しろみ茂平の話

郷土史を中心にした雑記

ツボキの話

2017年03月21日 | 父の話
父の話・2003.8.31

ツボキの話

便所からツボキへもっていって腐らす。
家のねきなら臭いけえ、たいがい家から離れたところにもっとった。
ウチには新涯へあった。
腐る時分に畑へ使ようた。

注記・ツボキは「肥溜め」または「野壺」が標準語



干しイチジク

白トウガキをうむし小屋へ、練炭と硫黄をいれる。
晩に火をつけて入れると朝には燃えてしもうとる。
7~8段にしてうむす
(次の日から)毎日天日で干す。
晩は重ねて夜はしもうて、朝また干す。
最初はちょっともんで、硬うなるほどよぅもんで。
11月で寒うなってくりゃあ(白い糖ぶんが)つきょうた。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新聞紙の再利用 | トップ | とうやんの話 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL