吉良吉影は静かに暮らしたい

植物の心のような人生を・・・・、そんな平穏な生活こそ、わたしの目標なのです。

八代亜紀 『 夜のつづき』(ユニバーサルミュージック/2017年10月11日発売)

2017-10-20 12:53:00 | 洋楽邦楽を問わず音楽はイイ
 先日からブログを開くと毎回広告が載っていて、さっそく買ってしまいました(我ながら宣伝にヨワイ・・・と)。



 前作『夜のアルバム』も買ってますからね~、仕方ないですね~。

 で、特典のハガキもゲット!

 わーい♪ヽ(∩。∩゛ヽ)(ノ〝∩。∩)ノわーい♪・・・我ながら単純!

 前作と同じジャズ・アルバムですが、聴き慣れたメロディーが多くて、こちらの方が歌謡曲寄りかな?と思います。
 今回はどの曲も八代亜紀の個性が強く出ています。中にはアレンジが激しくて、題名を確認しないと元の曲が分からないものも・・・。

 構成は・・・

 01.帰ってくれたら嬉しいわ
 02.フィーヴァー
 03.黒い花びら
 04.涙の太陽
 05.旅立てジャック
 06.ワーク・ソング
 07.カモナ・マイ・ハウス
 08.にくい貴方
 09.恋の特効薬
 10.夜のつづき (赤と青のブルース)
 11.赤と青のブルース
 12.男と女のお話
 13.夜が明けたら

 『ド演歌は絶対拒否だけど八代亜紀だけは許す』という私のようなファンには絶好の一品。
 このCDを掛けていると豪華なディナー・ショウに行った気分になれます。

 ではサワリだけですが一曲どうぞ・・・八代亜紀「帰ってくれたら嬉しいわ」
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

ティムール・ヴェルメシュ『帰ってきたヒトラー(上・下)』河出文庫/2016年7月30日11刷

2017-10-19 08:39:24 | 紙の本を読みなよ 槙島聖護
 かなりアブない本なのです。



 ベルリンの地下壕で死んだはずのヒトラーが、現代にタイムスリップして蘇る。
 しかも70年前と変わらない主義主張を人々に訴える・・・と、誰もが『これはヒトラーをパロったビルボード芸人に違いない』と思い込んでしまい、ヒトラーはたちまちメディアの寵児となってしまう。台本無しで持論を延々とブチ上げると聴衆は拍手喝采、彼は持ち前の知力で70年間の技術革新に追いつき、たちまちのうちに現代社会を認識し理解する。メディアとインターネットを駆使して主張を展開するやアクセスは70万回を超え『狂気のユーチューブヒトラー』として賛否両論の嵐を巻き起こす。

 映画化されたので、中にはご覧になった方もいらっしゃるかと思います。

 ※映画のサイトを観たい方はこの(↑)画像をクリック!

 この本、東大・京大生が選ぶ本のトップ1に輝いたそうで、ウケているらしいのです(大丈夫なのか?東大・京大生!?)。

 時あたかも(一昨日のニュースで)ヒトラーの故国オーストリアでは31歳の若いカリスマ指導者のもと難民排斥を訴えて極右政権が誕生・・・おお、歴史は繰り返しているではないですか!

 ヒトラーの論旨は首尾一貫していてブレない。聞いていると全く正当な主張に思えてしまう。
 実は前提そのものに誤りがあるのだが、聞いているうちにそれがどうでもよくなってしまう。

 この本では、こんな感じに彼の優生学的見解が語られて行きます・・・・
 犬の飼育とは、それを行う人間の程度を示す、たいへん興味深い例だ。そこにはまた、人種の無制限な交配がどんな結果をもたらすかが浮き彫りになっている。犬というのはとりわけ、管理をせずに放置すれば、相手を選ばず交尾して繁殖してしまう生き物だからだ。その結果、何が起きるのか?南欧の諸国を観れば答えは一目瞭然だ。無節制な交配から生まれた雑種犬は野良犬となり、野生化し、堕ちていく。だが、人間が秩序ある交配を行えば、雑種ではなく純血種の犬を増やし、それぞれの種を完全形に近づけていける。

