ルーツな日記

フジロックが終わり、サマソニ ブログと化しておりますが、
よろしくお願いいたします。

マウントシュガー@YANBARU

2017-06-04 00:09:22 | 邦アーティスト
今日6月3日、代田橋YANBARU にて、zerokichi & mount sugar のライヴを観てまいりました。マウントシュガーにとってYANBARUでのライヴは、3月のキャンセル以来、丁度3ヶ月振りのリベンジでした。

「農家の嫁」に始まり、新旧織り交ぜた楽曲に、YANBARUスタッフさんにちなんだレアな曲などを挟んだ2セット、zerokichiさんとのセッションも含め、たっぷり楽しませて頂きました。

アンコールで、森さんのギターに合わせて、アリサさんが歌い始めたのは、まさかの「今夜はブギーバック」。森さんがラップを歌わないくだりが超可笑しかった! そして最後に生歌で聴かせてくれた「太陽」は絶品でした~。

zerokichiさんのウクレレも素敵な音色でした!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Rei @ TOKYO M.A.P.S

2017-05-06 19:27:50 | 邦アーティスト
5月6日、毎年、六本木ヒルズのアリーナで開催されているライヴ・イベント、TOKYO M.A.P.S にて、Rei を観てまいりました!!

TOKYO M.A.P.S は、六本木ヒルズとJ−WAVE のコラボにより、毎年ゴールデンウィークに開催されるフリー・ライヴ・イベント。2008年に始まり、記念すべき10回目の開催となる今回は、5月6日、7日の2日間に渡り、和田唱(TRICERATOPS) & chay、雨のパレード、KREVA、WONK、never young beach、野宮真貴、RHYMESTER などなど、豪華アーティストが出演。私のお目当ては若き天才ブルース・ギタリストにしてシンガー・ソング・ライターのRei さんです!

黄緑が鮮やかな、ポップで可愛らしい衣装で登場のRei さん。ベースの真船勝博さん、ドラムスの山口美代子さんを従え、ピンクのジャズマスターを掻き鳴らす。「Day Tripper」か?と思わすリフは2ndミニアルバム「UNO」収録の「JUMP」へ。Rei さんのギターは相変わらずファンキーな切れ味! しかも弾きながら高速ラップのような歌も歌うんですから、ホント恐れ入ります。さらにそんなテクニック的なこと以上に曲も格好良いんですよ!! 凄くキャッチーで。この曲大好きです!! 2曲目は1stミニアルバム「BLU」から「my mama」。ハードエッジなブギ・ブルース。先の「JUMP」はポップな曲ですからまだ良いとして、「my mama」のような泥臭い曲を、可愛らしい女の子が演ってしまう訳ですから、無料のイベントと言うことで初めてRei さんを生で観たという方も大勢いらっしゃったことでしょうけど、さぞ驚いたでしょうね。しかも半端なく上手いっていう。

ボ・ディドリーっぽいリズムの「Black cat」、朗らかなラテンフレイバー香る「Love Sick」と「UNO」収録曲を続けて。やはりRei さんの音楽的な振り幅とその咀嚼力にも感嘆させられる。それがRei さんらしいブルージーさやポップセンスに溢れているところがまた魅力的。「Black cat」ではブルースハープを、「Love Sick」ではサンバホイッスルも吹いてました。続く「Route 246」もそんな彼女の探究心が感じられる曲。最新作「ORB」から、ロカビリーなノリの中に古き良きジャズの魅力も感じさせるようなポップなジャンプ・ナンバー。キレのあるRei さんのギターがまた良かった!!もちろん瑞々しい歌声も良かった!!

いよいよ終盤になって必殺のキラー・チューン「BLACK BANANA」。カウントに続いてのギターリフの格好良いこと!! こういうスピーディーなブルース・ロックにおけるRei さんのエレキ・ギターは、ホント格好良い!リフはもちろんソロもキレまくり。山口美代子さんの短いドラムソロの後には、ドラムセットに駆け寄って、ジャムセッションの如く激しくソロを弾き、のけぞったり飛び跳ねたり。いや〜、ロッキンなRei さん、良いですね〜。最後は一瞬のブレイクに "ロッポンギー!!”と叫んだり。そしてラストは最新作から「COCOA」。この曲もイントロからしてギターが格好良い!! ベースとユニゾンになるキメがまた痺れますね。そして何故か終わると同時に、早足で立ち去る Reiさん でした。


いやはや、久々に”格好良いエレキギター”を堪能いたしました!!




