師走まであと…

2016-11-26 01:38:18 | Weblog
昨日から、外出時は真冬の支度………ウールのコートとウールのストールと、手袋(これだけは100均商品)を着用しています

昨日、出勤時は積もっても不思議はない降り方でした
まだ霜月で本格的に冷え込んでいなかったこと、雪の前に雨だったこと、水気を多く含んだ雪だったことが幸いしたようですね
一昨日の勤務先では、雪掻きの為のシャベルと長靴を用意していましたから
そう言えば、塩カルは見なかったような…


降雪の翌日は、晴天がお約束
出勤前、延び延びにしていた書類を受け取りに、父の病院へ
帰りに竹隆庵岡埜でこごめ大福を購入し、路地に入ると下谷神社のイチョウが目についたので、多少の時間があるのをいいことに界隈をブラブラと
良さげなかんじの定食屋や蕎麦屋などを横目で見ながら歩くうちに、思いついて記憶を頼りにすすむと、ありました!!
その昔(40年ほど前)、珈琲をポットで出していた喫茶店(純喫茶)が
店頭には、「食べログで評判」とか「TVで紹介された」とか、ゴチャゴチャありましたが、ま、それはそれ
健在だったか、と、ちょっとしみじみ(笑)

上野には比較的よく行きますが、たいていは上野のお山〜広小路〜湯島か御徒町
稲荷町界隈は、何年ぶりになるかしら
古びた建物もまだまだ健在のようですし、時間を作って歩いてみるのも楽しいかもしれません



師走まで一週間を切りました
年が明ければすぐに入院なので、来月は常の年の瀬以上に気忙しくなりそうです┓( ̄∇ ̄;)┏
ジャンル:
モブログ
コメント (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゆき…ゆき…ゆき!! | トップ | ばっし… »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
外交文書での失言‥こんな政権に日本国を代表してほしくない (メタボの白クマ)
2016-11-27 16:46:42
話題が逸れますが‥。

カストロ氏の死に対し、首相官邸のページにこんな表現がありました。
「日本政府を代表して、キューバ共和国政府及び同国国民、並びに御遺族の皆様に対し、ご冥福をお祈りします」。
生きている国民と遺族に対して「ご冥福」‥。
極めて失礼な弔電。これは外交文書ですよね。外交は言葉ひとつの間違いで多くの血が流されるかもしれません。極めて慎重に言葉を選ばなくてはいけないもの。
この政府は、日本国民を代表してはいないことを表明したいです。
私の葬儀でどこかの団体からこんな弔電が来たら突き返しますね。
個人ならムッとはしますが、気持ちはありがたく受け取りつつ、取りあえず納めますが‥。気持ちはあとあとまで残りますね。
書いた官邸の人は、普段からこんな弔辞を平気で地元にも送っているのかな?
ふーむ (大納言)
2016-11-27 18:15:54
直すとすれば「キューバ共和国政府及び同国国民、並びに御遺族の皆様に対し、前議長のご冥福をお祈りします」でしょうか。
ミルナさんと山姥さんへ (通りがかり人)
2016-11-28 08:57:45
予約に関する文面については、私は少し、ずれていたなと、自らを反省しております。
 私は若い頃は、自分の環境を特殊かつ、不幸と、定義づけていましたが、今ではその感情も薄れ、よいブログ、よいブログ仲間にも恵まれまして、ほどほどに生活しています。この世には、恵まれないで、あえいでいる人たちのいかに多いことかも、この年になり、わかり始めているところであります。
 医療の世界については、ミルナ氏や、山姥さんの日々の過酷さも、わかっていないから、あの予約三重奏などという、おふざけ単語が出てしまったのであります。反省し、自重自戒し、引き続き、登壇します。
 絶対負けるな、ミルナ氏&山姥氏。北上川の河原で宴会だあぁ。野辺地でもだあ。
この歳になって予約わかりました (大納言)
2016-11-28 12:04:34
  
 なーんちゃって┓( ̄∇ ̄;)┏
 
 
 
切れそうで切れないもの (ミルナくん)
2016-11-28 12:51:56

いちど夫婦の契りを結んでしまうと、人にもよりけりとはいえ、切れそうで切れない関係のようですね。いまでも夫だった他人から電話を受ける事ができるなんてボクには驚きでしかない。(ボクの場合は妻になるが)

 娘が山姥さんのような立場になってから10年近くなる。当初は子供も小さかったから月一で逢わせる、養育費は払うという約束は果たされていた。しかし、子供も中学生の年頃になると、元父親やその実家の環境が親の離婚の原因らしいことに気がつき始め、また学校もそれなりに忙しくなって会う機会がなくなったら養育費がこなくなった。
そればかりか酔うと嫌がらせにも似た電話がくるようになったという。たまりかねて裁判所に相談したり、ようやく念書をとって一応のケリは着いたという。(ボクにとっての孫娘であり、年頃になりつつあるこのごろは一段と可愛らしく、きれいになってきたが、父親にとってはそうなると、いっそう会いたいものではないか、と思う気持ちだけは分かる。 だったら法律で定められている養育費は、最低でもきちんと払うとかいろいろな形の誠意を見せたらいいじゃないか)

