ルーツな日記

フジロックが終わり、サマソニ ブログと化しておりますが、
よろしくお願いいたします。

渋谷タワレコ

2015-11-28 19:11:15 | フェス、イベント
ブルーノート東京にてチコ&ザ・ジプシーズを堪能した後、タワレコに移動。この後、Reiのインストアライヴがあるらしい。でも今日は妻との約束があるので残念無念。また次の機会に!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

@ブルーノート東京

2015-11-28 16:01:37 | ワールド・ミュージック
今日はブルーノートでチコ&ザ・ジプシーズ。一度生で見てみたかったグループ。情熱的な歌とギター、楽しみです!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

RECORD DIARY 2016

2015-11-25 23:12:43 | 余話
2016年のダイアリー買いました!もちろんレコスケくん。私は毎年これです。2015年版は少々あっさり味でしたが、今回はページごとに「レコスケくんのだじゃれレコード ・クイズ」が付いてて、これが面白い!クイズはいくらロック好きでも全部を即答するのはなかなか難しいと思いますが、クイズの答が分かると同時に訪れるダジャレの可笑しさ、そしてレコスケくんの可愛らしさ。まさに本秀康さんワールド炸裂です。やっぱりレコスケくんは和みますね~。

個人的に塀シリーズがツボでした。


2016年は、毎日が楽しくなりそうです!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

PEANUTS × TOWER RECORDS

2015-11-24 08:44:49 | 余話
昨日、タワレコで買ったスヌーピーとのコラボグッズ。来年のカレンダーと、缶バッジ、CDケース、そして先日の「レコードの日」に発売された、アナログ盤が入るトートバッグ。タワレコらしく、ヘッドフォンやレコード、CDなどをモチーフにしたデザインが可愛い!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Rei @渋谷タワレコ

2015-11-23 16:52:31 | インストアイベント
渋谷タワレコにて、Reiのインストア・ライヴ。新作「UNO」からの新曲も含め5曲ほど。ブルージーで疾走感のあるギターが凄く良かった! 特にデビュー作「BLU」収録の「My Mama」での流麗なファンガーピッキングは見事でしたね。格好良かった!!


このReiという女の子、YouTubeで検索すると、ロバート・ジョンソン、ジョン・リー・フッカー、ジェイムス・コットン、ジョニー・ウィンター等を一人で弾き歌う映像がザクザク出てきて、さらにその演奏力の高さにびっくりします。しかもそんな古いブルースなどへの真剣なリスペクトを強く感じさせる一方で、とても現代的と言いますか、若者ならではの自由度も濃厚。幅広い音楽性の中でとてもギターを格好良く聞かせてくれて、シンガーソングライター的な歌心も見せてくれます。

もちろん可愛らしいキャラも魅力的!!

今後の活躍が本当に楽しみです!!




↓新作からは多分この「Jump」という曲をやってましたね。こんな曲をギター1本弾き語りでやっちゃうんですから、驚きますよね。結構複雑なギターフレーズ弾きながら高速ラップを決めてました。
https://www.youtube.com/watch?v=0LPxWYF4h7Q
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

タワレコカフェ

2015-11-23 15:03:04 | 余話
こんな時に憧れのDJ席!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

TOWER RECORDS CAFE

2015-11-23 14:22:54 | 余話
タワレコに来た目的は、Reiのインストアライヴなんですが、それにかこつけて、只今スヌーピーとコラボしているタワレコ・カフェに行ってみたい!みたいな。こう見えて私、スヌーピーに目がないんです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

渋谷タワレコ

2015-11-23 14:11:58 | 余話
渋谷タワーレコードに来ています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

MY BEST ALLEN TOUSSAINT'S SESSION

2015-11-22 10:41:07 | ニューオーリンズ
ELVIS COSTELLO & ALLEN TOUSSAINT / THE RIVER IN REVERS
「私の好きなアラン・トゥーサン」企画、第4弾。トゥーサンのセッション及びゲスト参加曲特集です。今回はニューオーリンズ物以外に焦点を当ててみました。どうぞ!!








VA / RHYTHM COUNTRY AND BLUES
ドン・ウォズのプロデュースにより、R&Bとカントリーを融合させた、94年の名作アルバム。ヴィンス・ギルとグラディス・ナイトのデュエットによる「Ain't Nothing Like The Real Thing」に始まり、アル・グリーン&ライル・ラヴェット、サム・ムーア&コンウェイ・トィッティ、ナタリー・コール&リーヴァ・マッキンタイア、アーロン・ネヴィル&トリーシャ・イヤウッド、そしてジョージ・ジョーンズ&BBキングなどなど、大物勢揃いの極上アルバム。その中でアラン・トゥーサンは、かのチェット・アトキンスと「Southern Night」を披露。これがまらいい塩梅なんですよ!
https://www.youtube.com/watch?v=9ymiIJsoKO0



CYNDI LAUPER / MEMPHIS BLUES
シンディー・ローパーが、ハイやスタックスで活躍してきた腕利き達と共にメンフィスで録音したブルース・アルバム。2010年作。豪華ゲストの参加もあって大変話題になったアルバムですね。アラン・トゥーサンは3曲に参加。ローウェル・フルソンやメンフィス・スリムを弾くトゥーサンも良いですが、注目はルイ・ジョーダンの「Early In The Mornin'」。この曲にはトゥーサンだけではなく、やはり今年亡くなられた大御所B.B.キングもゲスト参加しているんです。って言いますか、トゥーサンはシンディとBBの共演に華を添える感じではありますが、なんだかトゥーサンとBBの共演に胸が熱くなります。そしてシンディはトゥーサンを伴いLettermanでこの曲を披露しているんです。残念ながらそこにBBは居ませんが、それ故にトゥーサンがフィーチャーされていて、なかなか面白いセッションになっています。シンディの暴れっぷりも見事!
https://www.youtube.com/watch?v=7WEcBngVfiE



OZ NOY / TWISTED BLUES VOLUME 1
イスラエル出身の鬼才ギタリスト、OZ-NOYによる彼流ブルース・アルバム。2011年の作品。ジョン・メデスキ、ウィル・リー、ヴィニー・カリウタ、リーズ・ワイナンスなど猛者達が参加する中、アラン・トゥーサンは「Oh Really?」でピアノを弾いています。ニューオーリンズ・ファンクをプログレッシヴに料理したような曲ですが、トゥーサンのピアノソロもなかなか痛快!そしてこのアルバムのリリース・ライヴの模様がいくつかYouTubeに上がっているんですが、トゥーサンをゲストに招いたそのステージがまたスリリング!!下の動画はそんな中から「Cissy Strut」のライヴ。(案外、トゥーサンがこの曲を弾いてること自体珍しいかも?)
https://www.youtube.com/watch?v=Z7vpWpbBFBw



JOHN FOGERTY / WROTE A SONG FOR EVERYONE
CCRのジョン・フォガティが、フー・ファイターズ、キース・アーバン、ミランダ・ランバート、ザック・ブラウン・バンド、マイ・モーニング・ジャケット、アラン・ジャクソンなど、多彩なゲストを招いた2013年のソロ・アルバム。トゥーサンはジェニファ・ハドソンと共に「Proud Mary」に参加。アイク&ティナ・ターナーのカヴァーでも知られるあの超有名曲。バックはトゥーサンのバンドにザディコやケイジャンのミュージシャン、さらにリバース・ブラス・バンドも加わったお祭りバンド。悪い訳がありません!
https://www.youtube.com/watch?v=RuY6VcQE8ew



