モーリの剪画(切絵)を愉しむ!!

剪画(切絵)をやっています、モノクロに拘って作品を創作しています。
あなたも一緒に愉しみませんか?

剪画初級者の色入れ!

2017年07月17日 | 美術展
◆剪画初級者の色入れ!
剪画(切絵)を始めると、どうしても色入れがしたくなる様です。
そこで剪画(切絵)初級者の色入れの安価な方法を提案します。
①パステルを使う
 100均の安いパステルでも十分に楽しめるので、台紙に貼る前に試して下さい。
A 色紙などに貼る前に紙和紙に色入れて確認しながら進める。
B 色紙などに直接色を入れてカットした作品を上に置きながら確認し、貼り付ける。

②水彩を使う
 水彩と云うと面倒な水彩のチューブを思い出すでしょうが、簡単な方法です。
 固形水彩と水筆を使う。
 固形水彩は初心者用の12色程度で水筆はパレットなしでも使える。
 色を変える時は水筆を絞りテッシュで色を拭きとると簡単に色変え画出来る。
A 色紙などに貼る前に紙和紙に色入れて確認しながら進める。
B 色紙などに貼った後で色入れする事が出来る。(水筆の小サイズが良い)

皆さんも試してみて剪画(切絵)を楽しんで下さい。


色入れ前


色入れ後


固形水彩と水筆
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 12.13日は板橋剪画教室 | トップ | 「閑寂」 剪画(切絵) A3サイズ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (kao)
2017-07-17 13:36:29
矢張り色がはいると生き生きしますね。
とはいえ、私はモノクロの剪画特有の
渋さも好きですが・・。この朝顔は
水彩、モノクロ、どちらも素敵ですね。
これからも応援しております!
Re:こんにちは (mo_ri2200)
2017-07-17 14:24:07
剪画初心者の殆どが難しい下絵を選び、カットも思う通りに出来ずにいます。 そこで簡単な作品を丁寧にカットして、色を入れる事にしました。 色が入ると見栄え良く美しく見えます。
少しでも興味が長く持って剪画を楽しんでほしいです。

コメントを投稿

美術展」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。