武蔵野の森を育てる会

『境山野緑地』(東京都武蔵野市)を自然豊かな森に育てる、ボランティア団体のスタッフブログです。

亜細亜大学の文連祭で紹介されました

2011-06-27 21:41:43 | 「武蔵野の森を育てる会」の活動
みなさん、こんにちは。代表のTです。
先日、毎年恒例の亜細亜大学の文連祭(文化系サークルの発表会)に行って来ました。

当会の活動に毎回参加してくれている、「一般奉仕会『細流』」と「亜細亜大学ボランティア・
センター(通称:アジセン)」が、それぞれ力のこもった発表をしました。

『細流』の発表は、武蔵野の森を育てる会(森ボラ)やしょーとてんぱーの活動への参加報告、
被災地支援活動(長野県栄村)の報告など。

武蔵野の森を育てる会の活動への参加報告は、キノコ、夏蜜柑など楽しい手作りの飾りつけ
による展示(写真参照)、要領を得た学生の説明など、活動の意義と楽しさをよく表現できた
報告で、いつも森ボラを受け入れている私たちとしては感謝です!

武蔵野の森を育てる会の報告.JPG




「アジセン」の発表は、お年寄りと子どもをテーマにした体験型の発表。お年寄りについては
認知症や孤独死、子どもについては虐待、誤飲事故、家庭や道での危険防止などをとても
よく研究して、体験プログラム、展示発表、学生による説明、どれもすばらしい!

写真は、Tが手足に錘、目に曇り眼鏡、手に軍手を付け、お年寄りの体験をしている
場面です(お年寄りの方々の苦労を実感できました!)
 
お年寄り体験.JPG


どちらの発表も斬新で楽しみながら学習できる設定になっており、学生のみなさんの社会に
対する視点の鋭さ、プレゼンテーション能力の高さに感動でした!

このような活動を通して、社会人としての力を蓄積していってくださいね!
武蔵野の森を育てる会の活動でまたお会いしましょう!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ◆定例活動を行いました/6月1... | トップ | ◆定例作業を行いました/6月2... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。