*ヒャクログ*

大好きな旅の記録&日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

瀬戸内アート旅 5 ~直島 naoshima・本村地区~

2014-01-21 | 国内旅行


直島、午後は家プロジェクトを中心に見て回りました。
この頃には雨もだんだんやんできて。よかったです

「角家」
200年前の建物を修復したとのこと。

こちらは「はいしゃ」
元歯医者さんの建物です。


中には自由の女神がどどーんといたりして・・・。


ANDO MUSEUM


ちょうどこのとき、安藤忠雄氏が来ていて講演していたので、すごい人でした。
ここは以前テレビでの特集を見ていたので興味深かったです。


そして、直島で特に印象的だった場所の1つが、こちら。
長い階段を登って行った先にある、護王神社
ここから見える海もきれいでした~。

杉本博司氏の作品「Appropriate Proportion」


地上の本殿と地下の石室は、このガラスの階段でつながっています。

地下の石室には、人1人しか通れないほどの細くて暗い通路を通って行くことができます。
(なので一度に1組ずつ、です)
懐中電灯を持って進む先にある石室は、神秘的な空間でした。
このガラスの階段が地下へも続いていて、そこから入ってくる光がきれい。。
感動しました

直島銭湯「I♥湯」

アートを感じながらの、銭湯です。
私たちは入らなかったけど、順番待ちの列が。

サクサクっとの記録になってしまいましたが、直島はこれで終了です。一日過ごした直島、豊島とはまた違ったステキがありました!観光客が多いのもなるほど、です。一度ベネッセに泊まってのんびりと直島で過ごしてみたいな。

そして夕方、また船に乗って高松へ帰ります。

この日の夕食は、うどんに続く香川のもう1つ?!のご当地グルメ、骨付き鶏を。
蘭丸さんというお店に行ってきました。

骨付き鶏とは、香川県丸亀市が発祥とされる鶏の骨付きもも肉をニンニクの効いたスパイスで味付けして焼き上げたもの。です。
2種類 あって・・・

「おや」
肉質が固くしかっりとした独特の歯ごたえが特徴的。肉の味は濃厚で、味わい深く噛み応えも充分。


「わか」
ふっくらと柔らかい肉質で食べやすくジューシーな味わいが特徴です。
こちらの方が食べやすいです。 他にも、カツオのたたきや何やら、いろいろと食べて香川グルメを満喫。

・・・のあとは、シメラーメンならぬ。。。

シメカレーうどん@鶴丸(この旅での讃岐うどん、3杯目)

こちらでの締めは、カレーうどんが主流だそう。 
さっき鶏肉あれだけ食べたのに・・・行きましたヨ。
鶴丸さんは夜の営業、20時オープンです。(ちなみに閉店は3時…)
20時少し前に着いた時は既に行列が。
でも店内が広いのか、1巡目で入れました。入り口近くでは、せっせとうどんを打ってる人がいます。
その姿を見ながらしばし待つと、カレーうどんがやってきました~!

直前までお腹いっぱいって思ってたのに、食べちゃいました。
旅は食欲を増進させます 

2日目の記録はこれで終了! 
翌日は最終日、小豆島です

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

瀬戸内アート旅 4 ~直島 naoshima~

2014-01-18 | 国内旅行

去年の夏休み記録の続きを・・・



旅行2日目は、直島へ!

・・・ですが、朝からザーザー降りの雨。


そして、朝からうどん。


夏は雨がなかなか降らず水不足が心配な香川県なのに、この日は朝から雨…しかも強雨…。
島内をレンタサイクルで回る予定だったので、この強い雨を前に行くのを諦めるということも考えたんですが、午後から雨は上がると信じて高松港から船に乗り、行ってきました!

さすが人気の島だけあって、昨日の豊島に比べて人も多い。フェリーからたくさんの人たちが降りていきます。
・・・やっぱり雨はやまず。
ですが、めげずに予約していたレンタサイクル屋さんへ行き、電動自転車を借りて、レインコートを着て・・・出発です!


「地中美術館」
(この入り口の先からは写真NGです)

すばらしい美術館でした!

