武蔵野の森を育てる会

『境山野緑地』(東京都武蔵野市)を自然豊かな森に育てる、ボランティア団体のスタッフブログです。

シンポジウム「まちの中に森がある」に93名が参加!

2014-03-29 13:31:07 | 「武蔵野の森を育てる会」の活動

3月23日午後2~4時、シンポジウム「まちの中に森がある<「独歩の森」を育てる楽しみ>」
武蔵野スイングホール11階レインボーサロンで開かれました。


まず、清瀬の自然を守る会(清瀬市)の栗山究氏・福生萌芽会(福生市)の近藤富代子氏が、それぞれの
活動における雑木林再生の試みを報告して下さいました。

続いて
東京農工大学の星野義延准教授が、これらの試みがどのような効果をもたらすのか、その意味を
分かりやすく解説して下さいました。

そして、里山の雑木林の木を利用して、薪や椎茸を生産してきた在原博氏の特別講話もあり、充実した
内容のシンポジウムとなりました。


これらのお話しを通して、「まちの中の森(雑木林)」を守り・育て・楽しみながら、次世代につなぐための
貴重な経験を、参加された方々は学ぶ事ができたのではないでしょうか。



当会も、多くの方々や団体と交流を広めながら、
都市に残された貴重な森(雑木林)とともに暮らす方法を
考えていきたいと感じています。

とても有意義なお話しを栗山様・近藤様・星野様・有原様、大変ありがとうございました。

参加して下さいました93名の皆様、大変ありがとうございました。


クリックすると大きく表示されます



ジャンル:
環境
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 定例活動予定をお知らせします | トップ | 満開の桜 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。