ある40代女性の生活

40代女性の生活の一例です。
よろしければ
ご感想をお聞かせください。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

勝間和代『ビジネス頭を作る7つのフレームワーク力』

2008年06月18日 07時00分17秒 | Weblog
勝間和代『ビジネス頭を作る7つのフレームワーク力』(ディスカヴァー)を、買い、サイン会場でサインしていただきました。

若いビジネスマンを対象に、仕事に必要な7つの力とフレームワークを分かりやすく解説した本です。

第1章 「ビジネス思考力」を定義する
第2章 ビジネス思考の基礎となる7+1の力
第3章 一つめの力 論理思考力
第4章 二つめの力 水平思考力
第5章 三つめの力 視覚化力
第6章 四つめの力 数字力
第7章 五つめの力 言語力
第8章 六つめの力 知的体力
第9章 七つめの力 偶然力   という構成です。

第1章 「ビジネス思考力」を定義する

知識→理解→応用→分析→統合→評価 の流れを
何回も何回も繰り返す  ことが大切と書かれています。

第2章 ビジネス思考の基礎となる7+1の力

第3章以下で説明される7つの力とフレームワークのことです。

第3章 一つめの力 論理思考力

MECEという、「漏れなく、ダブりなく」の概念の説明と取得方法の解説があります。

第4章 二つめの力 水平思考力

論理思考力のようにステップを踏まずに、問題に対する新しい考え方を探す思考法です。

第5章 三つめの力 視覚化力

視覚を使うと、大量の情報を相手に伝えることができるので、何かを説明したり企画書には図表やグラフ、イラスト、写真を入れたりと効果的です。

第6章 四つめの力 数字力

視覚が大きな情報とすると、数字は情報を絞りに絞った最もシンプルなもので、誰が見てもずれが生じないので説得力があります。

「お金」はその最たるもので、多様なものを1つの方法で表現しています。

数字にはごまかしに使われるという面もあるので、そこを知っておく必要もあります。統計に親しんでおくと、差がつきます。

第7章 五つめの力 言語力

言語力を高める方法を解説してあります。
ブログもその1つです。

第8章 六つめの力 知的体力

身体と頭は密接に関連しています。身体感覚を鍛えることは大切です。
5感をフルに使いましょう。

いいと思えることを知ったら、とりあえずやってみましょう、取り入れてみましょう。

たくさんアイデアが浮かぶ人は、にこにこ笑い、おいしいものを食べ、運動もしっかりして、自分の人生を楽しんでいます。

「ブレイングジム」体操は、脳を活性化するのにお薦めの方法です。

第9章 七つめの力 偶然力 

「セレンディピティ(Serendipity)」のことです。

偶然に起こることを、良い方向に最大限に利用しようということです。

ゴールデンウィークに左手を痛められた体験が例に挙げられています。
(その日のブログも読んでいたので、そういう状況だったのかと理解しました)

勝間さんが本を書かれるようになった偶然にも言及されています。
多くの偶然の出会いで、ベストセラーになる本を書くようになったそうです。

---------------------------

この本を読んで、「第9章 七つめの力 偶然力」に最も関心を持ちました。
これは、他ではあまり聞いたことがない項目です。

日本の著名な方(作家、社長、画家、スポーツ選手等)が、「不思議なご縁で」と表現している、出会いでその後の発展があるという要素です。

私も個人的に、欧米のビジネス書の、目標を作ったら、それに向けて5年、1年と小目標に落とし込んで達成していくというやり方以外に、こういう要素はあるのではないかと考え、ブログにも書いてきたので、たいへん納得がいきました。

サインにも「Serendipity」と書いてくださいました。



『本』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 勝間和代さんサイン会(渋谷... | トップ | 羽生善治さん「永世名人」:... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
【本】勝間和代のビジネス頭を創る7つのフレームワーク力―早く行動にうつしたら? (企業法務マンサバイバル)
ビジネスの定番フレームワークを勝間さん流に解説する本かと思ったら、全然違いました。 ビジネス思考力を高めるための、勝間さん流思考フレームワークとその訓練方法の指南書でした。 勝間本が好きですべて読み込んでいる方には、書いてあることの80%ぐらいは...