じゃの路はへび・・・?

苦悩のオーディオライフワーク

CD34その7 対策ずみ

2017-07-16 12:52:21 | CD34

不具合が確認されたため、対策を行いまいした。

対策内容は下方の赤いところからお読みください。

ご安全に・・・・

昨日は山梨のサンレイクさんに昼飯がてら、行ったのですが車のトラブルで

急遽、富士山の参道のディーラーで足止め・・・ わんちゃんも一緒だったので

店内にどうぞとお店の方に勧められたが、他のお客様に迷惑になるので、外で

待つことに・・・・ 外は涼しい風がそよいでいたのでわんちゃんと待っておりました。

すると、店員の方からわんちゃん用に美味しい富士山のお水を頂きました。

ぺろりんと2回飲んでおりました。 ありがとー突然のエンジントラブル表示で

来た者に対しても、優しい対応には感謝いたします。(ありがと!!)

富士山参道脇のディラーの方々にも 今日もご安全に!!

CD34にSAA7220基板を入手して、4倍オーバーサンプリングでとりあえず

音は鳴ったが、やっぱり、ノンオーバーサンプリングにして、ダイナミックに楽しみたい。

 DAC化する前に試しにCD34 NOSで楽しんだ音はしなく、活気が失せている。

低域は痩せてスマートなのは良いが、ちょっと量感がない。

うーん・・・ と動いたのは良いが何かが足らない。 SAA7220だからか?

SAA7030 SAA7020と違うから? とか思ったが・・・・ 

(今しがた、基板を眺めていると CD34はSAA7020だったんですね おおっ

やや、他のと間違えた。 SAA7030が正解)

SAA7220を外して信号をバイパスさせれば、後はFPGAが信号を分けてくれると

当初より甘い考えを持っていました。

 

昨晩よりネットや資料を漁りながら、ちょい考えていた。

やり方が纏まって、次の一手で、SAA7220を外したところ、痒所にも

至れり尽くせりで、なんと、NOS用のジャンパー発見!!思い描いていた3箇所の

ところ、これはラッキーと即、ジャンパーを行いました。

即、音出し、なっとくの一言に尽きます。

うーん、ダイナミック!! 非常にラッキーでした。

当然ではありますが、その際はSAA7220は外したままです。

それではご安全に・・・・

ここから、対策内容

と、ここまでは良かったのですが、その後の電源投入時に共立のCS8416DAI基板

がロックしません。 ん・・・? 

なぜに? おすすめのNOSshortを行ったが、何が悪いの?

以前から、少し疑問だった、CS8416の出力レベルはどうかなー? 共立の取説読む

特に悪いことはない。 SAA7220も5V系の電源で信号レベルも入出力ともに

問題ないと思う。 共立の取説には CS8416の仕様書も読んでねって・・・

あっそうだ、それじゃ、読みに行こうで、PDFを読む、5V系と3.3Vの入出力オッケイです。

それは VL端子に突っ込んだら、ソレに従うと書いてある。 そう、この機能が欲しかった。

SAA7220の変換基板は電源5V入力でSAA7220に供給、FPGAは3.3V供給、

4倍オーバーサンプリングで動作させると問題ないが、(←実は問題あり)SAA7220を

外してショートジャンパーを3箇所行うと、CS8416のロックランプが消える。 もしや・・・・

CS8416の波形を確認すると振幅が5Vp-pで出力されている。これがノーマル状態。

共立の取説にもこういう仕様であると明記されている。

SAA7220の変換基板は5V信号系を受け付けて、FPGAに渡している。しかし、FPGAは

3.3V系で動作している。うーん、入力オーバーか・・・ SAA7220に触ると、ものすごい

ノイズを誘導する。 コレは困った。(これはまずいです)

CS8416のVL端子に3.3Vを入力してあげれば、その他部品も3.3Vに落ちるが

動作はするでしょう。 CS8416の V5_B を3.3Vにするだけ。

すると、どうでしょう? 問題なくロックランプは点灯する。

3.3Vのおかげでロックランプは薄暗いです。(抵抗替えれば済む)手前の

コンデンサのところがV5_B端子、裏側で3.3V系から供給しています。

I2S信号系は3本で済むが、その他制御系の配線もFPGAにつながっているので

SAA7220を取り付けたままにしておきます。(こっちのほうが安全か)

その代わりに、NOSshortの3箇所ショートを施し、SAA7220のピン16,17,19

の足を上げておきます。そうすれば、その他の制御系は生きたまま、苦肉の策です。

というのも、SAA7220−TDA1540 VER3の回路図とパターン図が無いこと

困るね、それと一部の機能についての説明もなし。 下のRESってなんだろ−?

LOCK やERFってなに? (浅学の私には不明です。FPGAにつながっている)

NOSshortパターンがあるとは知らなかった。 めんどくさくなったので、

このままで、動作してくれ。

こうすることで、必ずCS8416がロックして、音が楽しめます。

インジケータくらいフロントパネルに出そうかね。 動作状態がわからん。

それでは、ご安全に・・・

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« CD34その6 キター | トップ | CD1Aその6 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。