武蔵野の森を育てる会

『境山野緑地』(東京都武蔵野市)を自然豊かな森に育てる、ボランティア団体のスタッフブログです。

会報第10号と創立10周年報告書をHPに掲載しました

2016-07-02 01:45:40 | 「武蔵野の森を育てる会」の活動

みなさん、こんにちは。
当会からの発刊物のお知らせです。

ホームページに、「創立10周年報告書」と「独歩の森ニュース会報第10号」を
掲載しました。どちらも無料でご覧頂けますので、ぜひご一読下さい。

独歩の森ニュース 会報第10号(公式HPへ)

創立10周年報告書(公式HPへ) ←特にこの報告書は、当会の渾身の作品です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9月までの活動予定をお知らせします

2016-06-22 22:27:03 | 「武蔵野の森を育てる会」の活動

皆さん、こんにちは。
9月までの定例活動予定をお知らせします。

スタッフ一同、皆さんのご参加をお待ちしています。


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シンポジウム「街なかの森の鳥と虫~「独歩の森」をたのしむ~」の報告

2016-04-24 12:34:02 | 「武蔵野の森を育てる会」の活動

こんにちは。
少し遅くなりましたが、3月に当会が開催しましたシンポジウムについてご報告です。


3月6日(日)午後2時~4時30分、武蔵野スイングホール11階レインボーサロンにて、
シンポジウム「街なかの森の鳥と虫~「独歩の森」をたのしむ~」を開催しました。
(主催:武蔵野の森を育てる会、共催:武蔵野市、後援:武蔵野市教育委員会)

127名の方々に参加していただき、活気のあるシンポジウムになりました。
小学生も何名か参加して下さり、次の世代を担う子どもたちと共に学べた事を
心強く感じました。

シンポジウムは、2名の講師のお話を中心に行われました。

講師の植田睦之さん(特定非営利活動法人バードリサーチ代表)は、都市における
野鳥の生態について、
  ①地域の緑被率
  ②雑木林の面積
  ③雑木林の内部構造によってどのような特色があるか
をデータに基づき写真を交えてわかりやすく説明していただきました。

また、戦後からの都市開発によって林が減少したことと樹木が大木化したこと、さらに
最近では外来種の野鳥が増えていることも指摘され、地域の生態系を守っていく
ためにはさまざまな条件を考慮していくことの必要性を学ぶことができました。


金本敦志さん(特定非営利活動法人NPO birth自然環境保全部レンジャー)は、
「独歩の森」(境山野緑地)における当会の調査結果のデータも紹介しながら、森林や
草地に棲んでいる昆虫の特色を挙げるとともに、萌芽更新によって「維持していく林」
となることで、昆虫の多様性が高まることも指摘していただきました。

境山野緑地の自然環境は、その区域を単体でとらえるのではなく、玉川上水を含む
エコロジカル・ネットワーク(生態系ネットワーク)の一環として位置づけることが重要と
話されました。


シンポジウム終了後のアンケート調査では、「満足」・「まあ満足」を答えて頂いた方が
合計97%と、とてもご好評を頂く事ができました。ご意見の中では、講師に対する
高評価を多く頂く事ができました。

当会としては、このシンポジウムで学んだことを活かし、市との協働及び多くの方々と
共に、「独歩の森」(境山野緑地)をよりよい状態で次世代に受け継いでいきたいと
考えています。

これからも、多くの方々が活動に参加されることをお待ちしています。

代表T




植田氏


金本氏


会場の様子

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

定例作業を行いました:4月10日(日)

2016-04-24 11:38:49 | 「武蔵野の森を育てる会」の活動

みなさん、こんにちは。
4/10に行われた、定例活動の様子をお知らせします。

境山野緑地はソメイヨシノに続いて山桜が満開を迎え、新緑もますます膨らんでくる中、
小中学生、学生ボランティア、企業派遣ボランティアを含め総勢37の活動となりました。

まず全員で「独歩の森」に出て、ゴミ拾いをした後、通路の目安として置いてある落枝の
整備を行いました。その後、青年の家跡地の外来種取りなどを行いました。

緑地全体が生命力に溢れ清々しく輝く季節を迎えましたが、同時に外来種取りの

本格シーズンにも入りました。


新緑に囲まれてミーティング


いつもより多かったゴミ


通路の目安の落枝整備


外来種取り

初夏を思わせる気候の下、花と新緑とウグイスのさえずりに包まれながら、
多くの方々に参加していただいたおかげで、予定していた作業を全て終える
ことができました。改めて皆さんに感謝です!!


当日取り除いた外来種の例です。

セイヨウタンポポ


ヒメオドリコソウ


ハナニラ


最後は、いつものようにお茶とお菓子で交流しながら本日の作業を振り返りました。

お茶とお菓子で振り返り」


この日、境山野緑地で見つけた春をご覧ください。


コナラの新芽


タチツボスミレの花


満開のヤマザクラ


新緑が膨らむ緑地

参加された皆さん、大変お疲れ様でした。

次回の作業予定は、下記のとおりです。
4月24日(日)13:30~14:30

それでは、次回の作業でお会いしましょう!

