Punk Book-MOBSPROOF

PUNK/HARDCORE PUNK専門不定期雑誌MOBSPROOFの制作日記や最新情報をアップしていきます。

ザ・ダムド『地獄に堕ちた野郎ども』日本公開決定!

2016-06-28 12:00:03 | punk/HARDCORE PUNK
遂に……待望のザ・ダムドのドキュメンタリー映画が公開決定!
「ロックドキュメンタリー映画祭」を作ろうと思ったきっかけはこの映画でした。

76年、ロンドンパンク史上初レコード発売!最速解散!最速再結成!まだ現役!
悪<ワル>の権化、ダムド初のドキュメンタリー映画、日本上陸!
2015年SXSW映画祭/2015年シェフィールドDOC映画祭/2015年アテネ映画祭/
2015年ナイトヴィジョン映画祭/2016年ブエノスアイレスインディペンデント映画祭 正式出品
 
『地獄に堕ちた野郎ども』
9月17日(土)より公開決定!!
 
ザ・ダムドの史上初のドキュメンタリー映画『地獄に堕ちた野郎ども』が9月17日(土)より渋谷HUMAXシネマほか全国順次公開決定。
1976年結成、セックス・ピストルズ、ザ・クラッシュとともに三大ロンドンパンクのひとつに数えられ、イギリスのパンクロックシーンで初のレコードを76年に発売。初めて大西洋を渡ってアメリカでライヴを行ったロンドンのパンクバンドであり、複雑なメンバーチェンジを繰り返しながらも他の2バンドと違って唯一、
結成から40年を経たいまも現役で活動しているという奇跡のバンド。
セックス・ピストルズは『ザ・グレイト・ロックンロール・スウィンドル』(80年)や『NO FUTURE A SEX PISTOLS FILM』(00年)、ザ・クラッシュは『ルード・ボーイ』(80年)や『LONDON CALLING/ザ・ライフ・オブ・ジョー・ストラマー』(06年)など関連する映画作品が作られてきている中、本作は満を持してのダムド史上初の映画作品である。
 
監督は2010年に世界的ヒットとなったモーターヘッドのレミー・キルミスターのドキュメンタリー映画『極悪レミー』を手掛けたウェス・オーショスキー。制作費は全額個人負担、監督のほか製作、脚本、撮影、編集もすべて一人でこなし、ダムドの今の姿とともに、40年間で蓄積されてきた複雑な人間模様やバンドの内側を映し出す。
 
また、公開直前の9月7日にダムドの傑作3rdアルバム「マシンガン・エチケット」、4thアルバム「ブラック・アルバム」の2作が激レアなオリジナル日本盤LPを世界初再現した紙ジャケット仕様で発売(発売:ビクターエンタテインメント)となることも決定。9月は映画と音楽でダムド漬けになってパンクロックまみれになる絶好の機会。

THE DAMNED: Don't You Wish That We Were Dead (Official Trailer)


『地獄に堕ちた野郎ども』
(2015年/アメリカ映画/110分/ビスタサイズ/原題:THE DAMNED:DON’T YOU WISH THAT WE WERE DEAD)
© 2015 Damned Documentary LLC.
提供:キングレコード/配給:ビーズインターナショナル
宣伝協力:ディスクユニオン、フウドブレイン/協力:ビクターエンタテインメント
監督・製作・脚本・撮影・編集:ウェス・オーショスキー
出演:THE DAMNED(キャプテン・センシブル、ラット・スキャビーズ、デイヴ・ヴァニアン、ブライアン・ジェイムス、ローマン・ジャグ、ブライアン・メリック、ポール・グレイ)/デイヴ・ガーン (Depeche Mode)/フレッド・アーミセン (俳優/ミュージシャン)/ミック・ジョーンズ(The Clash)/レミー・キルミスター(Motorhead)/イアン・マッケイ(Minor Threat/Fugazi)/ビリー・アイドル/ジェシー・ヒューズ (Eagles of Death Metal)/クリッシー・ハインド (The Pretenders)/ニック・メイスン (Pink Floyd)/グレン・マトロック (Sex Pistols)/キース・モリス (Black Flag, Circle Jerks, OFF!)/クリス・ステイン (Blondie)/ジェロ・ビアフラ (Dead Kennedys)/ゲイ・アドヴァート (The Adverts)/クレム・バーク (Blondie)/ジャン=ジャック・バーネル (The Stranglers)/ルー・エドモンズ (P.I.L./The Damned)/スティーヴ・ディグル (Buzzcocks)/ジャック・グリシャム (T.S.O.L.)/チャーリー・ハーパー (U.K. Subs)/デクスター・ホーランド (The Offspring)/ジム・ジョーンズ (Jim Jones Revue)/ドン・レッツ (映画監督/ミュージシャン)/ジョン・モス (Culture Club/The Damned)/バズ・オズボーン (The Melvins)/TVスミス (The Adverts)/ジミー・アシュハースト (Buckcherry)
 
