吉良吉影は静かに暮らしたい

植物の心のような人生を・・・・、そんな平穏な生活こそ、わたしの目標なのです。

偉人評伝(01)『ブッダ(シャカ・ムニまたはゴータマ・シッダルタ)』

2017-06-15 17:55:30 | 偉人の足跡に学んでみようか
 新シリーズ(?)なんてものになるかどうか、まだわかりませんが・・・・。

 『賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ』といいます。
 偉大な人物の行跡を紹介するコーナーをつくってみることにしました。

 第1回は『ブッダ』です。

 仏教の創始者ということになっているのですが、ブッダの教えは今の仏教とはかなり異なります。

 私が知る限り、ブッダはあの世について述べたことはありません。極楽や地獄について語ったこともありません。
 これはスゴク特異なことだと思うのです。

 大抵の宗教は死後の世界について語るのです。

 イエス・キリストは『富んでいる者が神の国にはいるよりは、らくだが針の穴を通る方が、もっとやさしい』と言って喜捨を勧めます。『誰も見たことがない「あの世」の幸せのために現世利益を捨てよ』と説くのです。悪い言葉で言えば、これ、究極の詐欺ではありませんか。

 あの、ソクラテスでさえ毒杯をあおる前に(これから行くであろう)理想の世界について延々と語るのです。
 誰しも死ぬのは怖いのです。でも、考えてみれば「人は死を体験できない」ので、恐れるようなものではないのです(←ヴィトゲンシュタインの言葉『生きている人間は死を体験できない』から引用しています)。
 『死ぬ瞬間ってチクッと痛いんじゃないか?と思うとそれが怖い』なんてヒトもいますが・・・・。

 本題に戻ります。ブッダが考えたのは『人はなぜ苦しむのだろう』ということです。
 四苦八苦という言葉がありますが、本来これは仏教の言葉です。
 四苦とは『生・老・病・死の4つの苦しみ』・・・老・病・死は分かり易いですが、ブッダによれば、生も苦しみです。
 これに「愛別離苦(あいべつりく)」,「怨憎会苦(おんぞうえく)」,「求不得苦(ぐふとくく)」,「五陰盛苦(ごおんじょうく)」の4つの苦しみを合わせて全部で八苦となります。

 「愛別離苦」愛する人と離れる苦しみ、転勤や死別などで愛する人と離れなければならない『それは苦しみである』というのです。「怨憎会苦」憎い相手と会わなければならない苦しみ、例えば会社に行くと嫌な上司とまた顔を合わさなければならない『それは苦しみである』というのです。「求不得苦」求めても得ることができない苦しみ、卑近な例ですが、新しいスマホが欲しいんだけど、お金がない『それは苦しみである』というのです。「五陰盛苦」は『ものごとに執着することで生じる苦しみがある』というのです。

 これらの苦しみから自由になる方法・・・それこそが『執着を捨てよ』という極意なのです。
 執着こそが苦しみの原因であり、愛さえも執着であるというのです。これを実践したブッダは王子という立場を捨て、妻を捨て、ひとり修行に励みます。何やら人生の極北のような思想です。そして行きついた答えが『あらゆる執着を捨てること』もはや究極の断捨離です。
 
 あろうことか自分の教え(教義)にも執着するなとブッダは言います。
 『私の教えは川を渡るための筏(イカダ)のようなものだ。向こう岸に着いたら筏を捨てるがいい』と。
 こんな恐ろしいことを言う教祖がいるでしょうか?まず他には例がないと思います。

 ブッダは立ち寄った先で出された食事が原因で(たぶん)食中毒になり、この世を去ります。
 弟子たちは大いに嘆き悲しみますが、執着を捨て去ったブッダはひとり静かに死んでいきます。


 長谷川等伯『仏涅槃図
ジャンル:
その他
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Queen『オペラ座の夜』1... | トップ | STOP!!!ABE (安倍政権の暴走... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
実に面白い!失礼!! (流生)
2017-06-16 08:40:12
いや~実に面白く拝見しました。
後でまたゆっくりと。

新シリーズ
『ブッダ』
興味ある文体にも惹かれ←分かりやすい!
なかなか読み出してても難しくて挫折してしまいます。
管理人さんの例え話で何故か納得して読み進んでしまい。。。
えーー『ブッダ』
食中毒で死んだ!あちゃー

いやはや実に面白く拝見しました!
ぜひ是非シリーズ化希望致します!
あ~~~面白かった←失礼しました。
良かった☺ (管理人)
2017-06-16 19:32:44
お楽しみ戴ければ嬉しい限りです(^o^)。
ブッダの亡くなる際の様子は『📖涅槃経』に詳しく描写されているそうです(私は読んだことはありませんが🐱)。ブッダの最後の旅と、病に倒れて苦しむ様子も描かれていて、症状から考えると食中毒だと類推されるようです。
Unknown (テクテク)
2017-06-16 20:59:01
こんばんわ。

絶対読まないようなブッタの物語。
面白かったです。
ブッタが食中毒でコロリとは意外でした。
拘りを捨てるのはいいかもしれませんが、
捨てられた奥さんは泣いたでしょうね・・
絵が物凄く面白いです。
Unknown (テクテク)
2017-06-17 20:39:44
ブッタじゃなく(^。^;

ブッダなんですね(^。^;



長谷川等伯って結構ゲテモノです😅。 (管理人)
2017-06-19 00:01:51
松林図屏風ばかりが有名な長谷川等伯ですが、それ以外の作品は結構ゲテモノです。
映画『花戦さ』に登場する『むじんさい(無尽斎⁉)』のモデルとも言われています。
映画とは違って息子が狩野派に暗殺されたとの説がありますが、真偽の程は分かっていません。
漢字で書くと『仏陀』です😄。 (管理人)
2017-06-19 00:07:55
『仏陀』をひっくり返すと、『お陀仏』になります☺。
『オシャカになる』とか、ブッダに関する言葉は入滅を意味する言葉が多いです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。