VA / I BELIENE TO MY SOUL
アン・ピープルズ、ビリー・プレストン、メイヴィス・ステイプルス、アーマ・トーマス、そしてアラントゥーサンという絶妙の顔合わせを1枚に纏めた、ジョー・ヘンリーのプロデュースによる06年の名作。トゥーサンは自身の作品を歌うだけでなく、ピアニストとしてバックバンドにも名を連ね、ホーン・アレンジも務めるという、おそらくジョー・ヘンリーにとっても頼れるブレーン的存在だたのでは?と想像せずにはいられません。この後の2人の関わりの深さからも、この作品における実りの多さが伺われますね。そこかしこに響くトゥーサンらしい優しいタッチのピアノの音色が素晴らしい! このアルバム、そして同年にリリースされたトゥーサン&エルヴィス・コステロの共演作「THE RIVER IN REVERSE」という2作のジョー・ヘンリー・プロデュース作が、トゥーサンの長い音楽活動において、新たな扉を開けたこように思えます。



MADELEINE PEYROUX / STANDING ON THE ROOFTOP
マデリン・ペルー、2011年の5作目。プロデュースはクレイグ・ストリート。ジョー・ヘンリーの師匠格に当たる方ですね。トゥーサンはマーク・リボー(g)、ミシェル・ンデゲオチェロ(b)、 チャーリー・ドレイトン(ds)等と共にピアノでクレジットされていますが、全体的にピアノの音はさほど聞こえてきませんし、鍵盤奏者もトゥーサン一人ではありません。ですが唯一ピアノがフィーチャーされている「The Party Oughta Be Comin' Soon」での、エレガントでありながら退廃的な雰囲気を醸すその音色はトゥーサンで間違いないでしょう。ニューオーリンズ的という以上に、トゥーサン独特の音色や空気感を楽曲に生かす手法はジョー・ヘンリーと共通していますね。
https://www.youtube.com/watch?v=mokG2Oz-MUM



ELVIS COSTELLO / SPIKE
そしてジョー・ヘンリーと並んで晩年のトゥーサンを語るには避けて通れないエルヴィス・コステロ。もちろんそれは06年の「THE RIVER IN REVERSE」を差す訳ですが、二人の共演はそれが最初ではありませんでした。84年にリリースされたヨーコ・オノのトリビュート作「EVERY MAN HAS A WOMAN」において、エルヴヴィス・コステロが取り上げた「Walking On Thin Ice」をトゥーサンがプロデュースしたのが2人の邂逅の始まりだったとか。そして本格的な共演と言えばコステロの89年作「SPIKE」収録の「Deep Dark Truthful Mirror 」。このアルバムは一部ニューオーリンズで録音されていまして、ダーティ・ダズン・ブラス・バンドの面々と共にトゥーサンも「Deep Dark Truthful Mirror」でピアノを弾いています。これはホント名曲!!コステロの歌とトゥーサンのピアノの絡みはホント泣けます。枯れたDDBBのブラスがまた良い。
https://www.youtube.com/watch?v=ZqJHh0IEhZg



THE LEVON HELM BAND / THE MIDNIGHT RAMBLE SESSIONS
70年代にトゥーサンがザ・バンドのホーン・アレンジを務めたことはよく知られますが、こちらはそのザ・バンドの中心人物、リヴォン・ヘルムが晩年にウッドストックの自宅スタジオにて繰り広げたライヴ「MIDNIGHT RAMBLE」から選りすぐりの名演を集めた作品。トゥーサンは2007年1月1日録音の「A Certain Girl」でフィーチャーされています。ギターでサポートするのはエルヴィス・コステロ。和気あいあいとした楽しい雰囲気が最高!終盤のピアノソロも素晴らしい! 最後にトゥーサンが「Thank you Levon!」と声をかけると、おそらくレヴォンと思われるしゃがれた声が「Thank you!」と返してくる。なんか泣けますね。残念ながらこちらの音源はYouTubeに上がってませんが、トゥーサンとミッドナイト・ランブル・バンドの共演による「A Certain Girl」を見つけたのでそちらのリンクを貼っておきます。
https://www.youtube.com/watch?v=9zcfmhnG-cg