official site
 
9月17日(土)より、
渋谷HUMAXシネマにて嵐のレイトショー!!
 
DAMNEDデビュー 40周年記念、2016年9月7日再リリース
『マシンガン・エチケット』『ブラック・アルバム』
 
アーティスト:THE DAMNED / ダムド
タイトル:MACHINE GUN ETIQUETTE / マシンガン・エチケット (品番:VICP-75160/価格:2,700円+税)
 
アーティスト:THE DAMNED / ダムド
タイトル:THE BLACK ALBUM / ブラック・アルバム (品番:VICP-75161~2/価格:3,200円+税)
 
発売日:2016年9月7日(水)
備考;K2HDマスタリング+HQCD、紙ジャケット仕様、完全限定生産盤
アーティスト・オフィシャルHP

「ロックドキュメンタリー映画祭」のご購入はコチラから

■■■■■■■■■■■■■■■
design studio STUDS / MOBSPROOF official web
twitter→
★Children are future! PUNK MAGAZINE MOBSPROOF★

この記事をはてなブックマークに追加

少女閣下のインターナショナルより、シングル「トレイラーズ」と初のアルバム「殺人事件」をリリース

2016-06-10 13:23:29 | work

少女閣下のインターナショナル “トレイラーズ” [TUR-010]

7月1日リリースのアルバム「殺人事件」から、まるで映画の予告編のようなシングル「トレイラーズ」がリリース!!

リードトラックには、暴力的なダーク・ウェーブ・サウンドとアイドル・ソングが融合したグループの代表曲である「みなごろしフライデー(kill kill)」を収録。また、アルバム収録曲をRemixした「殺人事件トレイラーAct1〜Act3」を収録。Remixを担当したのは、ジューク/フットワークの鬼才CRZKNY、ライムベリーのMC MIRIのソロアルバムをプロデュースしたDJ-S.A.L.、少女閣下のインターナショナルにも楽曲提供している作曲家の清光宏如の最強の3人。



アーティスト名:少女閣下のインターナショナル
シングル・タイトル:トレイラーズ
定価:1,000円+税
レーベル:TRASH-UP!! RECORDS
仕様:CD(シングル)
発売日:2016年6月20日(月)
品番:TUR-010
JAN:4582237835274

収録曲
01.みなごろしフライデー(kill kill)
02.殺人事件トレイラーAct1 :ナイト・オブ・ザ・ショウジョカッカ
remixed by 清光宏如
03. 殺人事件トレイラーAct2 :ドーン・オブ・ザ・ショウジョカッカ
remixed by DJ-S.A.L.
04. 殺人事件トレイラーAct3 :デイ・オブ・ザ・ショウジョカッカ
remixed by CRZKNY

-----------------------------------
少女閣下のインターナショナル“殺人事件” [TUR-011]

7月8日をもって活動休止に入る少女閣下のインターナショナルが、音楽キャリアの集大成といえる初のアルバム「殺人事件」を7月1日にリリース!!