この日のセットリスト↓

1. JUMP
2. my mama
3. Black cat
4. Love Sick
5. Route 246
6. BLACK BANANA
7. COCOA

サウンドチェックでは、「Cinnamon Girl」や、ジュニア・ウェルズの「Messin' With The Kid」なんかも演ってました。



Rei さんはこの7月に、新作のリリース、そしてツアーがあるそうです。しかもこのツアーの直前には、アーケイド・ファイア、イギー・ポップ、フェニックス、ソランジュ、ロイヤル・ブラッドなどが出演するフランスの野外フェス「Les Eurockéennes」に出演するそうです。凄いですね〜!







TOKYO M.A.P.S は、明日、5月7日もありますよ〜。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マウントシュガー @COME HAIR

2017-05-04 00:57:16 | 邦アーティスト

4月30日、代官山の美容室COME HAIRにて、マウントシュガーを観てまいりました。ヴォーカルの山里ありささんと、アコースティック・ギターの森英臣さんの2人組。今年3月の代田橋YANBARUでのライヴは、急遽キャンセルとなってしまったので、私にとっては久しぶりのマウントシュガーでした。

それにしても美容院でのライヴというのがなかなか素敵な雰囲気。鏡に囲まれながら、髪を切る椅子に座ったり、床に座ったり、各々自由な感じでライヴ鑑賞。しかもライヴと同時進行で志水則友さんが墨絵で「風神」「雷神」の絵を書くという。もちろん会場内には志水則友さんの絵がところ狭しと飾られていて、不思議な異空間。

そんななか、まずは急遽飛び入りが決まった、とんちピクルスさんからスタート。ウクレレ弾き語りを中心に、グイグイと自分のペースに引き込んでいく手練手管に終始笑いっ放し。人形を使ったラップとか、ブラックすぎて凄かったですね〜。もちろん、それを含めた音楽的な世界観がとんちさんの魅力でして、ライヴが終わる頃にはいつも、そんな ”とんちワールド” に会場が浸食されてしまうのです。最後の沖縄の歌も面白かった!!

そしてマウントシュガーです。2人が演奏を始めれば、それまでの空気をリセットするかの如く、すーっと2人の世界に染まっていく。「農家の嫁」から始まり、「走れロマンスカー」、「絨毯屋のロニー」、「野生」など。特に嬉しかったのが「季節のどこかで合いましょう」です。私はマウントシュガーの曲は全部好きなんですけど、その中でも特に好きなのがこの曲なのです。しかもこの曲、めったにライヴではやってくれなくて、私は、思い出せる範囲で、過去に1度しかこの曲を生で聴いたことが無かったんです。つまり今回が2度目。いや〜、感無量でしたよ。ゆっくりと弾かれる森さんのギター、繊細なありささんの歌声、切ないメロディー。ホントに滲みました。

最後にマイクを通さずに歌った「パレット」も良かったです。アンコールは「光が消える前に」。およそ50分弱のコンサート。久しぶりに聴いた森さんのギターと、ありささんの歌声。身も心も癒されました。やっぱり私にとってマウントシュガーは特別な存在です!!



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

zerokichi @YANBARU

2017-03-03 23:16:02 | 邦アーティスト
今日は代田橋の沖縄バル、YANBARUさんにて、zerokichiさんのライヴでした。本当は、zerokichiさんと一緒にmountsugarも出演する予定だったのですが、急遽mountsugarはキャンセルになってしまったんです。mountsugarの大ファンの私としては、とても残念ではありましたが、沖縄料理を頂きながら聴くzerokichiさんのウクレレ、凄く良かったです。しかも、mountsugarの穴を埋めるべく、通りすがりのスペシャルゲストとして、今野英明さんも登場しましたし。

私は、zerokichiさんのライヴは何度か拝見させていただいてますが、今野さんは今日が初めてでした。ウクレレの弾き語りで、チャップリンの「Smile」とか、ハナレグミの「音タイム」とか、ナット・キング・コールの「Pretend」とか。とてもソウルフルなテナーヴォイスが耳を惹きつけると同時に、なかなかのエンターテイナーでして、ウクレレで歌うジーン・ピットニー「Louisiana Mama」とか、最高でしたね。

一方のzerokichiさんは、歌無しのウクレレ一本。その流麗な音色には何度聴いてもうっとりさせられてしまいます。お客さんの中に、小さな女の子を連れたご家族がいらっしゃったのですが、途中、その女の子がちょっと飽きちゃた様子になると、zerokichiさんはすかさずアンパンマンのテーマ曲を弾き始める。すると女の子は大人しく聴き始めましたからね。さすがアンパンマン!でもzerokichiさんが弾くと、これがまた綺麗なんですよ。とても味わい深いアンパンマンでした。他には「Lovin' You」とか、「Close To You」とか、「What a Wonderful World」とか、ディレイを効かせたり、ループを使ったりというエフェクティブな技も使いつつ、ウクレレとは思えない洗練と、ウクレレらしい物悲しさが同居した、zerokichiさんの世界でした。

mountsugarが見れなかったのは泣きたいほど残念でしたが、zerokichiさんも、今野英明さんも凄く良くって、とてもいい夜でした。YANBARUさんのお料理も美味しかった!!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ムッシュかまやつ R.I.P.

