じゃの路はへび・・・?

苦悩のオーディオライフワーク

CD34その1

2017-06-15 20:15:40 | CD34

今日は暑いな、昨日までは涼しくて、半袖ではちょい寒だったが、この季節調整が

難しいので、ご自愛ください。 それではご安全に・・・・

このCD34は大学2年生の時に広電路面電車の的場町の先の曲がったところの

大正橋付近に当時、質屋が集まっていた地域があった。今は新しい道が出来上がり

その趣がないが、何気に寄った質屋にCD34があった。確か12000円位で購入した気

がした。その当時は(高校生のあたり)に出た同機は雑誌の情報しかなく、なにが良いか?

血迷っていた時期だ。売りだされて4年以上経ち、その頃にはハイビット競争まっしぐら

、新方式1ビットも花盛り、取り残されるCD34。14ビットだって・・・ミニコンサイズも手伝い

見向きされない状態。(その当時見抜いていた人も居られたが)一般的には鮮やかさ

にかけてましたね。

CDプレイヤー持っていなかったのでこれは面白いから、購入した。当時、ヤマハの初代ジョグ

のステップに乗せて家まで帰った。 よく考えれば、無謀だよね、ピックアップは固定せず、縦置き

の20分のドライブ、家で鳴らすと動作した。良かったです。

当時のシステムはスピーカーが整っていなかったので、CD34を生かせなかった。

それから、幾年過ぎて、お約束のトレーが手動式に、その挙句、レーザーピックアップが

劣化、音飛びが発生、そのまままた、放置状態が続く。当初はメカ系はあまり手を付け

たくなかったが、古いCDプレーヤーの良さを再認識して、CD1a、CDP−102、CD650や

NOS-DACに至る。

ホンというと、CD880が好きでした。高校生の時、ラ技の裏表紙によく宣伝があった。

3年前に埼玉のオフで25000円で売っていた時、即購入しておけばよかったが、

それで、ハイ、おさらばよ・・・・ 二度と無い・・・・ CD880の音? 聴いたこと無いよ

そりゃ、高校生だもの音聴けるわけ無いジャン (あはは、そんな環境なし)

そんなことからCD34を先週から、少し、いじり始めた、6年前くらいにコンデンサ全て

交換済み、確か、スピンドルモーターが回転しなかったようで、放置が続く

今回、回路図入手で部品を追ってゆくと、トランジスタが昇天されていたので、

2SA1015と2SC1815で置き換え動作するようになったが、

いかんせん、CDM1のピックアップはどう調整してもCDは20分再生しかできない。

ソレ以降は音飛びが激しくて、どうにもならないが、音が図太くて、表情が良い。

音が鳴るとは思っていなかった。(感激です)

CDM1はカッコイイよねこのユニットが生き返ればよいが、それも無理というもの

みんなが欲しいものだものね。買えません。だけどその他の回路は生きている

ことは解った。

これを活かすには、CD34のDAC化しか無いと判断。

 ただいま、TDA1540にデータを分ける基板を発注中、

もう少し、状況が判明次第、考えたい。 先人の情報を

元にその基板を発見だが、ほんとに来るんだろーなっ ?????

ちょっと不安な私に・・・・ご安全に・・・・

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« BX150その3 | トップ | CD34その2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。