今作は、全15曲収録という大ボリュームで構成されており、ライブでの定番曲から新曲までを収録した、まさに決定版といえる渾身の一枚。夏の大△・川口貴大と滝沢朋恵が作曲に参加している『グランギニョルのフラミンゴ』、元あヴぁんだんどのサウンドプロデューサー佐々木二郎が作曲&編曲を担当した『ATARI SHOCK LOVE』といった新曲を収録している他、既存曲にも新たなアレンジを加えており、聴きどころ満載の1枚となっている。



アーティスト名:少女閣下のインターナショナル
アルバム・タイトル:殺人事件
定価:2,500円+税
レーベル:TRASH-UP!! RECORDS
仕様:CD(アルバム)
発売日:2016年7月1日(金)
品番:TUR-011
JAN:4582237835281

収録曲
01.真夜中に餌を与えてはならない
02.mug
03.グランギニョルのフラミンゴ
04.ATARI SHOCK LOVE
05.乙女みたいな季節
06.少女閣下のPKウルトラ計画
07.école
08.ショートクタイシ・イズ・デッド
09.みなごろしフライデー(naked)
10.HAL451
11.怨み節/マカロンウエスタン
12.No where on-do
13.僕らの心電図
14.万国お化け博覧会
15.アイドルに恋をしてはならない

-----------------------------------
活動休止前ラストライブ
7月8日(金)「少女閣下のインターナショナル殺人事件」@新宿MARZ
-----------------------------------
「ロックドキュメンタリー映画祭」のご購入はコチラから

「渡辺淳之介 アイドルをクリエイトする」のご購入はコチラから
■■■■■■■■■■■■■■■
design studio STUDS / MOBSPROOF official web
twitter→
★Children are future! PUNK MAGAZINE MOBSPROOF★

この記事をはてなブックマークに追加

『BAD BRAINS バッド・ブレインズ/バンド・イン・DC』日本公開決定!

2016-06-03 12:00:00 | punk/HARDCORE PUNK
「ロックドキュメンタリー映画祭」でも少しだけだけど紹介している『バッド・ブレインズ/バンド・イン・DC』の日本公開が決定!

アメリカン・ハードコア/パンクの最重要・最速のバンド、BAD BRAINSを追った、2012年製作のドキュメンタリー映画が遂に日本初上陸。
1976年ワシントンDCにて結成、当初はジャズ、フュージョンバンドとしてスタートするも、1978年、セックス・ピストルズ、ダムドなどのロンドンパンクの影響を浴び、
ラモーンズの曲名から改名し生まれ変わったBAD BRAINS。
そのあまりに激しいライヴによりワシントンDCのライヴハウスシーンから締め出しを食らったという凄まじい伝説や、パンクとレゲエを縦横無尽に行き来するという唯一無二のスタイルを確立してその後の多くのバンドに絶大な影響を与え続けている、アメリカのロック史にその名を刻む重鎮バンドBAD BRAINS。

本作はそんなBAD BRAINSの2007年のツアーの模様を軸に、バンドの歴史も追っていく、同バンド史上初のドキュメンタリー映画。

監督はRAMONESのギタリスト、ジョニー・ラモーンのトリビュート映画となった『TOO TOUGH TO DIE』(2006年)を手掛けたマンディ・スタイン、製作・編集は『悪魔とダニエル・ジョンストン』(2005年)のタイラー・ハビーが担当。

映画『AMERICAN HARDCORE』(2006年)を手掛けたポール・ラックマンからの提供された貴重な80年代のライヴ映像とともに、BAD BRAINSの楽曲が計45曲全篇にちりばめられている。

そんな『バッド・ブレインズ/バンド・イン・DC』は7月16日(土)より渋谷HUMAXシネマにて!!



