経営技法を究める ; システムとデザイン

経営技法に関する雑感
エンジニアリングとマネジメントの融合
システムズ・データの創成

稚拙さからの脱却

2016-10-17 22:09:18 | 雑感
経済・経営系のお勉強だけど,常に実践をベースにする,そんなことが良いかと.だけど,しっかり理論の成り立ちを意識して,かつその理論の創成も含めて実践への適用を探究し続ける,そんな姿勢って必要って思っているの.

で,特に,余りに稚拙,という状態からしっかり抜け出す,そんなことって大切って感じているの.要は,ベースとなるべき理論が見えない,そんなことを感じたら,やり方を変える,そんなことって必要かと.

どうしても,金融経済学の理論そのもをアレコレ弄りたい,そんな気分なの.もう少し統計物理学の考えた方を入れた方が良いように思えて・・・.もちろん,使う数学も・・・.計量経済学も含めて,先端の数理科学の方法を取り入れる,というやり口も大切かと.要は,金融工学の方法論をもっと深く探究したい,ということなんだけど.


頑張りましょう.








ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ビジネスに基づく自分の編み... | トップ | お仕事 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。