2017-03-02 18:58:01 | 邦アーティスト
今日、3月1日、ムッシュかまやつさんが、都内の病院で亡くなられたそうです。78歳。昨年5月に肝臓がんが見つかり、9月に公表していました。

私はファンだったというわけではありませんが、やはり、かまやつさんの死というのは、とても大きく響きました。日本のロックに与えた影響は計り知れませんし、70歳を超えてなお、ヒップな存在で在り続けた稀有なアーティストでした。

私は何度かかまやつさんのライヴを見る機会がありました。生で「ゴロワーズを吸ったことがあるかい」や、「やつらの足音のバラード」を聴けたのは、嬉しかったですね。ブルース・ザ・ブッチャーとの共演も印象的でした。あと、ステージ上でのキャラと言いますか、とてもチャーミングな方でしたね。

ムッシュかまやつさん、安らかに。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

@ZEPP東京

2016-06-09 22:55:12 | 邦アーティスト
今日は、妻と一緒にZEPP東京にて森山直太朗さんのスペシャ収録ライヴでした。ヴァイオリンがASA-CHANG&巡礼の須原杏さんでした!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マウントシュガー

2015-10-25 19:39:32 | 邦アーティスト
キチムのデッサン会にてマウントシュガー。ありささんご自身の作品も含む絵達に囲まれたライヴ、凄く良かったー!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キチムのデッサン会

2015-10-25 17:55:44 | 邦アーティスト
代々木公園のアースガーデンから吉祥寺に移動。今日はキチムのデッサン会のグループ展最終日。こちらの展覧会にはマウントシュガーの山里ありささんの作品も飾られてるので、終わる前に一度見に行かなければ、と思っていたのですが、最終日の今日は急遽マウントシュガーのライヴもあるとのことで、一石二鳥!楽しみです!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

門秀彦×zerokichi @YANBARU

2015-10-03 21:19:48 | 邦アーティスト
今日は代田橋のYANBARUにて、門秀彦×zerokichiというライヴを観に来ています。ウクレレ弾き語りのzerokichiさん、その演奏をバックに門さんが絵をかく。そしてゲストシンガーにマウントシュガーの山里ありささん!良い雰囲気。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マウントシュガー@青山ファーマーズマーケット

2014-07-07 08:27:08 | 邦アーティスト
7月6日、青山ファーマーズマーケットにて、マウントシュガーのライヴを観てまいりました。私にとっては1月のカチャトラ以来およそ半年振りのマウントシュガーでした。

午前11時という、ライヴをするには少々早い時間。会場の青山ファーマーズマーケットは、国際連合大学広場前で毎週末に開催されているイベントのようで、広場に沢山のテントが並び、新鮮な野菜やフルーツが沢山並んでいました。午前中から凄い人出で、さながら朝の野菜市場のような賑わいでした。

さて、その会場の一番奥に作られたステージ。ステージの横には沢山のソーラーパネルが並べられ、ライヴの電力は全て太陽光で賄われていたそうです。久しぶりの「純情フリーウェイ」で始まったマウントシュガーのライヴ。今回はサポート無しで、ギターの森さんと歌のアリサさんお二人のみ。久しぶりと言えば、マウントシュガーを野外で観るのも久しぶり。レストランやカフェでライヴをすることが多いお二人ですが、そのアコースティックなオーガニックサウンドは野外にも良く似合います。

この日の午前中は日射しも強く、もの凄く暑かったのですが、アリサさんのちょっぴり気怠い歌声がその熱さに映えました。エモーショナル豊かな「今日思う事の唄(2011年3月19日)」、ハーモニカの音色も素敵だった「絨毯屋のロニー」、最後はこの会場にぴったりな「農家の嫁」。いつ聴いても「農家の嫁」のアリサさんの歌声は絶品です。もちろん森さんのギターも。4曲と短いライヴでしたが、極上のお昼前でした。

14時からもライヴがあったのですが、私は残念ながらそちらは観れませんでした。「太陽」やったかな?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加