[2012年SXSW映画祭][2012年シルバードック映画祭]
[2012年シアトル国際映画祭][2012年ウッドストック映画祭] 正式出品作品

『バッド・ブレインズ/バンド・イン・DC』
(2012年/アメリカ映画/104分/スタンダードサイズ / 原題:BAD BRAINS / A BAND IN DC)
© 2012 PLAIN JANE PRODUCTIONS
提供:キングレコード
配給:ビーズインターナショナル/宣伝協力:ディスクユニオン
監督:マンディ・スタイン『TOO TOUGH TO DIE』、ベンジャミン・ローガン
製作総指揮:アリソン・パーマー
製作:タイラー・ハビー、マンディ・スタイン
撮影:タイラー・ハビー『悪魔とダニエル・ジョンストン』
出演:
BAD BRAINS(H.R.、ドクター・ノウ、ダリル・ジェニファー、アール・ハドソン)、ヘンリー・ロリンズ(BLACK FLAG)、イアン・マッケイ(MINOR THREAT)、BEASTIE BOYS(マイク・ダイヤモンド、アダム・ヤウク、アダム・ホロヴィッツ)、リック・オケイセック(プロデューサー/THE CARS)、デイヴ・グロール(FOO FIGHTERS)、ライル・プレスラー(MINOR THREAT)、アンソニー・カウンティ(マネージャー)、ジョン・ジョセフ(CRO MAGS)、ハーレー・フラナガン(CRO MAGS)、ジミー・ゲシュタポ(MURPHY’S LAW)、アンソニー・キーディス(RED HOT CHILI PEPPERS)、ドン・レッツ(映画監督)、ジェリー・ウィリアムス

7月16日(土)、渋谷HUMAXシネマにてレイトショー
ほか全国順次公開

オフィシャルサイトはこちらをクリック

「ロックドキュメンタリー映画祭」のご購入はコチラから

■■■■■■■■■■■■■■■
design studio STUDS / MOBSPROOF official web
twitter→
★Children are future! PUNK MAGAZINE MOBSPROOF★

この記事をはてなブックマークに追加

「渡辺淳之介 アイドルをクリエイトする」リリイベ決定!

2016-05-02 12:02:10 | punk/HARDCORE PUNK

「渡辺淳之介 アイドルをクリエイトする」(宗像明将・著)発売記念トーク&特典会決定!
開催日時:2016年5月17日(火)19:30~(観覧無料)
場所:渋谷 HMV&BOOKS TOKYO
出演:渡辺淳之介(株式会社WACK代表)、宗像明将(音楽評論家)&ゲスト???

「渡辺淳之介 アイドルをクリエイトする」発売記念イベント開催が決定。

本書では書けなかった話やカットされた話など、聞くと一層楽しんで読むことが出来るトークショーと特典会を開催。

特典会は渡辺淳之介と宗像明将のサイン会、チェキ会を開催。
HMV&BOOKS、イベント会場で1冊購入で渡辺淳之介と宗像明将のサイン会参加、2冊購入でゲスト含む参加メンバーとの全チェキを行います。

サイン会は「渡辺淳之介 アイドルをクリエイトする」をお持ちいただければ他店舗でご購入のものでも、見返し部分に渡辺淳之介または宗像明将、どちらか1名のサインをお入れします。

注意
※イベント参加券は整理番号順付きですが、ランダムでのお渡しとなります。番号はお選びいただけません。
※イベント券の盗難・紛失に関しまして、いかなる場合も再発行はいたしません。
※当日はスタッフの誘導に従っていただきますようお願いいたします。
※イベントは予告なく内容が変更、もしくは中止になる場合がございます。

<<<内容更新や新規リリイベなど情報は随時Twitterで更新していきます!!>>>

■■■■■■■■■■■■■■■
design studio STUDS / MOBSPROOF official web
twitter→
★Children are future! PUNK MAGAZINE MOBSPROOF★

この記事をはてなブックマークに追加

カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2016

2016-04-27 19:43:42 | Weblog

 3周年を迎えたミニシアター・新宿シネマカリテ(昨日の「雨上がりの『Aさんの話』にも取り上げられていましたね)が贈る魅惑の映画祭「カリテ・ファンタスティック!シネマ・コレクション2016」(略して「カリコレ2016」) が、真夏の7月16日(土)~8月19日(金)の5週間に渡り開催。3回目を迎える本年度は上映本数、内容ともに例年より更にパワーアップ! 第1弾では、ジャンルや国境を超えた選りすぐりの新作、旧作、未公開作全48タイトルがラインナップされています。メインヴィジュアルはイラストレーターの田中梓の描き下ろしイラスト。永遠の定番作品『『江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間』も上映です。

<オープニング作品>
『Everybody Wants Some!! (原題)』(アメリカ)

<先行プレミア作品>
『神様の思し召し (仮題)』(イタリア)
『A WAR(原題)』(デンマーク)
『弁護人』(韓国)

<カリコレ発掘!NEW COMER>
『東京ウィンドオーケストラ』(日本)