 第一声に『案外マトモじゃないか?』。次を聞いて『確かにそうだろう』。段々と『そりゃそうだ』→『いや全く・・・』→『そうだそうだ!』→『その通りだ!』から『ジーク(勝利)!』,『ハイル(万歳)!』,『ジーク!』,『ハイル!』の大合唱に繋がっていく過程が描かれて不気味です。

 

 ヒトラーはTVメディアとインターネットを武器に世論を味方につけ、新聞社をインタビューでコテンパンにノシ上げ、現在の極右政党に乗り込んでその堕落ぶりを叩きのめし、支持を広げていく。一方でネオナチからは『ユダヤのブタめ!』と敵視され(これは笑える)、とうとう襲撃を受ける。

 退院したヒトラーが政界への進出を決意、再び歴史が動き始めることを予感させて物語は終わる。

 また歩き始めたヒトラーの新しいスローガンはこうだ『悪いことばかりではなかった』。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

ホルヘ・ルイス・ボルヘス『幻獣辞典』(晶文社/1974年12月25日初版)

2017-10-16 08:38:36 | 紙の本を読みなよ 槙島聖護
 古い本ですが私の蔵書から一冊紹介します。

 神話や文学作品等に登場する怪物や妖精たちについて網羅し解説した稀有の本。
 美術作品の絵解きに重宝するスグレモノ


 ※幻獣辞典:表紙はチェシャ猫とキルケニー猫

 ア・バオア・クー(Aの項)から始まってザラタン(Zの項)で終わる。

 例えば【セイレーン(Sの項)】に関する解説はこんな感じです。

(前略)『オデュセイアー』の語るところでは、セイレーンたちは船乗りを誘惑して船を難破させるのだが、オデュセウスはその歌声を聞いてなお生きていられるように、漕ぎ手たちの耳に蝋を詰め、自分のからだをマストに縛りつけさせた。セイレーンたちは彼を誘惑し、この世の一切の知識を約束する。(中略)神話学者アポロドロスが『ビブリオテーケー』に記している伝説によると、アルゴー船に乗っていたオルペウスはセイレーンたちよりも甘美な歌声を聞かせ、このために彼女たちは海に身を投じて岩に変えられた。魔力の利かなくなったときには死ぬ運命にあったのだ。スフィンクスもまた、謎が解かれたとき断崖から身を投げた。(後略)


 ※ハーバート・ジェイムズ・ドレイパー『オデュッセウスとセイレーン』(「怖い絵」展より)

 解説は実に的確。香気あふれる文章で読み物としても楽しめます。原典や参考文献の記載もあって、この本を中心に読み進めていくと、幻想文学や関連する美術作品について幅拾い知識を効率的に手にすることができる、私の大切な本のひとつです。
 ぜひとも一家に一冊常備すべき本です(ホンマかいな?)。

 
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

開館120周年記念特別展覧会『国宝』(京都国立博物館/10月3日~11月26日)

2017-10-10 12:12:12 | 日々美しいものに触れようよ
 すべてが国宝の展示会!・・・展示会に行くと『これとこれは国宝だから見逃せません』などと言うのが普通ですが、今回は全部国宝、どれも見逃せません!

 期間中、第1期から第4期まで微妙に入れ替えがあり、全部見るには4回行かないといけないのですが・・・私なりに『むうううう・・・・ん』と展示内容を検証して『10月15日までの第1期がベスト!』との結論に達しました。

 あの火焔式土器縄文のビーナス3体が!そして雪舟の国宝6点(*註)が揃うのは、この機会を逃せばもう無いでしょう!
 まもなく『美の巨人たち』や『日曜美術館』で紹介されるとワッと人が押し掛けるので、行くなら今しかありません!
 いそいそと京都に向かったのだった。

 ※註)雪舟の国宝6点:慧可断臂図, 天橋立図, 四季山水図巻, 秋冬山水図(2幅), 山水図, 破墨山水図


  
 ※チケット(これだけで展示内容の凄さは一目瞭然です)


 ※庭園に設置されたパネル(絶好の自撮りスポットになってました!)もちろん来てます!