PAUL McCARTNEY / VENUS AND MARS
さて、70年代、件のザ・バンドのホーン・アレンジをきっかけに、ロック系アーティストがこぞってトゥーサンの元を訪れます。いわゆるトゥーサン詣で。ニューオーリンズのシーセイント・スタジオに訪れた最大の大物がポール・マッカートニーでした。とは言え、ポールはただスタジオを使って「VENUS AND MARS」を録音し、トゥーサンは挨拶程度に「Rock Show」でピアノを弾いただけ、といった印象ではありますけどね。とは言え、ポールがバンドメンバーと共にニューオーリンズにやって来て、シーセイント・スタジオでトゥーサンと交わった、その記録がこの曲な訳で、この1曲しかないからこそ、逆に想像力を刺激されてしまうのです。
https://www.youtube.com/watch?v=qPDHE1xcNFk



VA / GOIN' HOME
2007年にリリースされたファッツ・ドミノのトリビュート作。ここでトゥーサンはファッツの「I Want to Walk You Home」を弾いています。歌うはポール・マッカートニー。ポールにとってファッツは少年時代のアイドルの一人だったでしょうし、おそらくトゥーサンはその当時デイヴ・バーソロミュー楽団の一員としてファッツのバックも務めたりしていたはず。そんな両者がファッツの曲で共演する。なんか良いですね。トゥーサンらしいピアノのイントロから、まるでファッツになりきったようなポールの歌声が聞こえた瞬間、思わずニヤけてしまいます。



VA / ART OF McCARTNEY
最後もポール・マッカートニー関連。こちらは昨年リリースされたポール・マッカートニー・トリビュート・アルバム。ボブ・ディラン、ビリー・ジョエル、ウィーリー・ネルソン、B.B. キング、スモーキー・ロビンソン、さらにはジェミー・カラム、コリーヌ・ベイリー・レイ、アウル・シティなどなど、超豪華アーティストが参加しています。ここでアラン・トゥーサンは「Lady Madonna」を披露。これが良いんですよ!ブライアン・レイ(b)、エイブ・ラボリエル・Jr.(ds)、ラスティ・アンダーソン(g)などポールのバンド・メンバーをバックにピアノを弾き歌うトゥーサン。元々、この曲はファッツ・ドミノをイメージして作られたと言われ、ファッツのカヴァーも存在していたり。そんなトゥーサンにはもってこいの曲であり、ファッツ~ポール~トゥーサンのトライアングルはここでも鉄板!
https://www.youtube.com/watch?v=kC93Q0T8TvY






いかがでしたか?アラン・トゥーサンのピアノは、そのタッチやフレージングですぐに、あ!トゥーサンだ!と分かってしまうような、”トゥーサンの音”を持っていますよね。その音色が本当に素晴らしい!!しかもこのようなセッションでは、そんな魅力を存分に発揮しつつ、それぞれの楽曲に溶け込むような演奏をしている。それがまた味わい深い!まるでトゥーサンのピアノが入るだけで、何か魔法にかかったような、そんな印象さえ与えてくれます。


よかったらこちらもご一緒に!!

 15.11.14 MY BEST ALLEN TOUSSAINT'S WORK
 15.11.12 MY BEST ALLEN TOUSSAINT'S SONG 70年代編
 15.11.12 MY BEST ALLEN TOUSSAINT'S SONG 60年代編
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

レコード・コレクターズ 12 月号

2015-11-16 20:51:15 | ルーツ・ロック
レコード・コレクターズの最新号、買いました!特集は「映像で見るビートルズの衝撃」。いやほんと、あの映像集は何度見ても飽きませんね。たかがプロモビデオと侮る無かれ、動くビートルズの魅力は半端ありません!まさに衝撃!そしてこのレコード・コレクターズを読むと、また新たな発見が色々とありそうで楽しみです。それにしても表紙の写真、良いのがありましたね。ジョージの視線がちょっと怖いですが…。


第2特集の「ヴァン・モリソン イースト・コースト3部作」もグッドです!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加