ルーツな日記

フジロックが終わり、サマソニ ブログと化しておりますが、
よろしくお願いいたします。

余話:タワーレコード

2006-08-27 01:16:03 | 余話
先日、「米タワーレコードが破たん」というニュースを聞いてびっくりしました。
しかもその理由にインターネットによる音楽配信が挙げられていました。
米ではCDを買わず、ダウンロードで音楽を手に入れる人が増えているとか。
わざわざ買いに出かけるより、家でPCをチャカチャカして買った方が便利と言うことでしょうか?

タワーレコードと言えば、今、私が一番好きなCDショップです。
まあ、それはあくまでも日本のタワーレコードの話ですけどね。
もちろん他のCDショップも利用しますが、ブラック系やルーツ系に関しては、
私はタワーレコードを最も信頼しています。

その一方でネットでの音楽配信はアップルに代表されるそうです。
アップルのIPODの普及こそが、この新しい音楽流通システムを支えているのかもしれません。
実はなんだかんだ言っている私もIPODを使っています。
それもかなりのへヴィー・ユーザーかも。

ですが、ネットからのダウンロードで音楽を買うことには抵抗があります。
興味は有りますがいまだに挑戦したことはありません。
ただCDをパソコンに落とし、IPODに移して聴いているだけです。

なのである意味、米でCDが音楽配信に負けたという事実には大変ショックを受けました。
もちろん、そう単純な話ではないとは思いますが…。
しかし日本でも近い将来、そういう事態が起こるのでしょうか?

ただ、日本人の場合、形の有る物を集めたいという微妙な心理が働いてそうで、
最近紙ジャケ・シリーズがウケているのもその表われだと思いますし、
CD棚にズラ~っと並べることに満足感を感じている人も多いと思います。
もちろん私もその一人なんですけど…。

また、ジャケもライナーも無い、単なる音だけというのは寂しすぎますし、
なにより、CD屋に行って探しまくるのが楽しいんですよね~。

でも、レコードからCDに変わるとき、私は圧倒的にレコード派でした。
A面、B面の世界が好きでしたし、ジャケも大きいほうが迫力がありました。
それに比べてCDは味気なく、しばらくは抵抗してレコードを買い続けていました。
ですが結局CDの便利さと音の良さに、そして時世に負け、今では完全にCD派です…。

それを考えると、いつの日かダウンロードの便利さに自分も負ける日が来るのか?
などと考えたりもします。
それに、例えば、音楽配信を利用することにより、1曲ごとに買うことが可能なら、
ボーナストラック追加、デラックス・エディション、コンプリート盤と題して、
同じ旧音源を何度も買わされることが無くなるのかな?とも思ったり。

でもそういう物こそ、充実したライナーとともにパッケージごと持っておきたい
ものなんですよね~。やっぱ日本人ですね。

ところで、日本では音楽配信って、どれだけ普及してるんでしょうね?ちょっと心配。

ちなみに今回の米タワーレコード破たんですが、日本のタワーレコードには影響がない
とのことなので、そこは一安心です。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

HIBI★Chazz-K

2006-08-25 23:50:16 | フェス、イベント
8月25日、東京国際フォーラムの広場で行われた、「ネオ屋台村スーパーナイト
presents 東京JAZZ Night Session」とやらを見てきました。

有楽町のど真ん中で、ネオ屋台が提供する多国籍な料理を食べながら
お酒を飲んでいる人達が大勢居るという、いかにも夏の夜、都会の野外な雰囲気の中、
その中央にステージとテント付きの客席が設けられ、夏の夜を盛り上げる、
数組の邦ジャズ・グループがホットな演奏を繰り広げてくれました。

この日の出演者は、HIBI★Chazz-K、ヤマハ音楽院 Woody Moon Jazz Ensemble、
日比野則彦、urb です。

私のお目当ては、今回トリで登場したurb。
と言っても私はurb初心者でして、CDもLIVEも未体験でした。
ジャム・バンド・シーン等でちらほら名前を見かけて気にはなっていたんですけど。

で、彼等のライブ、なかなか良かったですよ!
かなりジャズ寄りのジャズ・ファンク、と言うよりソウル・ジャズって感じですかね。
クラブ的で、ヒップな雰囲気が濃厚で、さらにストリートで鍛えられただけ有り、
野外に空気を完全に掴んだエネルギッシュなパフォーマンスでした。

特に私はギタリストのソウルフルで渋いプレイに惹かれました。
サックスの最後の強烈なブロウもカッコ良かったです!


そして、まったくノーマークだったせいか、かえって衝撃を受けたのがHIBI★Chazz-K。
男性3人、女性1人のサックス系奏者と、男性1人のパーカッションという5人組。
完全ストリート仕様の身軽さで、何故か全員工事現場作業服風の衣装を着ています。
胸と背中の豆電球をチカチカさせながらのパフォーマンスです。もちろんヘルメット着用。

正直こんな出で立ちですから最初は色物?と思いましたが、出てくる音は意外と素朴。
別に芸人風のギャグが有る訳でもなく、アクロバチックな技が有る訳でもなく、
あくまでも音楽を楽しむ、楽しませることに徹したパフォーマンスでした。
もちろん私も楽しみました!こういうの大好きです。
ストリート感濃厚なところも良いし、肩ひじ張らずにジャズの魅力を味わえるのも良いです。
また観てみたいですね~。今度は何処に出没するのでしょう?

