ルーツな日記

年が明けて心機一転、頑張ります!!
ルーツっぽい音楽をルーズに綴る。
よろしくお願いいたします。

偉大なりJB

2006-12-29 16:53:19 | ソウル、ファンク
JAMES BROWN / SEX MACHINE

ジェイムス・ブラウンがどれほど偉大なアーティストだったか、いまさらながら考えています。彼が後の音楽界に与えた影響力、いったいどれほどのものでしょうか?


彼はファンクを作ったと言われています。今でこそ当たり前のようにソウルやジャズ、ブルース、そしてロックに根付いているファンクは、彼が作ったのです。後にファンクと名のつくものは、全てJBの影響下に有ると言っても良いのです。

さて、このファンクの始まりはJBが64年に録音した「Out Of Site」だといわれています。以降、「I Got You (I Feel Good) 」「Papa's Got A Brand New Bag」「Cold Sweat」「I Can't Stand Myself (When You Touch Me)」「Licking Stick-Licking Stick」「Say It Loud (I'm Black and I'm Proud) 」といった今ではファンク・クラシックと呼ばれる名曲を次々に発表していきました。60年代後半のことです。

ちょうど、デトロイトのモータウン、メンフィスのスタックスが猛威を振るっていた頃です。この時代が、我々黒人音楽ファンにとっていかにエキサイティングな時代だったか。そんな時代にJBが、ファンクという新たな扉を開けたのです。

で、この64年に芽生えたファンクという音楽、もちろんダンス・ミュージックな訳ですが、それまでのジャンプ・ナンバーやノーザン・ビートと違う点は中毒性だと思います。この中毒性を演出したのはクールで隙間だらけの音と繰り返されるホーンリフ。もちろん絶妙のハネとネチッこさを実現するドラムとベース、そしてギターのカッティングがあってこそ。しかもこれらが奇跡的なズレを持って、JB流のファンクが完成されています。

「Cold Sweat」あたりまでの初期ファンク・ナンバーにはまだコード進行がありますが、「I Can't Stand Myself (When You Touch Me)」や「Licking Stick-Licking Stick」あたりからは、ひたすらワンコードを貫くことによりさらに中毒性を増していきます。

この中毒性というものは、人間の根源的に求めて止まない性のようなものですが、こと音楽に限っては、その起源としてアフリカの打楽器を思い出さずにはいられません。そういう意味では、JBのファンクは新しくもあり、黒人のルーツ回帰でもあるのです。そして面白いことに、このJBのファンクは再び先祖帰りし、フェラ・クティのアフロビートにも多大な影響を与えました。

さらにこの中毒性、特に催眠的に繰り替えされるギターのカッティングはマイルス・デイヴィスの電化にも影響を与えたとも言われています。

また、JBの歌唱も変化していきます。それまでの「コード進行にメロディーを乗せる」から「リズムに言葉を乗せる」ようになります。この辺りがラップやヒップホップの祖と言われる所以かもしれません。

そしてこのワンコードによるファンクは大傑作「Get Up (I Feel Like Being A) Sex Machine」で頂点を極めます。「ゲロッパ」で有名なJBの代表曲です。私にはそれまでク-ルな中にも泥臭さが有ったJBファンクが、この曲を境にアーバン化されていく印象が有ります。ある意味機械的にすら感じる同じリズムと同じリフの繰り替えしによる覚醒作用は、後のテクノ系ダンス・ミュージックに多大な影響を与えたことでしょう。

この後ファンクは多種多様な発展と交配を繰り返し、開発者であるJBを追い抜いていくことになります。しかしいつしかJBは黒人音楽のゴット・ファーザーもしくは帝王と呼ばれるようになります。それはヒット曲の数や過去の栄光からではないでしょう。その後のムーヴメントとなった音楽の影にJBの存在が有ったからです。

ヒップホップのネタとして数え切れないほどサンプリングされていることもJBの偉大さを物語っていますね。

*写真は70年発表の、代表曲「Get Up (I Feel Like Being A) Sex Machine」を収録したアルバム「SEX MACHINE」。スタジオ録音と69年のジョージア州でのライブ録音で構成されています。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

嗚呼、JB

2006-12-27 18:58:21 | ソウル、ファンク
ジェイムス・ブラウンについて思いを馳せています。私が始めてJBを知ったのはブルース・ブラザーズの映画だったかもしれません。神父の役で登場したJBがど派手なパフォーマンスを決める場面は、同映画の名シーンでもあります。この映画を初めて見た時、私はまだ黒人音楽に興味を持っていない頃でしたが、JBのシーンはガツ~ン!ときましたね。

