悲しみは雪のように

2017-05-14 09:10:52 | 日記
雪とはシーズンが違うにも程があるんですけどね

標高1500mあたりへ行くと
今でも雪が吹き溜まりになっています
天然の冷蔵庫のようにそこにあって、なんか寒々としますが
良いんだよなぁ

平地ではもう暑くなったりしているんだけど
昨日話しをした人は、あの日本一暑い多治見市では
もう窓を開けて眠っているなんて話をしてました

それが山里のちょっと高いところへ出かけていくと
日陰のカーブに雪が吹き溜まりになっているんですよね~
車なら恐らく1時間ぐらい、高速を使えばひょっとすると
たった20分か30分程度の場所です

よく考えると、黒部のアルペンルートは
まだ雪の壁があるんだもんなぁ

この前のカエデが少し色が落ちてきました
青くなってそろそろ夏に向かうところですね^^
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 見て楽しむか食べて楽しむか | トップ | ロマンティックが止まらない »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。