<新作> グローバルでヴァラエティに富んだ特選40作品
『スロウ・ウエスト』(イギリス・ニュージーランド)
『ブリーダー』(デンマーク)
『マン・アップ!(仮題)』(イギリス・フランス)
『私を忘れないで』(韓国)
『ライオット・クラブ』(イギリス)
『プロヴァンスの休日』(フランス)
『神のゆらぎ』(カナダ)
『ウソはホントの恋のはじまり』(アメリカ)
『レーザーチーム 俺たち史上最弱のエイリアン・バスターズ!』(アメリカ)
『ボヴァリー夫人』(ドイツ・ベルギー・アメリカ)
『DEATHGASM(原題)』(ニュージランド)
『香港、華麗なるオフィス・ライフ』(中国・香港)
『ウィ・アー・ザ・ベスト!』(スウェーデン)
『エクスポーズ 暗闇の迷宮』(アメリカ)
『ヒップスター』(アメリカ)
『キャビン・フィーバー リブート』(アメリカ)
『ヴィジョン/暗闇の来訪者』(アメリカ)
『THE PERFECT GUY(原題)』(アメリカ)
『X-コンタクト』(アメリカ)
『ロック・ザ・カスバ!』(アメリカ)
『ZOOMBIES (原題)』(アメリカ)
『ローマ発、しあわせ行き』(アメリカ)
『キル・コマンド(原題)』(イギリス)
『アタック・オブ・ザ・キラー・ドーナツ』(アメリカ)
『アナザー 疑惑の殺意』(フランス)
『ベトナムの怪しい彼女』(ベトナム)
『The Trust(原題)』(アメリカ)
『パレス・ダウン』(フランス)
『ビヘイビア』(キューバ)
『オフィス 檻の中の群狼』(韓国)
『パーフェクト・ルーム』(アメリカ)
『サイレント・ナイト 悪魔のサンタクロース』(アメリカ・カナダ)
『JERUZALEM(原題)』(イスラエル)
『アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち』(アメリカ)
『ザ・ボーイ~人形少年の館~』(アメリカ)
『マインズ・アイ(原題)』(アメリカ)
『京城学校:消えた少女たち』(韓国)
『LES ANARCHISTES(原題)』(フランス)
『ZIPPER/ジッパー エリートが堕ちた罠』(アメリカ)
『おとなのワケあり恋愛講座』(アメリカ・イギリス)

<大井武蔵野館MEMORIAL>
『江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間』(日本)

<ミニシアター GOLD SELECTION>
『アメリ(フランス)

<インディペンデント魂!ヘラルド映画黄金伝説>
『ラストコンサート』(イタリア・日本)
…and more!

「カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2016」
開催期間:7月16日(土)~8月19日(金)の5週間
開催場所:新宿シネマカリテ(〒160-0022 東京都新宿区新宿3丁目37-12 新宿NOWAビルB1F)
入場料金:新作1500円均一(リピート割で1200円)、旧作1000円均一
映画祭HP http://qualite.musashino-k.jp/quali-colle2016/
シネマカリテtwitter @cinema_qualite
カリコレ特設FB https://www.facebook.com/qualicolle16

©カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2016実行委員会


この記事をはてなブックマークに追加

ジャニス・ジョプリン伝記映画『ジャニス:リトル・ガール・ブルー』

2016-04-26 10:08:54 | ROCK

 ジャニス・ジョプリンの最新ドキュメンタリー映画『JANIS:LITTLE GIRL BLUE』が、『ジャニス:リトル・ガール・ブルー』の邦題で、2016年9月よりシアター・イメージフォーラムほか全国での公開が決定(配給:ザジフィルムズ/ 提供:キングレコード)。

 誰にも真似出来ないソウルフルな歌い方と心を鷲掴みにする特徴的なハスキーボイス、ロックスターとしての逸話の数々、そして女性としての自由奔放な生き方で、今なお圧倒的な人気を誇るロック史上最も偉大な女性シンガー、ジャニス・ジョプリン(1943.1/19~1970.10/4)のドキュメンタリー映画『ジャニス:リトル・ガール・ブルー』の公開が決定。

