武蔵野の森を育てる会

『境山野緑地』(東京都武蔵野市)を自然豊かな森に育てる、ボランティア団体のスタッフブログです。

定例活動を行いました:6月29日(日)

2014-07-04 23:48:50 | 「武蔵野の森を育てる会」の活動

みなさん、こんにちは。6/29に行われた、定例活動の様子をお知らせします。

不安定な天候が続く中、早朝にその日の作業可否を判断するのは悩ましい事です。
今回も6時頃の「独歩の森」周辺は大雨でしたが、空模様と武蔵野のポイント予報を睨みながら
決行を決断したT代表のファインプレーにより、作業を開始する時間には久しぶりに初夏の太陽が
しっかりと顔を出してくれました。

作業に参加された方は、大学生16名、一般市民6名、会員11名の総勢33名でしたが、今回は
初参加の方が多く来て下さいました。(ぜひまた来て下さいね)
参加者の中には、多摩信用金庫から若手社員ボランティア2名、地元の小学生1名も含まれ、
とても賑やかな定例活動となりました。

作業に先立ち、恒例となった「独歩の森」の散策兼ゴミ拾いと、参加者全員が一列になって
園路誘導のための枯枝積木整備を行いました。


   園路の整備 


園内の作業は、植え込み地域での蔓除去や笹刈り、山つつじの剪定、園路やベンチ周辺の
除草、果樹地域でのアジサイ周囲の除草や桑の木の剪定作業などを行いました。



 植え込みの剪定


  園路の除草


前回(6/15)も同様の作業を行っていますが、植物の成長は留まる事がありません。いつの時にも、
美しく、気持ちの良い公園であるように、地道に活動を続けていきたいと思います。


この日の作業には、NHKテレビのカメラが入りました。
7/27(日)朝8:25~、総合テレビ「サキどり」の中で、当会の活動状況が紹介される予定です。
お楽しみに!


ミーティングの様子を撮影中


今朝まで降り続いた雨水をたっぷりと吸い込んだ草むらに分け入り、湿気と照りつける太陽で
汗ビッショリになりながら作業に取り組んで下さった皆さんに、心より感謝を申し上げます。


作業後のティータイム


ホタルブクロを観察しました


次回の作業は、下記の通り予定しています。
  平成26年 7月13日(日)  9:00~11:00


(追記)NHKの担当ディレクターの方が、休日の午前に多くの大学生が自主的に参加している事に
     とても感心していました。

ジャンル:
環境
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 会報第8号を発行しました | トップ | 境山野緑地の竹が七夕飾りで... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。