経営技法を究める ; システムとデザイン

経営技法に関する雑感
エンジニアリングとマネジメントの融合
システムズ・データの創成

データサイエンスの能力養成

2017-07-01 02:33:21 | 雑感
データサイエンスだけど,コレの鍛錬って何しろコツコツとアレコレお勉強する,というのがイイでしょうよ.要は,広くて深い,という厄介な分野,ということ.で,個人的には,ビジネス・アナリティクスを基盤にする,という術を使っているの.持ちネタを大切にするのって,まあ,破綻しないようにする,ということかと.研究では,さらに絞っているけど.

データサイエンスをやっておられる方々って,様々なバックグランドと極めて高い頭脳を持っている,という捉え方って言い過ぎではないでしょ.潰れないためにも術って大切なの.だけど,視野を狭くするのとは違う,という気がしていて・・・.

自分の分野を創る,要はそんなことでしょうよ.何かの分野でデータサイエンスをベースに創成を続ける,という姿勢って若い頃に修業したところの学風?でもあるかと.

頑張りましょう.






ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« モデリングの大切さ,それと... | トップ | 6月30日(金)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

雑感」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。