 テキサスの田舎町で、ごく普通の中流の家庭で生まれたジャニスは、容姿へのコンプレックスや元来の内気で繊細な性格から、学校になじめず、他の生徒から孤立を深める。しかし、やがてブルースやフォークに出会い、自分でもバンドを結成。63年、フラワー・ムーヴメントの中心地サンフランシスコへ単身趣き、そこで圧倒的な歌唱力から歌手としての存在感を高め、ビッグ・ブラザー&ザ・ホールディング・カンパニーに加入。67年の『モンタレー・ポップ・フェスティバル』でのライヴで、一夜にしてスターダムにのし上がった彼女は、69年の『ウッドストック・フェスティバル』への出演、70年の列車に乗ってカナダを横断しながら行うツアー『フェスティバル・エクスプレス』など精力的に活動し、60年代後半、公民権運動やベトナム反戦運動、ウーマンリブなどカウンターカルチャーが吹き荒れる激動の時代の象徴として一躍、大きな脚光を浴びた。しかし、1970年10月4日、アルバム『パール』のレコーディング中にヘロインのオーバー・ドーズにより27歳の若さで死去。

 本作は遺族の全面協力によりバンドメンバーや親しい友人、昔の恋人、家族といった生前ジャニスの最も身近にいた人々からのインタビュー映像と、故郷を離れロックスターとして大きな注目を浴びるようになっても、変わらずにずっと書き続けていた両親や兄弟、恋人へのパーソナルな手紙を軸に、ロックスターとしてのジャニス・ジョプリンではなく、一人の女性としてのジャニス・ジョプリンを立体的に描いている。

 監督は社会性の強いテーマをエッジの効いた作風で描き、高い評価を得てきたエイミー・バーグが担当し、同じ女性としてジャニス・ジョプリンの素顔を丁寧に描き切っている。

Janis: Little Girl Blue 2015 Official Trailer [HD 1080p]


-------------------------------------------

『ジャニス:リトル・ガール・ブルー』9月よりシアター・イメージフォーラムほか全国順次ロードショー
(2015年 / アメリカ / カラー / DCP / 103分 / 原題『JANIS:LITTLE GIRL BLUE』)

監督:エイミー・バーグ(『フロム・イーブル~バチカンを震撼させた悪魔の神父~』)
製作:アレックス・ギブニー(『エンロン巨大企業はいかにして崩壊したのか?』『「闇」へ』)
出演:
サム・アンドリュー、ピーター・アルビン、デイヴ・ゲッツ(以上、ビッグ・ブラザー&ホールディング・カンパニー)、
クリス・クリストファーソン、カントリー・ジョー・マクドナルド、ボブ・ウィアー(グレイトフル・デッド)、
デヴィッド・ドルトン(作家)、クライヴ・ディヴィス(コロンビア社長)、ディック・キャヴェット(TVタレント)、
ローラ・ジョプリン(妹)、マイケル・ジョプリン(弟)ほか

アーカイブ映像:ジャニス・ジョプリン、オーティス・レディング、ジョン・レノン、オノ・ヨーコ、ピンクほか

配給・宣伝:ザジフィルムズ
提供:キングレコード
(c) 2015 by JANIS PRODUCTIONS LLC & THIRTEEN PRODUCTIONS LLC. All rights reserved.


MOBSPROOF EX『ロックドキュメンタリー映画祭 轟音と激闘の記録! 音楽ドキュメンタリー大全』全国書店、CDショップなどにて発売中!
TOWER RECORDS
HMV
disk union
amazon
レコードショップBASE
MCR COMPANY

この記事をはてなブックマークに追加

遅くなりましたがリリイベありがとうございました!