その後NHKBSかなにかで彼の特集番組を見て、若いころのパフォーマンスに完璧にノックアウトされました。ひとつは「Please Please Please」でのマントショー。

曲の後半、感極まったように膝から崩れ落ちるJBに、お付の人が派手なマントを被せます。ゆっくりと立ち上がり、ステージを去りかけるJB、そのJBを慰めるように肩をさする付き人。すると突然何かに目覚めたかのようにマントを振り払い、マイクスタンドに駆け寄りシャウトするJB。そしてまた感極まったかのように膝から崩れ落ち、お付の人がマントを…。これを永遠、何度も何度も繰り返すのです。え?まだやるの?また?みたいな感じで。

このパフォーマンスを見て、その濃さと意味不明さに衝撃を受けました。黒人って凄いなと。それともう一つ、何度見ても興奮させられるのが彼の足技。

若きJBがファンキーな曲で見せる独特の足技はホント最高でした。激しくクネクネと小刻みに震わすように、どうしてそんなに速く動くんだー!って感じ。さらにその足技は前後左右に滑るようにJBを移動させるんです。なんでアレで動くんだー!って感じに。かのミック・ジャガーも若いころしきりに似たような足技を披露してました。私はJBの真似だと思っているのですがどうでしょう?


さて、日本には何度も来日しているJBですが、残念ながら私は彼のライブを2回しか見たことがありません。一度は92年の代々木体育館、2度目は98年の赤坂BLITZです。初めて生のJBを体験した代々木も印象的でしたが、何と言ってもBLITZでしょう!

あのJBをライブハウスで見れた幸せは一生忘れないと思います。オールスタンディングの熱気溢れる中、ソウルレヴュー的な展開で進むステージ、目の前で次々にバンドやコーラス隊を指揮していくJB、そして世界遺産レベルのシャウトとアクション! もちろん若い頃に比べれば劣ろえは隠しきれないかもしれません。ですがステージから発散されるエネルギーとオーラは唯一無比のものであり、JBという帝王のみが成し得たブラックミュージックの最も濃厚なエキス。それは猥雑でありながら至高の味わい。本当に神がかったライブでした。そして私はただただ放心するばかり…。

そして何故かこの後度々来日しているJBを全て見逃している私なのです。それはおそらくこの日の興奮が忘れられず、ホールではなくライブハウスで観たいと言う気持ちが強くなってしまったからだと思います。今は後悔しています…。

そう言えば、2000年にロック・フェスであるサマーソニーックにも出演してるんですよね。その時はトリ前に登場し予定時間を遥かに超える熱演だったとか。おかげでトリのジョン・スペンサーの演奏時間ががかなり短くなってしまったり。これもJBらしいエピソードですね。押しとアクの強さも流石は帝王でした。あっぱれです!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ジェイムス・ブラウン死去

2006-12-26 08:15:14 | ソウル、ファンク
ジェイムス・ブラウンが死んでしまいました。享年73歳。寝耳に水の話しに言葉になりません。ヤフーのニュースによりますと、

『アトランタのEmory Crawford Long Hospitalで現地時間の25日月曜日、早朝1時45分ごろに死亡したと、彼の代理人であるFrank Copsidas氏が発表した。24日、肺炎で入院を余儀なくされたJBだが、正確な死因はまだ不明とのこと。』

だそうです。ファンクの創始者であり帝王であったジェイムス・ブラウン。今年の3月に来日したばかりでした。最後の来日公演になるのではと言われていましたが、本当にそうなってしまいましたね。私はその最後の来日公演を見逃しているのでそれが悔やまれてなりません。

クリスマスという日に亡くなったジェイムス・ブラウン。安らかにお眠りください。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

HappyLIVEs#14

2006-12-18 10:19:56 | フェス、イベント
らぞく / JOYSTREEM

12月17日、代々木公園野外ステージにて「HappyLIVEs#14」というイベントを見てまいりました。入場無料ですからね、行っとかないと。

この「HappyLIVEs」は定期的に邦ジャムバンドを集めて代々木公園で開催されているフリーイベント。この日の出演は、らぞく / MAJESTIC CIRCUS / SARDINE HEAD の3バンド。

SARDINE HEADは典型的なジャムバンド。確か全曲インストだったと思います。土っぽさすら感じる朴訥とした演奏を繰り広げていました。正直初めて聞く名前でしたが、これがなかなか良かったです。

