武蔵野の森を育てる会

『境山野緑地』(東京都武蔵野市)を自然豊かな森に育てる、ボランティア団体のスタッフブログです。

子どもと若者の体験活動をお手伝いしました

2011-06-23 20:30:52 | 「武蔵野の森を育てる会」の活動


こんにちは。今回は当会の活動レポートが代表のTから届きましたので、皆様にお知らせします。

---

みなさん、こんにちは。代表のTです。
5月下旬から6月半ばにかけて、子ども・若者の体験活動お手伝いをしました。
その時の様子を次の通りご報告します。


◆5月29日(日)
 都立武蔵高校の授業「奉仕体験活動」がスタートしました。定例作業への参加を含め、
 4人の生徒が9月までに合計8回の作業体験を行います。次世代を担う高校生の
 健闘に期待しています!


◆5月30日(月)
 日本獣医生命科学大学の授業を受入れました。独歩の森で雑木林の解説をしたあと、
 隣接の駐車場跡地で外来植物の除去作業を体験してもらいました。さすがは約50人の
 大学生の迫力!あっという間に外来植物のほとんどを「撃退」しました。


◆6月5日(日)
 発達障害の子どもたちの余暇活動を実践しているグループ『しょーとてんぱー』の活動の
 お手伝いをしました。20名の子どもたち(補助のボランティア学生30名)に、5月30日に
 取り残した外来植物を取ってもらいました。

 おかげで、すっかりきれいになり、外来植物の脅威にさらされていた独歩の森もこれで一安心。
 子どもたちの力に感謝です!


◆6月14日(火)
 武蔵野市立第二小学校5学年の総合的な学習の時間で、雑木林の解説と若干の体験
 活動を行いました。コナラ、クヌギを中心とする武蔵野の雑木林の成り立ちや現状について、
 子どもたちはよく理解してくれたようです。境山野緑地の将来を、この子たちに託したい!

雑木林についての質疑応答_R.JPG 熱心に雑木林の話を聞く子どもたち_R.JPG

コナラの木を観察する子どもたち_R.JPG


将来の境山野緑地の森や自然を守り育ててくれるのは、子ども・若者たちです。このような
環境学習を通して、自然と共に生きていく人になってくださいね!!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ◇次回の定例活動は6/25(土)です | トップ | ◆定例活動を行いました/6月1... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。