Punk Book-MOBSPROOF

PUNK/HARDCORE PUNK専門不定期雑誌MOBSPROOFの制作日記や最新情報をアップしていきます。

「渡辺淳之介 アイドルをクリエイトする」リリイベ決定!

2016-05-02 12:02:10 | punk/HARDCORE PUNK

「渡辺淳之介 アイドルをクリエイトする」(宗像明将・著)発売記念トーク&特典会決定!
開催日時:2016年5月17日(火)19:30〜(観覧無料)
場所:渋谷 HMV&BOOKS TOKYO
出演:渡辺淳之介(株式会社WACK代表)、宗像明将(音楽評論家)&ゲスト???

「渡辺淳之介 アイドルをクリエイトする」発売記念イベント開催が決定。

本書では書けなかった話やカットされた話など、聞くと一層楽しんで読むことが出来るトークショーと特典会を開催。

特典会は渡辺淳之介と宗像明将のサイン会、チェキ会を開催。
HMV&BOOKS、イベント会場で1冊購入で渡辺淳之介と宗像明将のサイン会参加、2冊購入でゲスト含む参加メンバーとの全チェキを行います。

サイン会は「渡辺淳之介 アイドルをクリエイトする」をお持ちいただければ他店舗でご購入のものでも、見返し部分に渡辺淳之介または宗像明将、どちらか1名のサインをお入れします。

注意
※イベント参加券は整理番号順付きですが、ランダムでのお渡しとなります。番号はお選びいただけません。
※イベント券の盗難・紛失に関しまして、いかなる場合も再発行はいたしません。
※当日はスタッフの誘導に従っていただきますようお願いいたします。
※イベントは予告なく内容が変更、もしくは中止になる場合がございます。

<<<内容更新や新規リリイベなど情報は随時Twitterで更新していきます!!>>>

■■■■■■■■■■■■■■■
design studio STUDS / MOBSPROOF official web
twitter→
★Children are future! PUNK MAGAZINE MOBSPROOF★

この記事をはてなブックマークに追加

カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2016

2016-04-27 19:43:42 | Weblog

 3周年を迎えたミニシアター・新宿シネマカリテ(昨日の「雨上がりの『Aさんの話』にも取り上げられていましたね)が贈る魅惑の映画祭「カリテ・ファンタスティック!シネマ・コレクション2016」(略して「カリコレ2016」) が、真夏の7月16日(土)〜8月19日(金)の5週間に渡り開催。3回目を迎える本年度は上映本数、内容ともに例年より更にパワーアップ! 第1弾では、ジャンルや国境を超えた選りすぐりの新作、旧作、未公開作全48タイトルがラインナップされています。メインヴィジュアルはイラストレーターの田中梓の描き下ろしイラスト。永遠の定番作品『『江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間』も上映です。

<オープニング作品>
『Everybody Wants Some!! (原題)』(アメリカ)

<先行プレミア作品>
『神様の思し召し (仮題)』(イタリア)
『A WAR(原題)』(デンマーク)
『弁護人』(韓国)

<カリコレ発掘!NEW COMER>
『東京ウィンドオーケストラ』(日本)

<新作> グローバルでヴァラエティに富んだ特選40作品
『スロウ・ウエスト』(イギリス・ニュージーランド)
『ブリーダー』(デンマーク)
『マン・アップ!(仮題)』(イギリス・フランス)
『私を忘れないで』(韓国)
『ライオット・クラブ』(イギリス)
『プロヴァンスの休日』(フランス)
『神のゆらぎ』(カナダ)
『ウソはホントの恋のはじまり』(アメリカ)
『レーザーチーム 俺たち史上最弱のエイリアン・バスターズ!』(アメリカ)
『ボヴァリー夫人』(ドイツ・ベルギー・アメリカ)
『DEATHGASM(原題)』(ニュージランド)
『香港、華麗なるオフィス・ライフ』(中国・香港)
『ウィ・アー・ザ・ベスト!』(スウェーデン)
『エクスポーズ 暗闇の迷宮』(アメリカ)
『ヒップスター』(アメリカ)
『キャビン・フィーバー リブート』(アメリカ)
『ヴィジョン/暗闇の来訪者』(アメリカ)
『THE PERFECT GUY(原題)』(アメリカ)
『X-コンタクト』(アメリカ)
『ロック・ザ・カスバ!』(アメリカ)
『ZOOMBIES (原題)』(アメリカ)
『ローマ発、しあわせ行き』(アメリカ)
『キル・コマンド(原題)』(イギリス)
『アタック・オブ・ザ・キラー・ドーナツ』(アメリカ)
『アナザー 疑惑の殺意』(フランス)
『ベトナムの怪しい彼女』(ベトナム)
『The Trust(原題)』(アメリカ)
『パレス・ダウン』(フランス)
『ビヘイビア』(キューバ)
『オフィス 檻の中の群狼』(韓国)
『パーフェクト・ルーム』(アメリカ)
『サイレント・ナイト 悪魔のサンタクロース』(アメリカ・カナダ)
『JERUZALEM(原題)』(イスラエル)
『アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち』(アメリカ)
『ザ・ボーイ〜人形少年の館〜』(アメリカ)
『マインズ・アイ(原題)』(アメリカ)
『京城学校:消えた少女たち』(韓国)
『LES ANARCHISTES(原題)』(フランス)
『ZIPPER/ジッパー エリートが堕ちた罠』(アメリカ)
『おとなのワケあり恋愛講座』(アメリカ・イギリス)