MAJESTIC CIRCUSは私的には邦ジャムバンドの草分けというイメージ。ですが何故か私は今まで縁がなく、ライブを見るのは今回が初めてでした。クラブ寄りの黒っぽいグルーヴに心地よく体を揺らしていると、いつしか長尺なジャムへ突入したり、マーヴィン・ゲイのカヴァーが飛び出したり、一度ライブを見ただけでは到底掴みきれない奥の深さを感じました。

そして、らぞくです。久し振りに見るらぞくでしたが、ヴォーカルの人ってこんなにアヴァンギャルドな動きや表情をする人でしたっけ?ちょっと見ないうちに新境地に到達したのか?と思いきや、徐々にいつもの爽やかさを取り戻し、流石のらぞくワールドを展開してくれました。毎度のことですけど「Howsweet」の突き上げるような開放感は最高!あのイントロが鳴り出した瞬間から興奮させられてしまいます。

最後は3バンドによるジャムセッションで終わりましたが、なんかみんな譲り合ってる感じで、もう一つ白熱せずに終わってしまった感じ。なんか日本人らしいなと思ったり。

この「HappyLIVEs」のシリーズ、私はまだ2回しか足を運んでいませんが、かなり頻繁に代々木公園で行われているようなので、07年は何回見に行けるか、楽しみです。

*写真は昨年リリースされた、らぞくの最新作「JOYSTREEM」。荒削りでありながら、前作「HOWSWEET」に比べるとレコーディング・アーティストして一皮剥けた感のある完成度。際立ったヴォーカルの個性、湘南らしいセンスと粋、そして開放感、さらにジャムバンドという一言では語りきれない程ヴァラエティに富んだ曲調と、らぞくの魅力が詰まっています。



~関連過去ブログ~ 過去の「らぞくネタ」です、よろしければ。

 06. 6.19 HappyLIVEs#11 
 06. 5.23 フジ予習:らぞく 
 06. 4.24 アースデイ東京 
 06. 4.17 渚音楽祭 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドリームガールズ

2006-12-13 23:29:19 | R&B、CLUB系
DREAMGIRLS : MUSIC FROM THE MOTION PICTURE

ビヨンセ主演の映画「ドリームガールズ」のサントラ盤です。スプリームスをモデルにしたストーリーで、ビヨンセがダイアナ・ロスに相当する役柄を演じるとあって、映画に疎く、ビヨンセ出演の映画も今まで見に行ったことがない私でも、これはさすがに見たいと思います。

で、この映画のサントラが出ると聞いて楽しみにしていたのですが、共演者のジェイミー・フォックスやエディー・マーフィーの歌も入っていると知り、ちょっぴり不安になっていたのです。どうせならビヨンセを擁するドリームガールズ名義でアルバムを作ってくれたら良かったのに、とか。

実際CDショップへ行き、当CD裏ジャケの曲目リストを見ても、クレジットは曲名だけで誰が歌っているかはさっぱり分からず、不安がさらに募ったものの、とりあえずビヨンセの新しい歌を聴きたい欲求に負け、買ってしまいました。

ところが、前20曲中、全てがソロ曲ではないので一概には言えないものの、ビヨンセが大きくフューチャ-されているのはジェイミー・フォックスとのデュエットを含めて5曲程度。しかも内1曲は「B'DAY」にボーナス収録されていた「Listen」ですから、ちょっとがっかりでした。

それでも本家スプリームスを彷佛とさせる「Dreamgirls」には流石にワクワクさせられました。これ名曲です。

で、他の曲を誰が歌っているかというと、まず驚いたのがエディー・マーフィー。5曲ほど歌っています。もちろん悪くないし、歌が上手いだろう事も知ってはいましたが、でもね~。

そしてジェニファー・ハドソンという女性。6曲ほどでフューチャーされています。この人はビヨンセと同じくドリームガールズのメンバーの一人を演じているわけですが、これがソウルフルで良いのです!もちろんビヨンセの歌唱と比べれば、私は断然ビヨンセに惹かれますが、このジェニファー・ハドソンにもこれから注目したいと思います。

なんでも彼女はあの米人気テレビ番組「アメリカンアイドル」で決勝まで残った逸材だとか。って言うかこの人が優勝できないってどういうことよ?アメリカって凄いな…。

MTVのCINEMA NEWSによると、ビヨンセは歌のシーンも演技であり、いつもの自分を微塵も見せないようささやくように歌ったとか。結果的にジェニファー・ハドソンがパワフルでソウルフル、ビヨンセがキュートでスウィート、って感じになってるのかもしれません。

