じゃの路はへび・・・?

苦悩のオーディオライフワーク

CD34その3

2017-06-18 20:05:36 | CD34

梅雨の季節に入りまいした。雨が降るとグッと気温が下がります。ちょい寒ですが

ご安全に・・・

本日も、勢いをつけるため、CDM−1や、必要のない基板を外し、以前からRCA端子

を取り付けようと思っていましたが、今回はヒートシンクに穴を開けました。

綺麗サッパリ、シンプルに。 コアキシャルの入力端子をどこで調達するか?

手元に在庫なし、とりあえずはケーブル直結出しに行くか。

以前開けた直付けのケーブル引き出し用の穴に合うやつないかなー

不安はたくさんある。3線式のI2Sの信号線名称が不可思議!! 敷居たけえ!!

それにしても、私の理解度が足らないせいか? 

DAIとSAA7220の変換基板とTDA1540の配線がいまいち繋がりません。

共立さんのDAIはCS8416を使用しています。取説を読むのですが、

OLRCK OSCLK SDOUT RMCKの4種類の出力があります。

OUTのO? シリアルのS? リクロックのR?

また、TDA1540は LE BCK DATA L (DATAR) MCKなどと

結びつかない・・・・なおかつ、SAA7220の変換基板には、

LRCK BCK DATA MCK 三種三様、慣れない私にはどれがどうなの?

結局、先人達のページや回路図を眺めて、

 CS8416共立ー SAA7220変換基板ーTDA1540(CD34)

     ・OLRCK       LRCK⇒LE     LE(2pin)

  ・BCK     BCKBCK   CF(28pin)

  ・SDOUT         DATAL+(Lー) DATA(1pin)

     ・RMCK     MCK

かなー? 変換基板のL+ Lー は、invではなかろうか?

このパズル状態は如何ともしがたい!! ページごとにまた違うし、データシートも

微妙に表し方が異なる。慣れないものは性がない。

ちょっとカラフルです。耐熱電線で極普通の線です。(くすくす。わかる人はわかる)

回路図で確認するとなるほどです。あとSAA7000もTESTモードで動作を

忘れずに・・・ (この延長線上に今回の配線を行います。)

結局は切断するのかな・・・・ 

あと、MUTEをどうやって解除するかが次の問題。はじめはショートさせておくか・・

CDプレイヤーのDAC化については、あまり情報がないような・・・

逆にアップサンプリングやハイレゾ系のDACは情報は溢れている。

(私にはついて行けない・・・)TDA1540,TDA1541,CX20017等面白い

D/Aコンバータを楽しみたいです。

ピックアップが死にかけている(死んでいる)CDプレイヤーのD/Aコンバータを

ノンオーバーサンプリングで別の世界で活かしてあげたい。

筐体のデザインもいいしね。ただし、ディスプレイ等は消えてしまいますが・・・・

高速化事業部 様、 如雨慈庵日乗 様、のようにうまく行けばよいのですが・・・

(ものすごい方々です)、現状でも、すでに、落ちこぼれております。

それでは、来週を過ごせますよう、 ご安全に・・・


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« CD34その2 | トップ | CD34その4 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。