ところで何故、工事現場の作業服を着ているかと言うと、「JAZZで世界に音の架け橋を!
HIBI★Chazz-Kはそのための工事人」なのだそうです。なるほど~。
ちなみにHIBI★Chazz-Kは「ひびちゃづけ」と読むようです。たぶん…。


これからも東京JAZZに関連したイベントが丸の内周辺で有るようなので、要チェックです。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

当選!

2006-08-24 23:36:12 | R&B、CLUB系
当選しました!

そうです、ビヨンセの「HAPPY B'DAY PARTY」です。
9月4日、武道館へ行ってきます!

って何やら自慢気ですが、実は当選したのは私ではなく、別枠で申し込んでいた妻なのです。
でもペアで行けるので、妻に付いて行ってビヨンセ観てきます。
クジ運に強い妻を持って幸せです。ありがと~!

そのビヨンセですが、現在、映画に音楽にノリにノッている感じですが、
8月31日にニューヨークで開催されるMTV Video Music Awards 2006での
パフォーマンスが決定してるそうです。他にはジャスティン・ティンバーレイク、
ファレル、リュダクリス、クリスティーナ・アギレラ等のパフォーマンスも
決まっているようですが、こういった賞では他のアーティストへのライバル心なのか、
TV放送されるからなのか、かなり気合いの入ったパフォーマンスが見れるので楽しみです。

たしか03年のMTV Video Music Awardsでは、ビヨンセは宙吊りで登場したんですよね。
今年もアッと驚く演出を用意しているのでしょうか?

さらに来年はヨーロッパ・ツアーが予定されているそうです。
以前、女性限定のバック・バンド・メンバーを募集していましたが、
どうやら、その女性バンドを引き連れてのツアーのようです。
日本にもツアーで来てくれないですかね~?
ま、誕生日を日本で過ごすぐらいですから、きっとツアーでも来てくれることでしょう。

そして、現在でも「Deja Vu」のPVがスペシャ等でオンエアーされまくってますが、
早くも新作から2曲目のPV「Ring The Alarm」が解禁になったようですね。
ソニーの彼女のサイトには「ビヨンセ怒り大爆発?」とありますが…。

もちろんPVの出来に怒っているのではなく、PVの演出の中で怒っているのです。
「Deja Vu」もなかなか激しい曲でしたが、この曲も激しそうですね。

それにしても9月4日が楽しみです。
ホント奥様に感謝です。御礼にサマンサ・タバサのバッグでも買ってあげようかな?

やっぱ無理です。

おっとその前にアルバム発売が有りますね。
9月4日発売とのことでしたが、なんと1日に買えちゃうそうです。期待してます。




~関連過去ブログ~ お茶のお供にどうぞ。

 06. 8.21 ビヨンセ 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ビヨンセ

2006-08-21 00:18:13 | R&B、CLUB系
9月2日からプロモ来日が決定している我がフェイヴァリット・シンガーの一人、ビヨンセ。

9月4日には武道館で招待客オンリーの「HAPPY B'DAY PARTY」とやらを開催するとか。
この日は待望のソロ・アルバム「B'DAY」の発売日であり、
彼女の25歳の誕生日でもあるそうです。
ビヨンセ本人のライブも予定されてるそうで、これは行きたいですね~!

このイベントはサマンサ・タバサがスタートさせるWWCITY & COMMUNICATION
というサイトの特別企画だそうで、同サイトでメール会員登録を行うと、
このイベント参加への応募が出来るようです。期限は今月28日までのようです。

さて、私はシングル「デ・ジャヴfeet.JAY-Z」を買って「B'DAY」
リリース・パーティーに参加しよう!という企画には見事ハズレてしまったので、
この武道館のイベントは当たって欲しい~!神様~!

それにしてもデスチャ解散後初のソロ・アルバム発売という、今後ソロとして
活動していく上で、最も大事な時に日本に居て良いんでしょうかね?

日本のファンには喜ばしいことですが。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

余話:J WAVE LIVE 2000+6

2006-08-20 23:12:21 | 余話
18日の金曜日、妻のお付き合いで、代々木体育館へ「J WAVE LIVE 2000+6」とやらを
見に行ってまいりました。

出演者は登場順に森山直太朗、CHEMISTRY、PUFFY、倖田來未でした。
最近妙に抽選に強い妻が今回も力を発揮し、アリーナほぼ中央のかなり前の方で
見ることが出来ました。

正直最近の歌謡曲やJ-POPにはあまり興味が無い私でが、森山直太朗とPUFFYは
かなり楽しめました。

まあ、何はともあれ森山直太朗ですよ。彼はどうなんですかね?
だっていきなり、トップ・バッターとして登場したのは良いのですが、
本物のサルと手をつないでたった二人(一人と一匹)で出てきたんですよ?

で、今回は弾き語りだったのですが、横にちょこんとサルを座らせて数曲歌うんです。
で、そのサルの天然ぶりがかなりシュールで、ある意味前衛芸術的なステージでした。

もちろん歌は抜群に上手いです。笑わせるところは笑わせる、聴かせるところは
聴かせる、みたいな。これが森山ワールドなのでしょうか?


パフィーは「渚にまつわるエトセトラ」や「サーキットの娘」、「アジアの純真」など、
古い曲をやってくれたので嬉しかったです。
でも、正直今のパフィーとそのバック・バンドには、「Tokyo I'm On My Way」や
「Hi Hi」のような曲のほうが合っている気も。

ま、なんだかんだ言って、J-POPでも結構楽しんでる私でした。
あ、パフィーは全米でも大人気なんでしたっけ?
そんなオーラを感じさせないところも彼女達の良いところですね。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加