なのでジェニファーはある意味ビヨンセを凌ぐほど気合と感情の入った歌を聴かせてくれます。正直どっちが主役だか分からなくなりました。

そしてこのサントラで一番の聴き物は、出演者が入り乱れて丁々発止をやりあう「It's All Over」。もちろんビヨンセとジェニファーの絡みが最もスリリングなのですが、この曲も核となるのはジェニファー。これを入れれば彼女が7曲で大フューチャーされていることになります。

ジェニファーが歌うスロー・ナンバー「And I Am Telling You I'm Not Going」も秀逸。この人ただ者ではありません。ますます映画が楽しみになりました。

全米公開が12月25日、日本での公開は2月17日だそうです。現在映画「DREAMGIRLS」のオフィシャル・サイトでは予告編やメイキング映像が見れます。ストーリーや歌だけではなく、髪型とか衣装とか、あの時代の雰囲気が楽しめそうです。これは絶対観に行きたいです。

もちろん映画本編ではもっとビヨンセがフューチャーされていることを祈ります。主役じゃないんですかね?主役ですよね?「Listen」歌うんですかね?

そう言えば、YouTubeで検索すると「Listen」のライブ映像を見ることが出来ます。スタジオ録音とは別アレンジで生歌ならではの盛り上がりがあり、最高です。この曲は良いですね。

ちなみに本アルバムの解説によりますと、このサントラ、さらにヴァージョン・アップされた2枚組のものもリリース予定だとか。それ早く言ってくれよ~!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ビヨンセ来日決定!

2006-12-12 20:46:08 | R&B、CLUB系
BEYONCE / B'DAY

ビヨンセの来日が決定したようです。招聘はウドー音楽事務所で、今のところ発表されているのは以下の3公演。

4月10日(火)東京ドーム
4月11日(水)大阪城ホール
4月14日(土)愛知県体育館

いよいよ東京ドームですか! ついにビヨンセも!って感じですね。武道館よりさらに遠いところから見ることになるかもしれませんが、デカイ会場で思い切りはじけるビヨンセ! 楽しみでなりません。

しかも今のところオフィシャル・ファンクラブのサイトで発表されているツアー日程の初日は4月30日のドイツなので、この来日公演がワールド・ツアーのスタートとなるのかもしれませんね。

でも正直な話、もっと場数を踏んで演奏や演出が成熟してから来て欲しかったとも思います。前回のデスチャの来日も確か日本からツアーを開始したと記憶していますが、その後米公演のDVDが発売され、本場のならではの盛り上がりというだけではなく、ステージ自体のスケールアップに驚かされたものです。

とは言えビヨンセの大ファンである私にとっては超楽しみなことに変わりありませんが。

幸運にも観ることが出来た今年9月の武道館でのバースデー・パーティーのパフォーマンスも最高だったし、オーディションで集められた女性オンリーの新しいバック・バンドも、見栄えも含めてなかなか良かったので期待できます。そしてさらに
バック・ダンサーもオーディション中のようなので、まさに新生ビヨンセ軍団来襲って感じですね。

映画も公開されるし、グラミーには実質5部門にノミネートされたらしいし、ノリにノっているビヨンセ!

なんだかんだ言って、世界中でいち早く彼女の新しいパフォーマンスを見ることが出来ることになれば、日本のファンにとってこの上ない幸せですね。「Listen」歌ってくれるかな?

とりあえず気合入れてチケ取りに望まなくては。


ちなみにグラミー賞でノミネートされたのは以下の5部門です。

Best Female R&B Vocal Performance:Ring The Alarm
Best R&B Song:Deja Vu
Best Contemporary R&B Album:B'DAY
Best Rap/Sung Collaboration:Deja Vu
Best Remixed Recording, Non-Classical:Deja Vu (Freemasons Club Mix - No Rap)



~関連過去ブログ~ お茶のお供にどうぞ。

 06. 9. 5 ビヨンセ at 武道館 2 
 06. 9. 4 ビヨンセ at 武道館 
 06. 9. 3 パルコで生ビヨンセ 
 06. 9. 1 ビヨンセ(「B'DAY」) 
 06. 8.24 当選!(「HAPPY B'DAY PARTY」) 
 06. 8.21 ビヨンセ 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加