ある40代女性の生活

40代女性の生活の一例です。
よろしければ
ご感想をお聞かせください。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

本田武史さん: フィギュアスケート メダル選手指導+現役プロ

2010年06月29日 09時40分46秒 | 新聞
昨日の朝日新聞夕刊に、「仕事中 おじゃまします フィギュアスケートコーチ 本田武史さん」という記事がありました。

各界の方の仕事の現場にうかがい、舞台裏も教えてもらうコーナーです。

バンクーバオリンピックで、高橋大輔選手を指導した本田武史さんは、ご自分もオリンピック選手の経験者で現役のプロなので、実際にすべって見せて教えられるのだそうです。

本田武史さんは、1981年に、福島県で生まれました。

9歳でフィギュアスケートを始め、1996年の全日本選手権では、史上最年少14歳で優勝します。

1998年から、生活の拠点を、カナダのトロントに移します。

2002年のソルトレークオリンピックでは、4位入賞。
2002年と2003年の世界選手権では、銅メダルを獲得します。

2005年に引退、カナダで活動していました。

2006年に、高橋大輔選手を育てた長光歌子コーチに誘われ、日本へ。

「最初は、日本語がうまく出てきませんでした。頭の中で翻訳して話していました。
でも、感覚でジャンプするスタイルの自分にとっては、日本語で教えるほうが楽です。
ビュンとか、ギュンとか擬音がありますから」

バンクーバオリンピックでは、出場した日本男子フィギュア選手が3人とも入賞しました。

「5種類の4回転ジャンプを自分の体で経験しているのは誇りですね。
高橋選手のメダルはうらやましかったですよ、今のフィギュアブームもね」

今も、プロのフィギュアスケーターとして現役ですべりながら、フィギュア選手のコーチも行います。

関西大学での指導でも、うまく跳ぶ手本を示し、同時に、ダメな滑りもまねしてすべって見せて指導します。

「筋力は落ちていませんからね」

高さのある3回転ジャンプは健在です。
子どもの相手をしつつ、腕立て伏せ、スクワットを欠かしません。

当分は、2足のわらじを履き続けることになりそうだということです。
-------------------

プロとして活動しながら、コーチとして指導することもできるのですね。

指導した高橋選手を「大輔のメダルはうらやましい」と言われるところに、現役スケーターの気持ちが表れていると感じました。


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ
ジャンル:
文化
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 消費税: 北欧はいつ上げたの... | トップ | W杯: 日本0-パラグアイ0... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
フィギュアスケートが好き (雪のハッピーライフ☆)
今年のシーズンは、どんな展開になるのか想像するだけでもわくわくです。