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日の作業は中止です(2月14日)

2016-02-14 07:40:20 | 「武蔵野の森を育てる会」の活動

おはようございます。

代表のTです。

今日の午前中は強風雨の予報なので、残念ですが作業は中止にします。

次回は、2月28日(日)10:00~12:00となります。

みなさまのご参加をお待ちしています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シンポジウムを開催します:3/6(日)

2016-02-14 02:17:15 | 「武蔵野の森を育てる会」の活動

こんにちは。
当会では、今年もシンポジウムを開催することになりました。

主な内容は下記の通りとなっています。ぜひご参加下さいますよう
ご案内申し上げます。

 ●シンポジウムのタイトル
 「街なかの森の鳥と虫~「独歩の森」をたのしむ~」
 ●内容
 街なか(都市)にも、小さな森が点在しています。そんな緑のスポットで、生き物たちはど
 のように暮らしているのでしょうか。豊富な調査経験をお持ちの講師に、野鳥や昆虫の興味
 深い様子を楽しく紹介して頂きます。
 ●日時:3月6日(日)午後2時~4時30分
 ●場所:武蔵野スイングホール11階レインボーサロン
 ●講師:
 植田睦之氏(バードリサーチ 代表)・・・野鳥のお話
 金本敦志氏(NPObirth レンジャー)・・・昆虫のお話
●定員:100名(申込順、事前申込が必要)
●参加費:無料
●お申込み・お問合せ:武蔵野の森を育てる会
     Eメール:info.mnomori@gmail.com
      お名前、住所、電話番号をお知らせ下さい。
●共催:武蔵野市
●後援:武蔵野市教育委員会

詳しくはこちらのパンフレット(PDF版)をご覧下さい⇒シンポジウムのお知らせ



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月末までの活動予定をお知らせします

2016-02-13 17:07:12 | 「武蔵野の森を育てる会」の活動

みなさん、こんにちは。
6月末までの定例活動予定をお知らせします。

4/24は午後から、5月以降は9時からとなりますので
ご注意下さい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

定例作業を行いました:1月24日(日)

2016-01-24 17:24:28 | 「武蔵野の森を育てる会」の活動

みなさん、こんにちは。1/24に行われた、定例活動の様子をお知らせします。


当日はこの冬一番の寒気が日本列島全体を覆い、沖縄本島でも観測史上初めて
みぞれが降るなど、日本中が厳しい寒さに包まれました。そんな中、
学生ボランティアや「森のようちえん」のご家族連れも含め、幼児から高齢者
まで総勢41名の活動となりました。


全員でミーティング

作業は、まず全員で「独歩の森」のゴミ拾いをした後、前回に続いて冬場の
大切な作業である緑地東北部の笹刈り(アズマネザサ)、及び1週間前の雪で
折れた竹や落下した枝の撤去を行いました。

この時期に笹刈りしておくことによって林床まで太陽の光が届くようになる
ので、春になると雑木林ならではの草花が芽を出すことができます。


緑地東北部の笹刈り



雪で折れた竹の伐採

 

寒波で雪が心配されましたが作業中は好天に恵まれ、皆さんが精力的に汗を
流して下さり、予定していた作業を全て終えることができました。
改めて皆さんに感謝です!!

最後は、お茶とお菓子でおしゃべりしながら本日の作業を振り返りました。


お茶とお菓子で振り返り

最後に、冬の独歩の森と、そこで見つけた春の兆しをご覧ください。


数日前の雪が解けて少しだけ残っていました。


晴れ渡った冬の空にコナラの梢


春はすぐそこ。タチツボスミレが心形の葉を出していました。

参加された皆さん、大変お疲れ様でした。

学年末テストの時期にも関わらず参加してくださった学生の皆さんも、
本当にありがとうございました。

次回の作業予定は、下記のとおりです。
 2月14日(日)10:00~12:00

それでは、次回の作業でお会いしましょう!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あけましておめでとうございます

2016-01-04 21:39:16 | 「武蔵野の森を育てる会」の活動

みなさま、あけましておめでとうございます。代表のTです。

今年も、多くの方々とともに独歩の森(境山野緑地)の自然環境をゆたかにしていきたいと思います。

どうぞ、お気軽にご参加ください。活動日時は活動予定、はじめての方は活動に参加しませんか?をクリックしてご覧ください。

現地でお待ちしています!

(写真は、境山野緑地の掲示板に貼りだした、恒例の新年あいさつ文と、掲示板から逆光で見た草地と林です。)

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

武蔵野プレイスの市民活動学校で講座を提供!

