経営技法を究める ; システムとデザイン

経営技法に関する雑感
エンジニアリングとマネジメントの融合
システムズ・データの創成

複雑な問題に挑む方法論

2017-05-26 07:37:36 | 雑感
複雑な問題だけど,様々な人と組織が織り込まれて社会そのものが常に抱える宿命,そんなように感じているの.で,常に問題解決の方法論を創ることが対処の基盤で,諦めることはできない,というのが学問の根底かと.

こういったことが,社会科学を真摯に探究し続けるためのプリンシプル,そんな捉え方をしている,という次第.あくまでも個人的なことだけど.

で,特に,経済・経営系を学ぶのって,要は社会で起こる複雑な問題の解決を目指す,ということであって,格調が高く崇高,ということかと.

だけど,問題解決の方法論を創るのって,これ自体が厄介で・・・.数学などの自然科学を使う,ということもするけど,対峙として完全でない,というのが否定できないことが余りに多くて・・・.

数学や物理学などの自然科学そのものと社会科学だけど,これらってプリンシプルって違う,ということをきっちり理解するのって大切でしょうよ.このアタリが混乱してしまうと,上手く行かないことが少なくない,ということでもあるの.例えば,管理科学や経営システム科学など・・・.

頑張りましょう.



ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5月25日(木)のつぶやき | トップ | 5月26日(金)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

雑感」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。