 ※入口のパネル

 出品目録を受け取って進む。

 ※出品目録、Ⅰ・Ⅱ期の見どころが書いてある。

 入ってスグは『書跡』のコーナー。『土佐日記』の写本(思ったよりもずっと小さい!)や高名な『高野切(こうやぎれ)』が並んでいます。
 ここは混むので、全体をザッと見渡して次のコーナーへ。
 時間があったらまた戻ってくればイイのです。ひとつひとつ読んでいるといくら時間があっても足りません。

 第2エリア『考古』は充実。火焔式土器縄文のビーナス(土偶)が3体並んでます。


 ※火焔式土器(これ、完全な形で残っているンです。奇跡です!)


 ※縄文のビーナス, 仮面の女神, 縄文の女神・・・三体三様のデザインが美しい。

 ここで3階は終わり、2階へ移動すると絵画作品を中心とした展示が・・・。
 やはりメインは雪舟の国宝6点が集まった一室。

 ※秋冬山水図(左幅)・・・雪舟を代表する一幅です。

 1階は陶磁器と絵巻物そして工芸。

 『信貴山縁起絵巻』が楽しい。

 ※信貴山縁起絵巻・・・米俵が空を飛ぶ!

 『天寿国繍帳』も!教科書に載ってる美術品ばかり!

 ※天寿国繍帳・・・後世の補修部分の方が褪色が著しい。

 陶磁器も凄いです!志野天目青磁・・・あ~!書ききれないっ!

 ※志野茶碗(銘:卯花墻), 玳玻天目, 飛青磁花入

 疲れたので館内のレストランへ。

 ※庭園を眺めながらの食事。

 ここはハイアット・リージェンシーホテル直営なのです。

 ※ワインを飲みながらメインディッシュを待つ。

 さあ、元気になった。もう一周しよう!・・・結局その日は5時間掛けて見て回ったのだった!


 ※庭園もキレイで散策が楽しい。

 見どころがあまりにも沢山あり過ぎてとても紹介しきれない展示会です!
 興味のある方はこちらを!→http://kyoto-kokuhou2017.jp/works.html

 何回でも行きたいですね!
コメント (18)
この記事をはてなブックマークに追加

ブロンディ『パニック・オブ・ガールズ(2011年5月30日)』

2017-10-05 12:35:07 | 洋楽邦楽を問わず音楽はイイ
 デボラ・ハリー率いるブロンディ2011年のアルバム。


<収録曲>
1. "D-Day"
2. "What I Heard"
3. "Mother"
4. "The End the End"
5. "Girlie Girlie" (Sophia George cover)
6. "Love Doesn't Frighten Me"
7. "Words in My Mouth"
8. "Sunday Smile" (Beirut cover)
9. "Wipe Off My Sweat"
10. "Le Bleu"
11. "China Shoes"
12. "Please Please Me" (The Beatles cover/ボーナス・トラック)

 名曲『マザー』を含む11曲プラス1曲で構成。
 ボーナストラックはビートルズのカバーだけど微妙に替え歌(男女が逆)になってるのがミソ。

 オススメは「9」の"Wipe off My Sweat(ワイプ・オフ・マイ・スウェット・・・『汗拭いて!』)"
 ライブ版でどうぞ(↓)

 ・・・この曲、ワタシ的には映画『長ぐつをはいたネコ』のダンスシーンで使われてた記憶があるのだけれど、この前TV放映された時には確認できなかった・・・なぜ!?

 発売当時65歳!?って、絶対ウソでしょ!実にパワフルで色っぽいよねぇ・・・。
コメント (18)
この記事をはてなブックマークに追加