<大井武蔵野館MEMORIAL>
『江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間』(日本)

<ミニシアター GOLD SELECTION>
『アメリ(フランス)

<インディペンデント魂!ヘラルド映画黄金伝説>
『ラストコンサート』(イタリア・日本)
…and more!

「カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2016」
開催期間:7月16日(土)〜8月19日(金)の5週間
開催場所:新宿シネマカリテ(〒160-0022 東京都新宿区新宿3丁目37-12 新宿NOWAビルB1F)
入場料金:新作1500円均一(リピート割で1200円)、旧作1000円均一
映画祭HP http://qualite.musashino-k.jp/quali-colle2016/
シネマカリテtwitter @cinema_qualite
カリコレ特設FB https://www.facebook.com/qualicolle16

©カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2016実行委員会


この記事をはてなブックマークに追加

ジャニス・ジョプリン伝記映画『ジャニス:リトル・ガール・ブルー』

2016-04-26 10:08:54 | ROCK

 ジャニス・ジョプリンの最新ドキュメンタリー映画『JANIS:LITTLE GIRL BLUE』が、『ジャニス:リトル・ガール・ブルー』の邦題で、2016年9月よりシアター・イメージフォーラムほか全国での公開が決定(配給:ザジフィルムズ/ 提供:キングレコード)。

 誰にも真似出来ないソウルフルな歌い方と心を鷲掴みにする特徴的なハスキーボイス、ロックスターとしての逸話の数々、そして女性としての自由奔放な生き方で、今なお圧倒的な人気を誇るロック史上最も偉大な女性シンガー、ジャニス・ジョプリン(1943.1/19〜1970.10/4)のドキュメンタリー映画『ジャニス:リトル・ガール・ブルー』の公開が決定。

 テキサスの田舎町で、ごく普通の中流の家庭で生まれたジャニスは、容姿へのコンプレックスや元来の内気で繊細な性格から、学校になじめず、他の生徒から孤立を深める。しかし、やがてブルースやフォークに出会い、自分でもバンドを結成。63年、フラワー・ムーヴメントの中心地サンフランシスコへ単身趣き、そこで圧倒的な歌唱力から歌手としての存在感を高め、ビッグ・ブラザー&ザ・ホールディング・カンパニーに加入。67年の『モンタレー・ポップ・フェスティバル』でのライヴで、一夜にしてスターダムにのし上がった彼女は、69年の『ウッドストック・フェスティバル』への出演、70年の列車に乗ってカナダを横断しながら行うツアー『フェスティバル・エクスプレス』など精力的に活動し、60年代後半、公民権運動やベトナム反戦運動、ウーマンリブなどカウンターカルチャーが吹き荒れる激動の時代の象徴として一躍、大きな脚光を浴びた。しかし、1970年10月4日、アルバム『パール』のレコーディング中にヘロインのオーバー・ドーズにより27歳の若さで死去。

 本作は遺族の全面協力によりバンドメンバーや親しい友人、昔の恋人、家族といった生前ジャニスの最も身近にいた人々からのインタビュー映像と、故郷を離れロックスターとして大きな注目を浴びるようになっても、変わらずにずっと書き続けていた両親や兄弟、恋人へのパーソナルな手紙を軸に、ロックスターとしてのジャニス・ジョプリンではなく、一人の女性としてのジャニス・ジョプリンを立体的に描いている。

