参考にしたりしてますが
なかなか思う様には、育ってくれません
いつになったらと思う日々が、マダマダ続きそうです
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

富貴蘭(日月光)

2009年06月06日 | 富貴蘭(虎班・その他)
 (日月光)



今日小屋をのぞいて見た時、1番に目に入ったのが
この日月光、未登録品ながら、天葉が伸びる時の雪白班の綺麗さと迫力は
豊明殿よりも、見ごたえがあります 

これも実生品が多く出回っていますが 
出回る相当以前に落札したもので、本性品のはずです
下葉が落ちるまでも、白虎班が残っています
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

富貴蘭(雪山)

2009年06月03日 | 富貴蘭(虎班・その他)
 (雪山)



江戸時代からの、かなり古い品種とか
紺性の良い細葉に、切れの良い白虎班、コントラスト抜群で
子吹き良く強健な為、入門種ですが、私の好きなタイプです 

今年の植替えの時に、3つに外れた為に、寄せ植えにしました
近くの園芸店で買った時は、親木の天葉が飛んで子が3本出ていたので
それから随分進歩したものです 

店主言わく、“特別に、白虎班が綺麗に多く出る系統だ”と
確かに、小屋の隅でホッタラカシにしていても  
班が良く出てくれます
下手な私でさえ、良く出来るので、入門種の訳ですヨ 


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

富貴蘭(憧)

2009年06月03日 | 富貴蘭(虎班・その他)
  (憧)




二代目の“憧”(本性品)である
初代は、買ってから天葉(1番上の葉)が、いつまでも伸びないで
何だか変・・?と思っていたら、なんとスッポヌケてきました
写真では、そこまで確認出来ませんでした
・・・クソ!! やられました 後の祭りです
そんな訳で再挑戦した、憧です

日を多く取ると、虎班の黄色が良く出るとのことで
去年試みましたが、全体的黄色くはなりました
しかし、薄っすらと入る覆輪が見えなくなってしまいました
冬の休眠の間に、元に戻ってくれてホツとしましたが
日を取る時期が、間違っていたのかもしれません
二三株増えてから、最挑戦しようと思いますが
サア~何時の事になるか、分かりません



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加