もちゃもちゃ堂気紛れ本舗

©Mocha Mocha Do Whimsical Company.

漫画話。五十嵐大介”ディザインズ 1・2”&"ウムヴェルト"。

2017-05-12 | 蔵書増書:漫画話。本の話。
私の大好きな作家、”五十嵐大介”

てか久々に、ガッツリとした書店に行ってみました。
やっぱし駅前とかの、さらっとした書店じゃ、儘成ってなかったってコトですね(爆&汗&笑)。
てか、そんな、さらっとした書店すら、滅多に行ってなかったんですから...(汗&笑)。

で、そんな、ガッツリとした書店に、”五十嵐大介”の本が色々と出てましたっ(嬉&笑)!!!??

”ディザインズ 1・2”と"ウムヴェルト"。


相変わらずな”五十嵐大介”の画力に圧倒されます。
めっちゃ密度が濃い上に湿度も高いから、読む度、溺れそうに成ります(爆&汗&笑)。
でも、その息苦しさが心地イイ♪

”ディザインズ"は、遺伝子操作で設計された、人型の獣(HA=ヒューマナイズド・アニマル)の話。
宇宙開発の為に、宇宙に送り出す生命体を研究する中で産まれたHAですが、研究に莫大な予算が掛かるので、取り敢えず小金稼ぎで、圧倒的な殺戮能力を誇るHAを軍事利用してるって世界観。
な中、主役(?)の"蛙娘"が、めっちゃ綺麗(悦&笑)。
しなやかな体躯に蛙の脚が、不思議とバランス良くて美し過ぎます♡
てか彼女、"蛙"、"クーベルチュール"、"ペグ"、"君"、"お嬢様"、"妹"と、色々な呼ばれ方をしてるんですが、ぶっちゃけ特定の名前、無いですよね(爆&笑)???
他のHAは全員、名前が有るのに、なんで彼女だけ???
って、その辺も追い追い解ってくるのかしら(笑)???

てか他のHAと言えば、"蛙娘"の相棒だった豹娘の"アン"、私、めっちゃ好きだったのに、あんなコトに成っちゃうなんて...(涙)。
1巻の表紙にも登場してたのに...。
同じ豹娘の"ベイブ"も"壊れちゃった"感じだし、もう出ないのかな〜、豹娘。
かっこイイのになぁ...。

そして私が嫌いな(爆&笑)、イルカのHAの5人組。
全員、他のHAを"下等動物"と見下してるんですが、知能がどうしたとか感情がこうしたで動物に優劣付けてる人間を皮肉ってる感じで面白いです(爆&笑)。
でも、そんなイルカHAにも欠陥(?)が見えて来てて、そんな中での3巻に続く!!、とか、勘弁してください、楽しみ過ぎるでしょ(爆&汗&笑)。
って、1巻と2巻の発刊の間隔、1年開いてるんですよね〜(爆&笑)。
で、2巻が出たのが今年の3月...。
ってコトは、少なくとも来年まで、1年は待たなきゃってコトですか??、3巻を(爆&汗&笑)???
も〜っ(汗&笑)。
でも楽しみ♪

でHAの話に戻りますが、色んなHAの中に"スケーリーフット"が居て、めちゃめちゃテンション上がっちゃいました♪
"スケーリーフット"、深海に住む巻き貝の一種なんですが、発見された当時は、その身体の特異な構造に、超ときめいたモンです(爆&汗&笑)。
だって、体表の鱗が"硫化鉄"で出来てるんですよっ(驚&笑)!!!??
金属と一体化した生物とか、どんだけファンタジーなんでしょう(悦&笑)。
と、虜に成った"スケーリーフット"がHA化してて、めっちゃ嬉しかったです♪

で次は"ウムヴェルト"。
”五十嵐大介”の短編集なんですが、その中の一編、本のタイトルにも成ってる"ウムヴェルト"は、”ディザインズ"の源流と成った作品です。
この話を元に、うんとこさ世界観を広げたのが”ディザインズ"って感じ???
そう考えると、よくぞ描いてくれました♪って感じですね(笑)。

で、その他の作品群も、生命力に溢れた素敵作品ばっかしで、面白かった(悦&笑)。
中でも"鰐"、それと"マサヨシとバアちゃん"が好きかなぁ〜???

てか”五十嵐大介”が描く自然や動物...ていうか"生命"??、は、他の作品でもそうですが、真似の出来ない圧倒的な世界観で、それが再び私の前に広がって、しかも、この先まだまだ楽しめるなんて...。

幸せです♪
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 漫画話。"世界で一番俺が○○"2。 | トップ | う〜ゎ、"軽自動車税"のコト... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。