この美術館は3人のアーティストの作品の為に建てられたものです。安藤建築です。



クロード・モネ「睡蓮」シリーズ



ウォルター・デ・マリア「タイム/タイムレス/ノー・タイム」


ジェームズ・タレル「アフラム、ペール・ブルー/オープン・フィールド/オープン・スカイ」
*3点の作品はHP「アーティスト・建築家 | 地中美術館 | ベネッセアートサイト直島」より


このアートを楽しもうと、た~くさんの人がいました。。 
すごい島だなぁ。

午後になるにつれてだんだんと雨もやんでいき。
でも、ほんとうにすごい雨でした。何度も心折れそうになり・・・。1人だったら間違いなく、折れてました。。

タイミングよく、ベネッセのアートツアーにも参加できたりして。


雨だったのであまり写真も撮れなかったけど、思い出はたくさん。
どうもありがとうございました!



直島、午後のまとめに続く・・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2014

2014-01-02 | 日記

2014年もどうぞよろしくお願いします

去年からアップしてない旅日記、なんとかしなければ、です


ところでお正月休みは9連休!
のんびり過ごしてます。
今日は親戚宅へ。

六花亭の一月のお菓子。
柚子あんの入った最中、美味しかった


みんなでトランプや、


オセロとか懐かし楽しい遊びを

元気で楽しい毎日を過ごせますように!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京マラソン2014

2013-09-27 | マラソン


来年の東京マラソン、ナント姉妹で当選しました

今年は外れて出られずだったので、嬉しい!

姉妹でがんばるぞ( ´ ▽ ` )ノ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

瀬戸内アート旅 3 ~豊島teshima・豊島美術館~

2013-09-14 | 国内旅行

豊島ラストは、アーティスト・内藤礼と建築家・西沢立衛による豊島美術館
ここ、とんでもなく素敵な場所でした


入り口は、坂の途中にさりげなくあります。

反対側には・・・

海に向かって、美しい棚田の風景が広がっていて・・・
青々としていて、本当に美しい景色

 
まず、これが受付・チケットセンター。
地中にあるあれが、それです。 


そして、この球体が美術館。
左がカフェ&ショップ、右が美術館です。
・・・というか、この敷地全部が美術館で、建物が作品って感じです 

すぐそこに建物があるのに、順路の矢印は、写真一番左に見える道を進んでください、となっています。
そして、ぐるーっと歩きます。(お友達を撮ってみた)
山をぐるっと5分くらい?!海を眺めながら歩いていくと・・・


見えてきました。
上に穴空いてます。

これが入り口です。靴を脱いで入ります。(この先は写真NG)
このトンネルのような入り口の先には・・・

こんな空間見たことない!!!とても素敵な空間が広がっています
・・でも入る前に「音を立てないように、静かに」と言われているので、歓声をあげたりとかはできません。話し声もヒソヒソで。

作品名は「母型」
曲線だけの建物内の上には、大きな穴が2つ。
空が見えて、風がそよいで、足下からは水が生まれてて。
皆さん寝っ転がってのんびりと流れる時間を楽しんでます。

私たちもそれぞれ、ぐるぐる歩き回ったり、横になったりしてたら・・・
寝てしまいました、笑。
それくらい心地よかったんです! 


ここは、カフェも素敵な場所でした。
これは入り口。


太陽光と照明のバランスがいい感じでした。
円形のところに座って、私たちもロールケーキとドリンクでひと休み。
ここも靴を脱ぐし、とても安らげました!

上の穴はこんな感じになってます。
とっても気持ちがいい
・・・ちなみに美術館の方の天井の穴はガラスなど何もなく、開けっ放し状態でした。雨が降ってきたらどうするんだろう??


ショップエリアはこのような感じ。

豊島美術館、いい場所だよとは聞いていたけど、具体的にどういう所かは分からないまま行ったのですが、行ってみて本当に感動しました!
こういう美術館の形もあるんだなーと。 

・・・建築家、西沢立衛氏は以前、建築のノーベル賞といわれる賞を取った時にちょうどニュースで特集をやっていて印象に残っていたので、旅行後にこの人について復習していたら、この豊島美術館と、数年前に旅行で行った金沢の21世紀美術館の建築家が同じ人だったということを発見。21世紀美術館もとても面白かったのを思い出しました~。

このあとは船で高松に戻り、夕食は海の幸を堪能。
どれもとってもおいしくて印象的なお店だったのだけど、写真を撮るのをすっかり忘れてしまいました


豊島まとめはこれで終了。
いろんな歴史のある島だけど、隣の直島とはひと味違うアートの島、楽しめました

翌日は直島、そして小豆島と続きます~。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加