 監督は社会性の強いテーマをエッジの効いた作風で描き、高い評価を得てきたエイミー・バーグが担当し、同じ女性としてジャニス・ジョプリンの素顔を丁寧に描き切っている。

Janis: Little Girl Blue 2015 Official Trailer [HD 1080p]


-------------------------------------------

『ジャニス:リトル・ガール・ブルー』9月よりシアター・イメージフォーラムほか全国順次ロードショー
(2015年 / アメリカ / カラー / DCP / 103分 / 原題『JANIS:LITTLE GIRL BLUE』)

監督:エイミー・バーグ(『フロム・イーブル〜バチカンを震撼させた悪魔の神父〜』)
製作:アレックス・ギブニー(『エンロン巨大企業はいかにして崩壊したのか?』『「闇」へ』)
出演:
サム・アンドリュー、ピーター・アルビン、デイヴ・ゲッツ(以上、ビッグ・ブラザー&ホールディング・カンパニー)、
クリス・クリストファーソン、カントリー・ジョー・マクドナルド、ボブ・ウィアー(グレイトフル・デッド)、
デヴィッド・ドルトン(作家)、クライヴ・ディヴィス(コロンビア社長)、ディック・キャヴェット(TVタレント)、
ローラ・ジョプリン(妹)、マイケル・ジョプリン(弟)ほか

アーカイブ映像:ジャニス・ジョプリン、オーティス・レディング、ジョン・レノン、オノ・ヨーコ、ピンクほか

配給・宣伝:ザジフィルムズ
提供:キングレコード
(c) 2015 by JANIS PRODUCTIONS LLC & THIRTEEN PRODUCTIONS LLC. All rights reserved.


MOBSPROOF EX『ロックドキュメンタリー映画祭 轟音と激闘の記録! 音楽ドキュメンタリー大全』全国書店、CDショップなどにて発売中!
TOWER RECORDS
HMV
disk union
amazon
レコードショップBASE
MCR COMPANY

この記事をはてなブックマークに追加

遅くなりましたがリリイベありがとうございました!

2016-04-24 23:43:57 | work

 4/8に発売が開始された「ロックドキュメンタリー映画祭」。4/12はタワレボ特番放送、4/15はHMV & BOOKS TOKYOでイベントでした。ご視聴&ご来場いただいた皆様ありがとうございました。

 タワレボはJOJO広重(非常階段)、植地毅、杉谷隆一(振付稼業air:aman)、平田裕介という強力な出演者ということもあり、脅威の総視聴者数11万5千人越え。紹介した作品も各人の色が濃く出ていて、約2時間があっという間に過ぎた面白さでした。



 HMVのイベントはタワレボのJOJOと同じく、インタビューに登場してもらったテンテンコ(ex BiS)のおすすめ作品紹介コーナーと、本書の巻末で常識外れのQ数で掲載されている、衝撃の心霊パンクドキュメンタリー映像版の上映とその当事者が語るコーナーの2部構成。立ち見も出て大盛況のうちに終了しました。HMV & BOOKS TOKYOはお洒落な場所なのですが、上映が始まった途端一気にフロアがアンダーグラウンドな雰囲気に包まれました。
 そんなMOBSPROOF EX『ロックドキュメンタリー映画祭 轟音と激闘の記録! 音楽ドキュメンタリー大全』は全国書店、CDショップなどで絶賛発売中! 発売から一週間以上チャート上位をキープし、パンクスの底力を見せつけられた版元はビックリしています(笑)。

 今週28日にはMOBSPROOF EX第2弾「渡辺淳之介 アイドルをクリエイトする」が発売。一気に毛色が変わったと思う人もいるかもしれませんが、この本の真髄は読むと分かると思います。とんでもないスキャンダラスかつスリリング、それでいて人生に悩む人の指針になるという重層的な魅力を放つ自伝となっています。
 「ロックドキュメンタリー映画祭」と「渡辺淳之介 アイドルをクリエイトする」は下記で購入出来ます。よろしくです!!
amazon
TOWER RECORDS
HMV
disk union



この記事をはてなブックマークに追加

「ロックドキュメンタリー映画祭」タワーレコード協力店舗 特典くじキャンペーン

2016-04-07 13:23:14 | ROCK
 タワーレコード渋谷店、新宿店、名古屋パルコ店、梅田NU茶屋町店の店頭で『ロックドキュメンタリー映画祭 轟音と激闘の記録! 音楽ドキュメンタリー大全』をお買い上げいただいたお客様に、本書籍掲載映画の関連グッズが当たる抽選キャンペーンを開催!
※1冊お買い上げで1回抽選

開催は入荷日より!