2016-04-24 23:43:57 | work

 4/8に発売が開始された「ロックドキュメンタリー映画祭」。4/12はタワレボ特番放送、4/15はHMV & BOOKS TOKYOでイベントでした。ご視聴&ご来場いただいた皆様ありがとうございました。

 タワレボはJOJO広重(非常階段)、植地毅、杉谷隆一(振付稼業air:aman)、平田裕介という強力な出演者ということもあり、脅威の総視聴者数11万5千人越え。紹介した作品も各人の色が濃く出ていて、約2時間があっという間に過ぎた面白さでした。



 HMVのイベントはタワレボのJOJOと同じく、インタビューに登場してもらったテンテンコ(ex BiS)のおすすめ作品紹介コーナーと、本書の巻末で常識外れのQ数で掲載されている、衝撃の心霊パンクドキュメンタリー映像版の上映とその当事者が語るコーナーの2部構成。立ち見も出て大盛況のうちに終了しました。HMV & BOOKS TOKYOはお洒落な場所なのですが、上映が始まった途端一気にフロアがアンダーグラウンドな雰囲気に包まれました。
 そんなMOBSPROOF EX『ロックドキュメンタリー映画祭 轟音と激闘の記録! 音楽ドキュメンタリー大全』は全国書店、CDショップなどで絶賛発売中! 発売から一週間以上チャート上位をキープし、パンクスの底力を見せつけられた版元はビックリしています(笑)。

 今週28日にはMOBSPROOF EX第2弾「渡辺淳之介 アイドルをクリエイトする」が発売。一気に毛色が変わったと思う人もいるかもしれませんが、この本の真髄は読むと分かると思います。とんでもないスキャンダラスかつスリリング、それでいて人生に悩む人の指針になるという重層的な魅力を放つ自伝となっています。
 「ロックドキュメンタリー映画祭」と「渡辺淳之介 アイドルをクリエイトする」は下記で購入出来ます。よろしくです!!
amazon
TOWER RECORDS
HMV
disk union



この記事をはてなブックマークに追加

「ロックドキュメンタリー映画祭」タワーレコード協力店舗 特典くじキャンペーン

2016-04-07 13:23:14 | ROCK
 タワーレコード渋谷店、新宿店、名古屋パルコ店、梅田NU茶屋町店の店頭で『ロックドキュメンタリー映画祭 轟音と激闘の記録! 音楽ドキュメンタリー大全』をお買い上げいただいたお客様に、本書籍掲載映画の関連グッズが当たる抽選キャンペーンを開催!
※1冊お買い上げで1回抽選

開催は入荷日より!

◎特典・賞品の一例
※店舗によりご用意の無い場合もございます。1点しかないものも多いので先着で無くなり次第終了!
FILMAGE
ステッカー
、劇場パンフレット、トートバック

GG ALLIN 全身ハードコア
ステッカー

THE CRAMPS 精神病院ライブ
ステッカー
、劇場パンフレット

アナーキー
劇場パンフレット

kocorono
劇場パンフレット、ピック

GET ACTION!!
劇場パンフレット

THE DOORS / WHEN YOU’RE STRANGE
バッジ(黒・大)
、バッジ(白・大)
JOHN LENNON / NEWYORK
バッジ(大)

PUNK’S NOT DEAD
バッジ(3個セット)

極悪レミー
ピック

DEATH A Band Called Death
ポスター

CRASS:THERE IS NO AUTHORITY BUT YOURSELF
ポスター

LOOKING FOR JOHNNY ジョニー・サンダースの軌跡
ポスター、劇場パンフレット

スライストーン
ポスター、劇場パンフレット

この記事をはてなブックマークに追加

MOBSPROOF EX「渡辺淳之介 アイドルをクリエイトする」発売決定!

2016-03-10 11:58:21 | work
「ロックドキュメンタリー映画祭」と同じく、去年からず~っと言いたくて我慢していたMOBSPROOF EX 第2弾「渡辺淳之介 アイドルをクリエイトする」の情報公開! 詳細はこちら!!

MOBSPROOF EX CREATOR LIFE is HARD
書名 「渡辺淳之介 アイドルをクリエイトする」
著者 宗像明将

BiS、BiSH、POP…快進撃を続ける渡辺淳之介のエモ過ぎる自伝発売!

5月4日のBiSHメジャーシングル発売直前の4月28日に、そのプロデューサー・マネージャーである渡辺淳之介の早すぎてエモすぎる自伝が発売される!