娘の元夫は、 山姥さんのいうような『このヒトは、所謂「長男教」や「長男脳」的な価値観を根強く刷り込まれてきた人だった・・・』なんだな、とボクは思い知らされた。それかあらぬか、ごく最近苗字をボクの姓(かばね)に戻した。親子3人の合意だという。気持ち的にひとごこちしたような顔をしていた。

メタボの白クマさんじゃないけど、
「悩み多き人生」は娘にとってはもちろんだが、ボクにとっても未だに深い深いこころの奥底に残滓としていつまでもある。
また、病院とのやりとりの話でも『私なら「切れる」か「諭す」か、いずれにしろこちらの言い分は、表現したい・・・』ですよね。かなわぬまでも命にかかわることですからね。

 ボクの場合、昨年から医者との長い長い腐れ縁ですから、内心は生殺与奪を握られていると思うと「物言わぬ動物に成り下がらない」ために必死です。知りたいこと、聞きたいことはメモ書きで看護師に渡し確認してますよ。
「自分の生・死を客観視」できるほどボクも悟っていないから難しいね。

夫婦、親子、友人、知人、政治、地域との絆、患者と医者などなどいずれをとっても切れそうで切れない関係を保って生きるのが人生なんだろうな。

入院までのスケジュールと、必要な書類や品々を確めて来週の4回目(今年最後)に備えようかな。でも、今回の退院期間中は、わりと体調がよかったので、入院は気が進まない・・・

【土曜日(2016.9.10)】を読んで
うわあ、山姥さんのバックナンバーからか‥ (Unknown)
2016-11-28 13:29:47
予約わかったところで、こりゃあすごい。よおし、ミルナ氏の底力が、出てきたぞぉ。いいぞ。自分の読みがどれだけ浅いかが、予約わかったぁ。私はひっこむしか、ナッシー。
予約語録を二つ三つ

ふたたび夫に予約入れ

元妻の価値上がって下がってどっちなの

予約でいっぱい冷たき元妻

元妻と人妻の境界限りなく曖昧

わが妻とよそ妻の境界あいまい
そこに登場巌鷲山氏

柔肌のもち肌のとろける乳房北国の冬

なあんちっち

ひっこむしか、ナッシー (大納言)
2016-11-28 15:43:08
と言いながら、あいかわらずの妄想世界。

どれにしよ元妻我妻他人(ひと)の妻

バツイチの気分になりぬ歳の暮

人生に予約効かざり失敗す

水瓶座朴槿恵いっそ旅に出よ
白クマ様 (管理人)
2016-11-29 11:13:02
産経新聞(11/26)によると、共産党志井委員長は「キューバのフィデル・カストロ前国家評議会議長の死去の報に接し、深い悲しみを抱いています。ご遺族とキューバ政府・国民のみなさんに、心からの哀悼の意を表します。(後略)」との談話を発表したそうです
これが当たり前の追悼文ですよね

首相官邸は、キューバ政府に翻訳したものを伝えたでしょうが、別の意味で心配かも…
大納言様 (管理人)
2016-11-29 11:39:44
大納言様からすれば、添削するまでもないのでは!?
このような時は定型文を使うのが無難なのに、トップの「オレサマ」気質を忖度してオリジナルで行こう!!とした結果のお粗末さ、でしょうか
もっとも今どきの官僚は、日常生活における常識をご存知ないのかもしれませんね


さてさて…
過去記事が予期せぬところで顔をだし………といった気分(^^;;
「人妻」と呼ばれた時もあったかと、遠い眼をする霜月の末(笑)
かつて、「人妻」とは言っても「人夫(ニンプではなく、ヒトオット)」とは言わないんだよねぇ、とよく思ったことでした
ヒトヅマって、所有されている感がぬぐえず、違和感満載なままシングルに戻った姥であります(笑)


通りがかり人様がいらっしゃると、大納言様がみるみる元気になりペンが冴える…笑
通りがかり人様 (管理人)
2016-11-29 12:48:08
姥は自分で選んだ生活ですから、今が特に過酷とは思っていません
気儘な独り暮らしを選び、あまり責任が伴わない仕事を選び、病気は自分で選んだわけじゃないけど(苦笑)、それもまた人生かなぁ、と…
姥と同世代の女性の多くは健康や経済力やその他諸々を維持すべく様々に努力しているでしょうが、自分はその努力を怠ってきただけのこと(負け惜しみではなく、情熱の方向が違うのかも)


おふざけにエロスに意気揚々としたな通りがかり人様は、なかなか魅力的です
意気消沈した通りがかり人様もまた、魅力的ですよ(笑)

当欄で、思い切り暴れてくださいな

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。