もーさんのひとりごと

ここでは工作に関する話の他に趣味の家庭菜園の話、時事(爺イ)問題、交友禄など日々の雑感を気まぐれに更新していきます。

新品同様・前編

2017年03月20日 | 健康・病気

 さて今回のブログもあまり面白くもない話ですが、長くなりそうですので、前・後編に分けてアップをします。

 但し、前段の話と後の話が逆転していると読みづらいのを考慮して、前・後編一挙掲載としますので、この項を読み終わった方はそのままスクロールして後編をご覧ください。 

                      

  24歳のとき絵の勉強をしようと東京に出てきたのは、今から50数年前の東京オリンピック(1964年)の前年で、10月10日間のオリンピックの開幕当日は有楽町の街で自衛隊のジェット機が澄み渡った青空に大きく5輪のマークを描くのを見ていた。

 そして、私はその年の春から花粉症に罹っていて、以来50年以上もこの時期には毎朝クシャミで目が覚めて、午前中はほぼ鼻をかんでいるだけで時が過ぎていく毎日が続いたいた。
 

もっともそのころは原因がスギ花粉であることが判明しておらず、アレルギー性鼻炎と言われていた。

 その頑固な花粉症が、今年はまだ私には発症していない。
 やっと花粉症から卒業できたかと思ったが、そうではなくて、あるラッキーな・・・ではなくてラッキーなのかアンラッキーなのか自分でもよくわからない出来事で、今のところ花粉症が発症していないだけのようだ。。
 *これから先の箸休め的に配置した写真は本文とは何の関係もありません。
 

  さてその、よくわからない複雑な事情をお話しというのは少し長い話になるが、私と同年代のあなたにも役立つかのしれない話だから、辛抱をして読んでください。

 *同年代ではない人でも、いずれは起こる可能性のあることだから、60歳を過ぎて奇病に罹ったらこのブログを思い出してくださいね。 

 私には7年前から脊柱管狭窄症と診断された病があり、長時間の歩行や農作業などは途中で休憩をはさまないと続かなかった。

 それが、昨年の秋を過ぎたころから病状が悪化したようで、12月になって世田谷のボーイスカウトの子どもたちが私のボランティア菜園に長芋、里芋、大根などの収穫体験にやって来た日には、腰を下ろすことすらつらく、一旦しゃがんだら、今度は立ち上がるのも一苦労で、風呂に入るのにも浴槽を跨げないまでになってしまっていた。
         
 内科で2~3か月おきに行っている血液検査にも異常は出ていなかったし、痛みの中心部は骨盤と大腿骨の接点付近だったこともあって、これは骨の異常と思って整形外科の方に相談をしたのだが・・・。

 とりあえずレントゲンを撮ってもらったが、骨には異常は見つからず、
腰のほかに痛むところはありますかと尋ねられ、私はそれは直接の関係がなさそうだがと思いつつも、首の筋が痛くて首が回らない、また背中の僧帽筋、ヒップの大殿筋などにも無理な運動をした後のような筋肉痛もあることを告げた。
 それは脊柱管狭窄症の悪化ではなさく、ちょっと私に2~3心当たりがあるから、血液検査をさせてもらえませんか?
             
 整形外科医はそう言って、普段の健康診断の血液検査では行わない検査をした結果、3日後に2つの検査で極端な異常値が出ている・・・と言い、まずこの薬を朝と夕方に分けて3日間飲んでみてくださいと言われ、飲んでみると痛みはピタリと止まった。

 

 4日目に再び医院を訪れて、薬の効き具合を報告すると、まず病名は略称をP・M・Rと言う「リュウマチ性多発筋痛症」であること、リュウマチ性という名はついているが、リュウマチとは関係のない病気だと告げられた。

 以下、ネットで検索をしてみたら、この病気は対処方法はあるが原因不明の65歳以上の高齢者に発症する奇病らしい。

クスリが良く効いて痛みがすっかりなくなったことを告げると、それでは薬の量を1mg下げて、また1週間様子を見てみましょう・・・。

 果たして1週間後には再び痛みは少し出て来たことを告げると、それではまた元の量に戻しましょうということになり、1mg、2mgの微妙な量の慎重なサジ加減が必要な薬だと、私にも判断ができた。

                 
 長文で私も疲れました。
 ここで一休みさせていただきますので、読者の皆さんも自分でお茶でも淹れてひと休みの後に、このままスクロールをして「続・新品同様」をご覧ください。 

ジャンル:
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 続・新品同様 | トップ | おちょぼさん »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む