◎特典・賞品の一例
※店舗によりご用意の無い場合もございます。1点しかないものも多いので先着で無くなり次第終了!
FILMAGE
ステッカー
、劇場パンフレット、トートバック

GG ALLIN 全身ハードコア
ステッカー

THE CRAMPS 精神病院ライブ
ステッカー
、劇場パンフレット

アナーキー
劇場パンフレット

kocorono
劇場パンフレット、ピック

GET ACTION!!
劇場パンフレット

THE DOORS / WHEN YOU’RE STRANGE
バッジ(黒・大)
、バッジ(白・大)
JOHN LENNON / NEWYORK
バッジ(大)

PUNK’S NOT DEAD
バッジ(3個セット)

極悪レミー
ピック

DEATH A Band Called Death
ポスター

CRASS:THERE IS NO AUTHORITY BUT YOURSELF
ポスター

LOOKING FOR JOHNNY ジョニー・サンダースの軌跡
ポスター、劇場パンフレット

スライストーン
ポスター、劇場パンフレット

この記事をはてなブックマークに追加

MOBSPROOF EX「渡辺淳之介 アイドルをクリエイトする」発売決定!

2016-03-10 11:58:21 | work
「ロックドキュメンタリー映画祭」と同じく、去年からず〜っと言いたくて我慢していたMOBSPROOF EX 第2弾「渡辺淳之介 アイドルをクリエイトする」の情報公開! 詳細はこちら!!

MOBSPROOF EX CREATOR LIFE is HARD
書名 「渡辺淳之介 アイドルをクリエイトする」
著者 宗像明将

BiS、BiSH、POP…快進撃を続ける渡辺淳之介のエモ過ぎる自伝発売!

5月4日のBiSHメジャーシングル発売直前の4月28日に、そのプロデューサー・マネージャーである渡辺淳之介の早すぎてエモすぎる自伝が発売される!

BiSでアイドル界に革命を起こし、自身の事務所WACKを立ち上げ、BiSHやPOPのプロデュースで再び数々の話題を生み出し続けている渡辺淳之介。本書は彼の爆誕から現在までを長時間に渡る取材とBiSH、POP、松隈ケンタら関係者の証言で、ベールに包まれていた数々のスキャンダラスな活動の真実に迫った一冊。学生時代にドロップアウトし、そこから一発逆転して紆余曲折を経て成功をおさめたエモーショナルな自伝は、これまで語られてこなかった過去や、パブリック・イメージとは異なる意外な内面をも描いており、人生に悩む若い世代に向けた人生の指南書でもある。

インタビュアーは最初期からBiSを追い続け、高い熱量と情報量を持つ文章で知られる音楽評論家・宗像明将。巻末にはギュウゾウ(電撃ネットワーク)との特別対談、BiSH、POP、松隈ケンタらへのインタビューを掲載。

2016年4月28日発売
仕様:四六判/192ページ/並製本 定価:1500円(税別)
発行:出版ワークス 発売:河出書房新社
ISBN:978-4-309-92085-6 C0095

「渡辺淳之介 アイドルをクリエイトする」特設ページ

[プロフィール]
渡辺淳之介 1984年生。スキャンダラスな話題と圧倒的な楽曲・パフォーマンスでアイドル界に革命を起こしたBiS。BiS解散後にWACKを設立し、POP、「もう一度BiSをやる」というコンセプトのアイドルグループ・BiSHをプロデュース。常に音楽業界に大きな話題を巻き起こしている。

宗像明将 音楽評論家。「MUSIC MAGAZINE」「レコード・コレクターズ」「Yahoo!ニュース個人」など、多数の媒体で執筆。高い熱量と情報量を持つ文章で知られ、アイドルへの造詣も深い。

この記事をはてなブックマークに追加

ロックドキュメンタリー映画祭発売記念番組&イベント

2016-03-07 12:00:00 | punk/HARDCORE PUNK
 『ロックドキュメンタリー映画祭 轟音と激闘の記録! 音楽ドキュメンタリー大全』発売を記念して、タワーレコードのストリーミング・メディア<タワレボ>で特番配信とHMV&BOOKS TOKYOでイベント開催が決定!

「ロックドキュメンタリー映画祭」発売記念番組
[放送日時]
2016年4月12日(火)21:30〜 タワレボ 鑑賞:無料
[出演]
JOJO広重(非常階段)
杉谷一隆(振付稼業air:man)
植地毅
松原弘一良(MOBSPROOF)
ヤマダナオヒロ(†13th Moon†)
ゲスト:市村亮・古賀ゆきえ(キュリオスコープ

 全世界的に大きな盛り上がりを見せるロックドキュメンタリー映画を独自のセレクトで紹介した『ロックドキュメンタリー映画祭』(4月8日発売)発行を記念した番組が配信される。出演者のセレクトした傑作ロックドキュメンタリー映画に関するトークや、バンドTシャツコレクターとしても知られる杉谷による秘蔵Tシャツ紹介。また注目最新作品のトレイラーや情報、裏話など、この番組でしか楽しめない情報が満載。一筋縄ではいかない出演者ばかりの生配信!!
タワレボ:http://www.towerrevo.jp/

「ロックドキュメンタリー映画祭」発売記念イベント「トーク&秘蔵映像上映会」
[放送日時]
2016年4月15日(金)20:30〜 HMV&BOOKS TOKYO 7F 観覧:無料
[出演]
テンテンコ(ex BiS)
ギンティ小林(男の墓場プロ、「新耳袋殴り込み」「映画秘宝」など)
松原弘一良(MOBSPROOF) and more!?

 出演者のセレクトした傑作ロックドキュメンタリー映画に関するトークだけでなく、『ロックドキュメンタリー映画祭』で紹介されている衝撃の完全未公開秘蔵音楽ドキュメンタリーを上映。また飛び込みゲストがあるかも!? ここでしか観ることの出来ないこの映像は、『ロックドキュメンタリー映画祭』を読んでから観ても、観てから読んでも楽しめること確実。終演後は購入者を対象にサイン会も予定。

MOBSPROOF EX『ロックドキュメンタリー映画祭 轟音と激闘の記録! 音楽ドキュメンタリー大全』全国書店、CDショップなどにて予約受付中!
TOWER RECORDS
HMV
disk union
amazon
レコードショップBASE
MCR COMPANY

この記事をはてなブックマークに追加

[祈・拡散]ロックドキュメンタリー映画祭 予約開始!

2016-02-29 08:24:48 | punk/HARDCORE PUNK
今月頭にリリース情報を発表して盛り上がってきたMOBSPROOF EX『ロックドキュメンタリー映画祭 轟音と激闘の記録! 音楽ドキュメンタリー大全』。予約も少し遅れてスタートしました。もちろんいつものレコード店や、今までMOBSPROOFの取扱のなかった全国の書店でもご予約・ご購入可能です。現在、予約フォーマットのあるサイトは下記の通り。予約数の動きが良いと後に繋がるので何とぞよろしくお願いしまーす!!

TOWER RECORDS

HMV

disk union

amazon

レコードショップBASE

MCR COMPANY

過剰なほど情報を詰め込み過ぎている渾身の一冊! 詳細は下記。

「ロックドキュメンタリー映画祭 轟音と激闘の記録! 音楽ドキュメンタリー映画大全」

ロックドキュメンタリー映画を最狂執筆陣がメッタ斬る!!

パンク専門誌『MOBSPROOF』の新ライン「MOBSPROOF EX」が誕生。その第1弾がロックドキュメンタリー映画に焦点を当てた「ロックドキュメンタリー映画祭」!!
今年はイギリスで巨大なドキュメンタリー映画祭「DOC’n ROLL FESTIVAL」も開催され、国内でも「ザ・デクライン」をはじめ、年末まで数々の大型タイトルの公開が予定されている。本書ではいやが上にも盛り上がるミュージシャンのエモーショナル極まりない人生に迫ったロックドキュメンタリー映画のオールドスクールな作品から、上映前の最新作まで国内外合わせて極上の250作品以上を紹介!
レコードショップのスタッフが作品を紹介する「このドキュメントを喰らえ!」や、ミュージシャンのフェバリット作品について語ってもらうインタビュー「このドキュメントにやられた!」、ベッド・インの激マブ音楽ドキュメンタリー、パンクの歴史を記録し続けたターゲットビデオ、ゴス/デスロック/ポジパン映像入門、「新耳袋殴り込み!」のギンティ小林による超ロング音楽心霊ドキュメントコラムなど衝撃のコラムも充実!!