2015-12-31 00:24:06 | 「武蔵野の森を育てる会」の活動

 12月23日(水・祝)、武蔵野プレイス市民活動学校の一環として、当会が
講座「独歩の森のクイズとパズル」を提供しました。

 お父さんやお母さんと参加のお子さんたちが数組、小学生男子の仲良し仲間が
2グループ、小さいお子さんを連れたお母さんが何人か、大人だけで参加の方が
数人と、定員の24名を上回る人数の皆さんが受講されました。

 クイズ「私はだれでしょう?」では、生き物を当てるクイズに大いに
盛り上がりました。

 次に、「何を食べているのでしょうか?」では、みんなで食物連鎖について
考え、生態系ピラミッドの仕組みに迫りました。

 最後に、独歩の森をさらに自然豊かにするためのアイデアを出し合い、
「みんなで、独歩の森でまた会いたいね。」という気持ちで別れを惜しみ、
大好評のうちに終えることができました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

定例作業を行いました:11月23日(月・祝)

2015-11-29 13:42:20 | 「武蔵野の森を育てる会」の活動

みなさん、こんにちは。
11/23に行われた、定例活動の様子をお知らせします。

境山野緑地も秋が深まり樹々の色づきが増してくるなか、
小学生、高校生、大学生、一般市民を含む、総勢27名の活動と
なりました。

作業は、まず全員で「独歩の森」のゴミ拾いをしてから、秋から
冬に掛けての大事な作業である道路の落ち葉掃き、園路の落ち葉
掃き、笹刈りを中心に行いました。


①道路の落ち葉掃き


②すっきりしました


③紅(黄)葉を背に園路の落ち葉回収


④草地の笹刈り


⑤植込みの笹刈り

当日は休の最終日、雨が心配される中での活動となりましたが、
予定していた作業を全て終えることができました。

最後は、お茶とお菓子で交流しながら本日の作業を振り返り
ました。


⑥お茶とお菓子で振り返り

参加された皆さん、大変お疲れ様でした。


最後に、紅(黄)葉と木の実の写真をご覧ください。


(1)イロハモミジの紅葉


(2)ヤマコウバシの黄葉


(3)赤い実をつけたナンテン

次回の作業予定は、下記のとおりです。

12月6日(日)10:00~12:00

それでは、次回の作業でお会いしましょう!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「環境フェスタ」に参加!!

2015-11-08 17:28:46 | 「武蔵野の森を育てる会」の活動

武蔵野の森を育てる会は、11月1日、第8回むさしの環境フェスタに参加しました。
会場は武蔵野プレイス前の境南ふれあい広場公園です。

幸いお天気に恵まれて、秋のすがすがしい青空の下、親子連れを中心に、多くの人でにぎわいました。


参加団体は、約30団体あったそうです。

武蔵野の森を育てる会は、子ども向けの体験を3つ用意しました。

■その1 『ノコギリ体験』
木を切るなんて、普段はできない体験なので、子どもたちに人気でした!材料の木は、境山野緑地で間引きしたものです。



■その2 『独歩の森の木やツタで作った輪投げ』
枝の一つ一つに10点、20点、30点、50点、100点などと得点が決まっていたのですが、中にはおもいっきり近くまでトコトコ行って、好みの枝に輪を入れる小さい子もいて、笑いがわき起こりました。





■その3 『竹のけん玉』
緑地の竹林の竹を利用して、会員が作ったものです。結構難しいという声もあり、大人も挑戦しました。




これを機会に、ぜひ気軽に独歩の森へ遊びに来て下さいね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日の作業は中止です(11月8日)

2015-11-08 07:41:11 | 「武蔵野の森を育てる会」の活動

おはようございます。

今日の午前中は雨の予報なので、予定していた定例作業は中止にします。

また次回(11月23日(月・祝)午前10~12時)、境山野緑地でお会いしましょう!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

武蔵野プレイス「市民活動の森」に展示しました

2015-10-27 05:50:33 | 「武蔵野の森を育てる会」の活動

10月10日から15日までの間、武蔵野プレイス1Fギャラリーで
開催された「市民活動の森」に、武蔵野の森を育てる会も参加しました。

展示したのは、活動の様子や、「独歩の森」の写真です。

プレイスを利用する方に「武蔵野の森を育てる会」を知っていただく
ための、良い機会になりました。

もしかして、次回の活動日に新しい方が見えるかも・・・。

楽しみです!!





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昆虫観察会「虫のきもちで見てみよう」の報告

2015-10-27 05:42:45 | 「武蔵野の森を育てる会」の活動

8月2日(日)、境山野緑地で昆虫観察会を行いました。
夏休みの真っただ中、子どもたちが虫の気持ちになって「独歩の森」に
飛び出していくと・・・。

甲虫や、クモなどいろいろな生き物が見られました。
現在いる生き物は、生き残るためにあの手この手で進化を遂げてきた
種類であり、そのことが多様な生命を生み出したことに気づいた子も。


講師は、NPObirthのレンジャー、金本敦志さんと天野達郎さんです
(中央奥:金本さん、右奥:天野さん)


金本さんのアップ!かつての昆虫少年、今、昆虫先生!


雑木林での虫さがしのコツを教わっているところ


この日の昆虫観察会のメニュー例をあげると、次のようなものでした。

・植物とそこに集まる昆虫の関係
  ガマズミとサンゴジュハムシ
  エゴノキとエゴヒゲナガゾウムシ
  スミレ類とアリ

・雑木林での虫さがし
  フィールドサインの探し方を学びました

・「雑木林」「里山」とは何か
  萌芽更新の意味など

限られた時間内でたくさんの学びや発見があり、子どもたちは
思いもかけない昆虫と出会えて大喜びの観察会でした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加