武蔵野の森を育てる会

『境山野緑地』(東京都武蔵野市)を自然豊かな森に育てる、ボランティア団体のスタッフブログです。

◆定例活動を行いました:2012年9月22日(土)

2012-09-24 07:15:06 | 「武蔵野の森を育てる会」の活動

前日からの雨が何とか止んでくれたので、予定していた作業と植物観察を
無事に行うことができました。

社会貢献の授業で参加してくれている都立武蔵高等学校の生徒さん、学生
ボランティア団体としていつも参加してくれる亜細亜大学のボランティアセンターと
一般奉仕会『細流』、成蹊大学のuniの学生さんたちも元気に結集し、総勢31名でした。


いつものように、「独歩の森」のゴミ拾いから始まり、
?「独歩の森」のゴミ拾い:縮小版


続いて草地部分の外来種(コネズミガヤ)を抜き取りました。
?コネズミガヤ取り1:縮小版 ?コネズミガヤ取り2:縮小版


コネズミガヤはすごい繁殖力で広がりつつあるので、参加者みんなで頑張りました。
これによって、少しでも武蔵野在来の植物が生きていく空間を広げたいと思います。


作業が終わったら、植物観察会です。講師はいつもお世話になっている、自然観察
指導者の高橋英さん。この日は、樹木の観察を中心に行い、高橋さんからはそれぞれの
木にまつわる物語を教えていただき、みんなで楽しく参加することができました。
?植物観察1:縮小版?植物観察2:縮小版



ちょうど、クヌギとコナラのまだ若いドングリが落ちていたのでじっくりと観察しました。
?ドングリ:クヌギ(左)とコナラ(右):縮小版


クヌギのドングリは2年かけて成熟するとのこと、ちょうど1年目のかわいい実が
見られました(ボールペンの先のほうに見える小さい芽のようなもの)。
?クヌギの1年目のドングリ:縮小版


活動終了後は、いつものようにお茶とお菓子でふり返りです。今年最後のアイス
キャンデーのつもりでしたが、ちょっと涼しいのでドーナツに変更となりました。
?ふり返りの交流タイム:縮小版


10月からは、涼しくなるので作業も楽になると思います。

次回は、次の予定ですので、どうぞお越しください。

日時:10月14日(日)10:00~12:00(境山野緑地の北端の物置前に集合)
内容:「独歩の森」のゴミ拾い、草刈り、ドングリ工作と竹工作の試行
(10月21日のむさしの環境フェスタで展示するため)など
**********************

『東京都』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ◆定例活動を行いました:2012... | トップ | おススメ講演会のお知らせ! »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。