じゃの路はへび・・・?

苦悩のオーディオライフワーク

CD34その4

2017-06-28 22:45:00 | CD34

いやー、一体いつになったら、届くのであろう? 変換基板、ほんとに届くの?

ティファニーさんよ、某カートの担当者の名前がティファニーさんだって、

中国の方かと思っておりましたが・・・・タイみたいにニックネームで呼んでるのかなー

 もしかして、倉庫はテネシー州か? なぜにアメリカに?? いろんな疑問があるが、

上海からテネシー州に移リ、Fedexが管理しているらしい、本日久々にトラッキング

に異変あり、今度はUSPSに管理が移ったらしい。 輸送料高かったから、それだけ

遠回りしてるのかなー? コラー!!! ほんとに日本に届くのでしょうか?

やっぱり、代行業者のほうが良かったかしらと? 思う今日このごろ、

気を沈めて、ご安全に。・・・

ほんとに、動くものかとも、思えなくない状況です。 変換基板のページを改めて

眺めているとSAA7030とSAA7220 の2バージョン発見、ありゃ? 

SAA7030も下の方に在ったのね、ほかに目を移すと、

CD84の方のDAI+SAA7030を組み合わせた基板もある。 

え ー今更ーって感じです。(もう性がない、売り切れていると思っていたのですが)

テストで共立のDAI(CS8416)をTDA1541に接続すると、いい音するではないですか?

あ~よかった。先にD/Aコンバータ作っていて、幸いでした。 I2Sの24ビットデータが

受信できているのかなーと勝手に推測しました。(16〜24ビットを受け付けると解説して

あったので)

TDA1540は本来はSAA7030とペア使いだから、安心ですが、当方、SAA7220を

選んだせいでビクビクしております。そりゃ、説明にはSAA7220からFPGA通して

TDA1540に接続できると謳っているので信じるほかありません。

遊びで共立のDAI基板から、TDA1540に信号を入れてみると、ノイズに埋もれた

音楽らしきものが鳴っていました。LR混合でフォーマット合ってないからしょうが

ありませんが・・・・ 壊れたら困るので、すぐ終了としました。

信号レベル大丈夫かな?(ちょっと不安なことが・・・・電圧大丈夫?)

ちなみに、SAA7030搭載の変換基板はジャンパーでNOS-になると、書いてありました。

(基板パターンの説明書きにあった)そっちの方が良かったかなー?

だけど、次購入するときはやっぱり代行にお願いしたいね。ちょっと疲れた。

なぜにこの小さな基板の写真をティファニーさんに説明しなければならないか?

ほんとに不安を煽ることばかり・・・・ TDA1541は要るだろ? 必要ないかとかね?

変換基板作っているところも、DAIにDIR9001やCS8412を使っている。

CS8412で受け渡しているのだから、CS8416でも受け付けてほしいなー

イマイチ、読み取れない、私が居る・・・・・

 追伸

 ティファニーさんへ、SAA7220+FPGAの変換基板の大きな写真をメールで

 送ってきていたが、まさか、普通のビニール袋に入れて輸送屋に出すことは

 してないよね、どう見ても、静電対策しているようにはお見受けできませんでした。

 壊れていないことをお祈りしておきます。 ご安全に、 南〜無〜


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« CD34その3 | トップ | CD1Aその4 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。