ちょっきゅスライダー

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

始めるには証券会社や

2017-07-11 13:54:17 | 日記
実は我が国の金融市場の競争力を強化する為に進められた規制緩和だけではなく、金融制度のますますの質的向上が目的とされた活動等を実践する等、市場および規制環境の整備が常に進められているのです。
すでにわが国内におけるほとんどずべての銀行では、強い関心を持って国際的な金融市場や取引に関する規制等が強化されることまでも視野に入れて、財務体質等の一層の強化、合併・統合等をも取り入れた組織再編成などに積極的に取り組んでいます。
つまりペイオフとは何か?起きてしまった金融機関の破産・倒産をしたことに伴い、預金保険法の定めにより保護される個人や法人等の預金者の預金債権に対して、機構が預金保険金の給付として預金者に直接支払を行う制度なのだ。
平成7年に全面改正された保険業法の定めに従って、保険を販売する会社は生保を扱う生命保険会社もしくは損保を扱う損害保険会社、2つのうちどちらかに分かれ、これらの会社はいずれも内閣総理大臣による免許(監督および規制は金融庁)を受けている会社でないと経営できないということ。
巷で言う「失われた10年」というキーワードは、国そのものの経済やどこかの地域における経済がおよそ10年以上の長期間に及ぶ不況そして停滞に直撃されていた時代のことを指す語である。
きちんと知っておきたい用語。ペイオフっていうのは、唐突な金融機関の経営破綻による破産の状態の際に、金融危機に対応するための法律、預金保険法の定めにより保護しなければならない預金者(法人・団体も含む)の預金債権(預金保険法の用語)について、預金保険機構が預金保険金の給付として預金者に直接支払を行う事を言います。
簡単にわかる解説。株式の詳細。債権ではなく出資証券(つまり有価証券)であり、企業は出資されても法律上は出資した者に対しても出資金等の返済する義務は発生しないのです。かつ、株式は売却によってのみ換金するものである。
すでにわが国内においては、ほとんどずべての銀行では、国内だけではなく国際的な市場や取引など金融規制等の強化も考慮し、財務体質等の一段の強化、合併・統合等をも取り入れた組織再編成などに精力的に取り組んできています。
知っておきたい用語であるMMF(マネー・マネジメント・ファンド)は、公社債や償還まで1年以内の短期金融資産の運用で利益を得る投資信託である。もし取得から日をおかず(30日未満)に解約してしまうと、実は手数料に違約金も合わせて請求されるというルール。
つまりロイズの内容⇒イギリスのロンドンの規模・歴史ともに世界有数の保険市場であるとともにイギリスの議会制定法の規定に基づき法人とされた、ブローカー(保険契約仲介業者)およびシンジケート(団体や組合)が会員である保険組合を指す場合もあります。
ということは安定的というだけではなくパワーにあふれた金融市場システムを構築するためには、銀行や証券会社などの民間金融機関及び行政(政府)が双方の抱える問題を積極的に解決しなければならないのです。
平成10年12月、総理府(省庁再編後に内閣府)の外局として国務大臣をその委員長とした新しい組織である金融再生委員会を設置し、のちに金融庁となる金融監督庁は2001年の金融再生委員会廃止まで、その管理下に2年余り組み入れられたのです。
タンス預金の盲点⇒物価上昇の(インフレ)局面では、物価が上昇した分だけその価値が下がることを忘れてはいけない。いますぐ暮らしに必要なとしていない資金なら、タンス預金ではなく安全で金利が付く商品で管理した方がよい。
知っておきたい用語であるFXは、リスクは高いが外国の通貨を売買することで証拠金の何倍もの利益を出す比較的はじめやすい取引のこと。外貨預金や外貨MMFなどと比較してみても利回りが良いことに加え、為替コストも安いというのがポイントである。興味があれば証券会社やFX会社で購入してみよう。
であるから「金融仲介機能」や「信用創造機能」そして「決済機能」以上の3つの機能のことを銀行の3大機能と称し、「預金」「融資」「為替」の基本業務だけでなく銀行そのものの信用によって実現できていることを知っておいていただきたい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ | 次の記事へ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。