しろみ茂平の話

郷土史を中心にした雑記

茂平の季節行事

2017年03月21日 | 暮らし
姉の話
2017.1.30

xxxxxxxxxxxxxxx


(茂平でもよその家は含まず)

行事

ひなまつり
ない

正月
餅つき

節分
豆をいって
豆まき。

入学卒業記念
なし

端午の節句
鯉のぼりを立てる。
門のところへコロコロまるいのを付けて。
竹竿を天気のいい日に立ちょうた。
風のある日は倒れそうになりょうた。
屋根にショウブを投げたり風呂に入れる。
かしわ餅をつくる。

七夕
竹をどっからかとってきて、それをこよりをくくって飾りょうた。
(夏休みの旧暦の7月7日に)海へ流しょうた。

お盆
灯篭を縁側に吊り下ぎょうた。
水棚を建て、
洗濯の棒にナスビやこをひっかきょうた。
おじいいちゃん(祖父)が
「あそこへ先祖さまが墓から帰ってくる」ようた。
幽霊が帰ってくる思ようた。
ナスや提灯目指して帰ってくるんかなあ思ようた。

彼岸
お盆が過ぎて、すぐ彼岸になりょうた。
彼岸の餅みたなものを、黄な粉をまぶしてお母さんがつくりょうた。
仏に祀りょうた。

重陽の節句
しらん。

七五三
してない

クリスマス
寝とったらお母さんが茶色の袋にお菓子を少し入れて置いてくりょうた。
起きてこっそり見ようた。
よその家にしているので、うちにもと思い小さな袋を折ってから入りょうた。
可哀そうななあ思ようた。

xxxxxxxxxxx

家族の誕生会
なし

結婚記念日
なし

七五三
してない

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日比遊郭 ②「日和申し」 | トップ | 茂平の雑魚 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL