キリンとアヒル

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

金融機関の行う

2017-07-06 16:29:38 | 日記
小惑星探査機「はやぶさが話題になった2010年9月12日、日本振興銀行が前触れもなく破綻してしまったのである。この件で、初めてのペイオフが発動したのである。このとき全預金者に対する3%程度とはいえ数千人が、初適用の対象になったと推計されている。
そのとおり「重大な違反」なのかそうでないのかは、監督官庁である金融庁が判定することであり、大部分のケースでは、軽微な違反がたくさんあり、それによる影響で、「重大な違反」判断するわけです。
アメリカの連邦預金保険公社(FDIC)をモデルに設立された預金保険機構(DIC)が支払う預金保護のための保険金の補償額の限度は"決済用預金を除いて預金者1人当たり1000万円"ということになっています。、日本銀行、民間金融機関全体が合わせて民間金融機関全体の三者がが同じ程度の割合で
つまり外貨MMFってどういうこと?国内であっても売買できる数少ない外貨建て商品の一つ。同じ外貨でも預金と比べると利回りがずいぶん高く、為替の変動によって発生する利益が非課税なんていうメリットがある。証券会社で購入しよう。
よく聞くコトバ、金融機関の(信用)格付けとは何か、ムーディーズなどで知られる格付機関が金融機関、さらには国債・社債などの発行元などに関する、信用力や支払能力などを一定の基準に基づいて評価するという仕組み。
覚えておこう、スウィーブサービスとは何か?預金口座と同一金融グループの証券取引口座の間なら、株式の購入資金や売却代金などが自動振替される新しいサービスである。同一金融グループによる顧客囲い込み作戦である。
【用語】保険:想定外に発生する事故で発生した財産上の損失を最小限にするために、制度に参加したい複数の者が一定の保険料を出し合い、集まった資金によって予測できない事故が発生した者に補てんのための保険金を給付する制度である。
BANK(バンク)という単語は実という単語は机やベンチを意味するbancoというイタリア語に由来すると言われている。ヨーロッパ一古い銀行。その名は600年以上も昔の西暦1400年頃にジェノヴァ(現在のイタリア北部)で設立し、コンスルたちに運営されたサン・ジョルジョ銀行です。
15年近く昔の西暦1998年6月、大蔵省(現財務省)銀行局や証券局等の所掌していた業務のうち、民間金融機関(民間資本によって運営される銀行等)等の検査・監督に関する部分のセクションを区分して、総理府(現内閣府)の新たな外局(府省の特殊な事務、独立性の強い事務を行う機関)として新組織、金融監督庁をつくりあげたのである。
結論として、第二種金融商品取引業者(第一種業者も当然だが)がファンド(投資信託などで、資金の運用を代行する金融商品)を作って、それを運営するには、恐ろしいほど数の「やるべきこと」それと、「やってはいけないこと」が事細かに規定されていることを知っておきたい。
金融商品取引業協会の一つ、日本証券業協会のことをご存知ですか。この協会では協会員である金融機関の行う株券や債券など有価証券の取引(売買の手続き等)を厳正で円滑にし、金融商品取引業が健全なさらなる成長を図り、出資者を守ることを協会の目的としているのです。
よく聞く「失われた10年」→ある国全体、もしくは地域における経済活動が約10年の長期間に及ぶ不景気と経済成長の停滞にぼろぼろにされた時代を語るときに使う言い回しである。
知っているようで知らない。株式の内容⇒出資証券(つまり有価証券)であって、企業は出資されても法律上は株式を手に入れた者に対しては返済する義務はないとされている。そのうえ、株式は売却によってのみ換金できる。
平成10年12月に、総理府(当時)の内部部局ではなく外局として委員長は大臣とした機関、金融再生委員会が設置され、のちに金融庁となる金融監督庁は平成13年1月の中央省庁再編までの間、金融再生委員会の管理下に約2年半置かれていたことが多い。
平成20年9月のこと。アメリカで大手投資銀行グループ、リーマン・ブラザーズが経営破綻したことはご存じだろう。この出来事が歴史的な世界的金融危機の原因になったのでその名から「リーマン・ショック」と呼ぶようになったと言う経緯がある。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ | 信用力によって »

あわせて読む

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。