BiSでアイドル界に革命を起こし、自身の事務所WACKを立ち上げ、BiSHやPOPのプロデュースで再び数々の話題を生み出し続けている渡辺淳之介。本書は彼の爆誕から現在までを長時間に渡る取材とBiSH、POP、松隈ケンタら関係者の証言で、ベールに包まれていた数々のスキャンダラスな活動の真実に迫った一冊。学生時代にドロップアウトし、そこから一発逆転して紆余曲折を経て成功をおさめたエモーショナルな自伝は、これまで語られてこなかった過去や、パブリック・イメージとは異なる意外な内面をも描いており、人生に悩む若い世代に向けた人生の指南書でもある。

インタビュアーは最初期からBiSを追い続け、高い熱量と情報量を持つ文章で知られる音楽評論家・宗像明将。巻末にはギュウゾウ(電撃ネットワーク)との特別対談、BiSH、POP、松隈ケンタらへのインタビューを掲載。

2016年4月28日発売
仕様:四六判/192ページ/並製本 定価:1500円(税別)
発行:出版ワークス 発売:河出書房新社
ISBN:978-4-309-92085-6 C0095

「渡辺淳之介 アイドルをクリエイトする」特設ページ

[プロフィール]
渡辺淳之介 1984年生。スキャンダラスな話題と圧倒的な楽曲・パフォーマンスでアイドル界に革命を起こしたBiS。BiS解散後にWACKを設立し、POP、「もう一度BiSをやる」というコンセプトのアイドルグループ・BiSHをプロデュース。常に音楽業界に大きな話題を巻き起こしている。

宗像明将 音楽評論家。「MUSIC MAGAZINE」「レコード・コレクターズ」「Yahoo!ニュース個人」など、多数の媒体で執筆。高い熱量と情報量を持つ文章で知られ、アイドルへの造詣も深い。

この記事をはてなブックマークに追加

ロックドキュメンタリー映画祭発売記念番組&イベント

2016-03-07 12:00:00 | punk/HARDCORE PUNK
 『ロックドキュメンタリー映画祭 轟音と激闘の記録! 音楽ドキュメンタリー大全』発売を記念して、タワーレコードのストリーミング・メディア<タワレボ>で特番配信とHMV&BOOKS TOKYOでイベント開催が決定!

「ロックドキュメンタリー映画祭」発売記念番組
[放送日時]
2016年4月12日(火)21:30~ タワレボ 鑑賞:無料
[出演]
JOJO広重(非常階段)
杉谷一隆(振付稼業air:man)
植地毅
松原弘一良(MOBSPROOF)
ヤマダナオヒロ(†13th Moon†)
ゲスト:市村亮・古賀ゆきえ(キュリオスコープ

 全世界的に大きな盛り上がりを見せるロックドキュメンタリー映画を独自のセレクトで紹介した『ロックドキュメンタリー映画祭』(4月8日発売)発行を記念した番組が配信される。出演者のセレクトした傑作ロックドキュメンタリー映画に関するトークや、バンドTシャツコレクターとしても知られる杉谷による秘蔵Tシャツ紹介。また注目最新作品のトレイラーや情報、裏話など、この番組でしか楽しめない情報が満載。一筋縄ではいかない出演者ばかりの生配信!!
タワレボ:http://www.towerrevo.jp/

「ロックドキュメンタリー映画祭」発売記念イベント「トーク&秘蔵映像上映会」
[放送日時]
2016年4月15日(金)20:30~ HMV&BOOKS TOKYO 7F 観覧:無料
[出演]
テンテンコ(ex BiS)
ギンティ小林(男の墓場プロ、「新耳袋殴り込み」「映画秘宝」など)
松原弘一良(MOBSPROOF) and more!?

 出演者のセレクトした傑作ロックドキュメンタリー映画に関するトークだけでなく、『ロックドキュメンタリー映画祭』で紹介されている衝撃の完全未公開秘蔵音楽ドキュメンタリーを上映。また飛び込みゲストがあるかも!? ここでしか観ることの出来ないこの映像は、『ロックドキュメンタリー映画祭』を読んでから観ても、観てから読んでも楽しめること確実。終演後は購入者を対象にサイン会も予定。

MOBSPROOF EX『ロックドキュメンタリー映画祭 轟音と激闘の記録! 音楽ドキュメンタリー大全』全国書店、CDショップなどにて予約受付中!
TOWER RECORDS
HMV
disk union
amazon
レコードショップBASE
MCR COMPANY

この記事をはてなブックマークに追加