吉良吉影は静かに暮らしたい

植物の心のような人生を・・・・、そんな平穏な生活こそ、わたしの目標なのです。

野村萬斎主演『花戦さ(はないくさ)』2017年東映

2017-06-06 22:56:00 | 映画・ドラマを観て考えよう
 『先天性相貌失認(いわゆる失顔症)というハンデを負いながら池坊の執行となった初代専好が、花を活けることで秀吉の頑なな心に斬り込み、美におけるダイバーシティ(多様性)を認めさせる』簡単に言えばそのようなお話。



 期待して観に行ったのですが、ストーリーそのものは『ありきたり』の域を出ない。

 『花で戦(いくさ)をする』というのだから、もっと奇想天外な戦略を展開するストーリーを期待したのだが、行ったのは前田家で活けた『大砂物』という大作、これ一品のみ。

 これを観に来た秀吉に『どの花がお好きでしょうか?』と問い、その答えから『世界にひとつだけの花』的な結論を引き出させる、ただそれだけの話に127分掛けるだけの価値があるのかどうか、意見の分かれるところでしょう。

 ただ、今回の見どころは流石に池坊が全面協力しただけのことはあって、見事な立花の作品を立て続けに観ることができます。

 そして大作の『大砂物』・・・自然の枝を使うんじゃなくて、枝にホゾを切って組み込むことで見事な枝ぶりを作り上げる・・・ここまでやるともうオブジェです(水上げなんか無視してます!)・・・・ええ、もはや宮大工の仕事ですとも。

 この枝組みのワザが物語のオチとなってるんですが、これはまた『言わぬが花』です。

 そして原作とは異なるラストは・・・これは池坊専好の白昼夢と思えばよいのでしょう。CGで彩ってますからね。

 映画ではなく、池坊の立花を観に行くつもりならイイんじゃないですか?
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ベルギー奇想の系譜展(兵庫県... | トップ | Queen『オペラ座の夜』1... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは。 (なずな)
2017-06-07 00:54:59
観に行こうかな~?
どうしようかな~?
と、思っていましたが、
DVDが出てからレンタルすることにします(笑)
レンタルする前にどうぞ。 (管理人)
2017-06-07 10:35:46
勅使河原 宏監督『利休』(1989年松竹)
同じテーマを論じても、こちらの方が見応えがあります。千利休を演じるのは三國連太郎(『花戦さ』で利休を演じた佐藤浩市の父親)です。三國連太郎の『利休』を観てしまうと佐藤浩市は”まだまだ”です。
あと、古田織部を描いた『へうげもの』は、アニメまたはコミックで押さえておきたいところです。
こんにちは (楽母)
2017-06-08 16:22:30
TBありがとうございました。
おっしゃる通り、豪華キャストの割に話自体は平凡でしたよね。
ラストの蓮の出現からCGの場面って必要かなぁ?と思いながらもジモティーということでロケ地には興味津々で見ていました(笑)
また、面白い映画などありましたら教えてくださいね。
コメントありがとうございます。 (管理人)
2017-06-09 10:00:16
蓮の父親である"むじんさい(無尽斎?)"の話は長谷川等伯がモデルでしょうか?

史実では逆に息子が(狩野派に?)殺されてしまうのですが・・・・。

ところで長谷川等伯って、松林図屏風以外の作品は結構ゲテものが多いと思いませんか?

コメントを投稿

映画・ドラマを観て考えよう」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
花戦さ (花ごよみ)
鬼塚忠の同名小説が原作。 監督は篠原哲雄。 舞台は京都。 織田信長から、豊臣秀吉へと 移行した時代。 花僧である池坊専好が、 花の力をもって秀吉に挑む。 野村萬斎が池坊専......
花戦さ (2016) 127分 (極私的映画論+α)
 主人公は発達障害?