[インタビュー]
テンテンコ(ex BiS)/JOJO広重(非常階段)/津田紀昭(KEMURI)/日高央(THE STARBEMS)/TAISEI(SA)/景山潤一郎(THE PRISONER)

[執筆者一覧 (50音順)]
市川力夫/植地毅/尾崎テロル(TERROR FACTORY)/大坪ケムタ/お髭のマツオカ/ギンティ小林/国広克典(マーベリック・キッチン)/行川和彦/平田裕介/ベッド・イン/松田義人(deco)/松原弘一良(MOBSPROOF)/三澤藏六(切腹ピストルズ)/ヤマダナオヒロ(†13th Moon†)/ロビン前田(赤犬/男の墓場プロ) 

判型:A5判・176ページ 
予価:1,500円(税別) 
発行:出版ワークス 
発売:河出書房新社 
ISBN:978-4-309-92082-5 C0074

ロックドキュメンタリー映画祭特設サイト

この記事をはてなブックマークに追加

衰退、泥酔、絶望と3拍子揃った衝撃作が映画館で君を待つ! 『ザ・デクライン』予告編!!

2016-02-10 14:52:09 | punk/HARDCORE PUNK
『ロックドキュメンタリー映画祭 轟音と激闘の記録! 音楽ドキュメンタリー映画大全』でもガッツリ紹介している『ザ・デクライン』シリーズ3部作の日本版予告編が完成!
本誌読者的には3部作全部ツボでしょう。
衰退、泥酔、絶望と3拍子揃った衝撃作が映画館で君を待つ!!

観たくても観れなかった、まさに伝説!
ダービー・クラッシュ(GERMS)は「ビールくれ!」と叫び、オジー・オズボーンはジュースをまともにコップに注げない。
ロック・ドキュメンタリー史上最高峰とも云われる3部作衝撃の予告編が解禁!
公式サイトもオープン!!

『ザ・デクライン』3部作予告編


『ザ・デクライン』
THE DECLINE OF WESTERN CIVILIZATION
出演:BLACK FLAG、GERMS、FEAR、ALICE BAG BAND、CATHOLIC DISCIPLINE、CIRCLE JERKS、X
(1981年アメリカ映画/1986年劇場公開作品/100分)

3/19〜25:新宿シネマカリテ 3/26〜4/1:渋谷HUMAXシネマ

『ザ・デクライン』予告


アジトの教会を紹介するBLACK FLAG。「ビールくれ!」−ダービー・クラッシュ(GERMS)、リー・ヴィング(FEAR)は客を殴打して「レコード会社の人間は死ね」と叫ぶ!
最後に遺された革命、LAパンク暴発の瞬間をおさめた衝撃の記録。
★2014.8.15付Rolling Stone誌「史上最高のロックドキュメンタリーTOP40」−第5位
★2015.7.23付 PASTEMAGAZINE「史上最高のパンクロック・ドキュメンタリーベスト10」−第1位

『ザ・メタルイヤーズ』
(1988年アメリカ映画/1989年劇場公開作品/94分)
THE DECLINE OF WESTERN CIVILIZATION PART II: THE METAL YEARS
出演:スティーヴン・タイラー、ジョー・ペリー、アリス・クーパー、ジーン・シモンズ、ポール・スタンレー、レミー、オジー・オズボーン、POISON、クリス・ホームズ、LIZZY BORDEN、FASTER PUSSYCAT、SEDUCE、ODIN、LONDON、MEGADETH

3/26〜4/1:新宿シネマカリテ 4/2〜4/8:渋谷HUMAXシネマ

『ザ・メタルイヤーズ』予告


オレンジジュースをこぼすオジー。泥酔して孤独を語るクリス・ホームズ(W.A.S.P.)。丘にそびえ立つレミー。
華美な装飾に彩られた幻想、LAメタルのショッキングな実情をおさめた衝撃の記録。
★2015.6.30付telegraph.co.uk「史上最高の音楽ドキュメンタリー映画ベスト25」−第3位
★2015.10.16付 VULTURE「史上最高の音楽ドキュメンタリーベスト50」−第2位
★2015.5.22付Esquire.com「史上最もヘヴィ・メタルな映画20選」選出

