ルーツな日記

フジロックが終わり、サマソニ ブログと化しておりますが、
よろしくお願いいたします。

ジョン・ブードロー R.I.P.

2017-01-30 19:31:45 | ニューオーリンズ
少し前の話になりますが、1月14日、ニューオーリンズの偉大なるドラマー、ジョン・ブードロー(John Boudreaux)が亡くなられたそうです。享年80歳。ニューオーリンズR&B創世記を代表するドラマーの一人であるはずなのに、その訃報があまり大きく取り上げられていないので、本当のことなのかいまだに信じられないのですが…。

亡くなられたことを伝える記事はこちら→ http://www.nola.com/music/index.ssf/2017/01/john_boudreaux_drummer_has_die.html


プロフェッサー・ロングフェアの「Go To The Mardi Gras」、ジェシー・ヒルの「Ooh Poo Pah Doo」、クリス・ケナー「I Like It Like That」、アーマ・トーマス「Cry On」、リー・ドーシー「Lottie Mo」、アーロン・ネヴィル「Show Me The Way」、アーニー・ケイ・ドゥ「A Certain Girl」、クラレンス・ヘンリー「But I Do」、バーバラ・ジョージ「I Know」などなど、数多くのニューオーリンズR&Bクラシックのリズムを担ったレジェンドです。また、03年には初のソロ名義アルバムもリリースしていました。






PROFESSOR LONGHAIR GO TO THE MARDI GRAS

1959年、ロンに残された長髪教授の大名曲。49年の「Mardi Gras In New Orleans」を含むアトランティックのセッションでもジョン・ブードローが叩いていたと言われますが、やはりこの曲が極めつけでしょう。



The Hawkettes - Mardi Gras Mambo

アート・ネヴィルのデビュー曲としても知られるホウケッツの「Mardi Gras Mambo」。実はこのホウケッツがジョン・ブードローにとって最初のレギュラー・バンドだったそうで、後々までマルディグラのスタンダードとなるこの曲のリズムも彼によるもの。



Jessie Hill "Ooh Poo Pah Doo—Pt. 1"

ニューオーリンズR&Bの新しき60年代の幕開けともなった名曲。この曲を始め、アラン・トゥーサンのプロデュース曲の多くでドラムスを務めています。



Barbara George - I Know (You Don't Love Me No More)

ハロルド・バティステが中心に立ち上げたAFOにも参加しています。こちらはAFOからのバーバラ・ジョージのヒット曲。



ジョン・ブードローさん、安らかに。
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スペンサー・ウィギンス 来日... | トップ | フジロック 早割当選!! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ニューオーリンズ」カテゴリの最新記事