じゃの路はへび・・・?

苦悩のオーディオライフワーク

BX150その3

2017-06-09 22:13:55 | BX150

今日もご安全に・・・・ 本日は展示会の出張で足のふくらはぎがパンパンです。

日頃の運動不足が身にしみる。 昨晩、帰宅したところ、玄関脇の私の遊び部屋

から、何かが動作している音が途切れなくしている。今日は家のわんちゃんは

入り込んでいない・・・ もしかして、その音が元か? 何が鳴っていたかって?

それは、電源を切り忘れたBX−150です。 オッウー ・・・・

ストップ状態で何故か? かしょこん かしゃこん ヘッドの上下運動をいつからか?

不明だが、動作していた。朝は音はしなかった。 なんだかねー

確かに、部品交換時に何回かそういう現象が在ったが、突如発生とは・・・

こりゃイカンで、先人のお言葉通り、カムギヤーリーフスイッチを接点復活剤と

紙を挟んでお掃除、やっぱり、起きたか・・・・

それと、いま真上から天板に光を当てると、前所有者が傷を埋めるために

アチラコチラにマジックで塗っているではないですか? まあ、イイか・・・

今回の左出力不良で手放したとと推測いたします。

ちょっと、戸惑うことはありましたが、誤動作もなくなり、軽快に動作しております。

久々に682ZXに通電してあの水色の蛍光管のレベルメータの動きとエアチェック

の録再音を楽しんでおります。このデッキも入手当初は大変でした。

時間が経つに連れ、再生音にプチプチとノイズが入り始める。

ドルビー関係と録再のヘッド関連のコンデンサとトランジスタをかなりの量

交換しました。オークションでもノイズが入るとなると不安定要素が多くなり

人気があまりありませんでした。同時期で同機が出ていましたが、

モード切り替えカムが固着しているようなものや傷が多くても動作確認

できているものは、あれよあれよとうなぎのぼり、私にはついて行けなので

ノイズ音が出てくる製品(故障モード進行中)しか購入できません。

まあ安価に入手出来ましたが、悩みながらも動作完了という素人修理

で終了です。(これも根気が要ります。)

これとBX−150を比べたらいけませんが、ナカミチテイストは味わえます。

ご安全に!!


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« BX150その2 | トップ | CD34その1 »
最近の画像もっと見る

BX150」カテゴリの最新記事