『ザ・デクライン掘
(1998年アメリカ映画/日本未公開/86分/描かれる音楽ジャンル=ガター・パンクス、パンクロック)
THE DECLINE OF WESTERN CIVILIZATION: PART III
出演:多くのガター・パンクス、スティーヴン・チャンバーズ、ゲーリー・フレド(ロサンゼルス市警察)、FINAL CONFLICT、LITMUS GREEN、NAKED AGGRESSION、THE RESISTANCE、キース・モリス(CIRCLE JERKS)、フリー(レッド・ホット・チリ・ペッパーズ)

4/2〜4/8:新宿シネマカリテ 4/9〜4/15:渋谷HUMAXシネマ

『ザ・デクライン掘


ビールを愛し、路上で小銭をせびる。廃屋に不法に棲みつく。社会を完全脱落。
破滅と絶望に支配された、明日なきLAガター・パンクスの生態をおさめた衝撃の記録。
★1998年シカゴ地下映画祭・最優秀審査委員賞受賞
★1998年サンダンス映画祭・表現の自由賞受賞・審査員特別賞ノミネート

『ザ・デクライン』(C) 1981 Spheeris Films Inc. All Rights Reserved.
『ザ・メタルイヤーズ』(C) 1988 IRS World Media and Spheeris Films Inc. All Rights Reserved.
『ザ・デクライン掘(C) 1998 Spheeris Film Inc. All Rights Reserved.

THE DECLINE ホームページ

この記事をはてなブックマークに追加

MOBSPROOF EX ロックドキュメンタリー映画祭 4/8発売!

2016-02-08 11:43:37 | punk/HARDCORE PUNK
MOBSPROOF EX 第1弾!
『ロックドキュメンタリー映画祭 轟音と激闘の記録! 音楽ドキュメンタリー映画大全』
2016年4月8日刊行予定!

パンク専門誌MOBSPROOF責任編集!
ロックドキュメンタリー映画を最狂執筆陣がメッタ斬る!!

出版社をだまくらかして立ち上げたパンク専門誌『MOBSPROOF』の新ライン「MOBSPROOF EX」が遂に誕生。
“THE GREAT PUBLISHING SWINDLE”な活動を刮目して見届けよ!!
その第1弾としてロックドキュメンタリー映画に焦点を当てた「ロックドキュメンタリー映画祭」を4/8にリリースするぞ。

今年はイギリスで巨大なドキュメンタリー映画祭「DOC’n ROLL FESTIVAL」も開催され、国内でも『ザ・デクライン』シリーズなど大型タイトルが公開される。
本書ではいやが上にも盛り上がるミュージシャンのエモーショナル極まりない人生に迫ったロックドキュメンタリー映画の、オールドスクールな作品から最新作まで国内外合わせて極上の250作品以上を紹介!
TOWER RECORDS、HMV、diskunion、BASEのスタッフが作品を紹介する「このドキュメントを喰らえ!」や、ミュージシャンのフェバリット作品について語ってもらうインタビュー「このドキュメントにやられた!」、ベッド・インの激マブ音楽ドキュメンタリー、パンクの歴史を記録し続けたターゲットビデオ、ゴス/デスロック/ポジパン映像入門、音楽心霊ドキュメントなど衝撃のコラムも充実!!
表紙のモデルも本誌お馴染みのClockwork Kenji(HAT TRICKERS)、ヨーカイ(∴)、Lucy(SYAS)の3人!

リリースイベントも続々と決定。来月に詳細発表予定。

[インタビュー]
テンテンコ(ex BiS)/JOJO広重(非常階段)/津田紀昭(KEMURI)/日高央(THE STARBEMS)
TAISEI(SA)/景山潤一郎(THE PRISONER)

[執筆者一覧 (50音順)]
市川力夫/植地毅/尾崎テロル(TERROR FACTORY)/大坪ケムタ/お髭のマツオカ/ギンティ小林
国広克典(マーベリック・キッチン)/行川和彦/平田裕介/ベッド・イン/松田義人(deco)
松原弘一良(MOBSPROOF)/三澤藏六(切腹ピストルズ)/ヤマダナオヒロ(†13th Moon†)
ロビン前田(赤犬/男の墓場プロ) 

判型:A5判・176ページ 予価:1,500円(税別) 発行:出版ワークス 発売:河出書房新社 ISBN:978-4-309-92082-5 C0074

特設サイト:ロックドキュメンタリー映画祭

この記事をはてなブックマークに追加