にっちもさっちも…

2017-07-13 11:57:41 | Weblog
今日も、真夏日の予報
適度な雨が欲しいけど………


朝から病院
8時半の予約で、7:50に到着
受付番号は70番
眼科受付横のソファーは、みるみる患者で埋まっていく…
10時頃の予約ではお昼近くまで待たされるのも、納得してしまいましたよ

8時半に検査室に呼ばれ、眼圧・視力測定
特に変化なし
瞳孔を開く目薬を挿され、診察室に呼ばれたのは9時少し前
この医師は二度目だけど、相変わらず私を糖尿病患者だと思い込んでいる様子
説明するのも面倒で、ただ受け流すのみ

会計を済ませたのが9:20
ホントは、このあと出光美術館に行くつもりだったのに…
目薬のせいで見え方が覚束ないので、安全のため一旦帰ることに
自宅最寄り駅に着いたら、暑さよりも眩しすぎる陽射しにふらつきそうで、駅前のファミレスに避難
で、涼をとっていたら母から電話があり、これまた駅前にあるスーパーで依頼された品々を買って…先ほど、やっと帰宅

疲労感MAXなので、とにかく寝ます
ジャンル:
モブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 文月12日 | トップ | 三連休…らしい »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
病院雑記・素顔が見たい! (ミルナくん)
2017-07-13 16:50:56
入院していたころ、眠れないから廊下をそっとのぞいてみるが、深夜の病院はひっそりとしている。看護師コールもほとんどないから余計静かなのだ。
そういえば、午前二時頃に巡回看護師が、スポットライトの懐中電灯をもって、のぞき見に来るとき、眠っているふりをしていないと具合が悪いのかと思われたときもあったな。

消毒液の臭いと深夜の独特の雰囲気。死と病の臭いとも言えるものだったのかもしれないそんな時代のことは、山姥くんの400年の鋭い観察眼で見てるから分かっていると思う。しかし、今では病院全体に消毒液の臭いがしないし、看護師からもしない。いつ頃から臭いがなくなったんだろう。
看護師は誰もナースキャップをかぶっていない。これもいつころからかぶらなくなったんだろうか。

昭和の折り返しころがボクらの青春時代だったが、まだ看護婦からは消毒液の臭いがしていたような気がする。(看護師と呼ばれるようになったのもいつなんだろうね)
居酒屋で飲んでいるうちに好きになった女の子の妹が看護婦だと聞いたとき、さもありなんと思ったのは、その彼女からもかすかに消毒液の臭いがしたからである。(妹のナースキャップをかぶった白衣の天使の写真は可愛かったネ)

この時代の邦画は看護婦ものが結構あって何故か興奮してよく観に行ったが”オトコ”にとって情欲を誘われる何かがあったからのような気がする(この辺のところはダイナくんの専門分野だと思うので解説を待ちたい・・・)。すべてのオトコには天使のごとく見えて、あこがれのキミでもあったはずだ。

話しが逸れてしまった。

過日定期検診のためボクの母院にいってきた。何かが違うのだ。強烈な日差しの真夏のせいだけではなさそうな明るさのだ。広々とした待合室、受付カウンター、病室への廊下などともかく明るい。物理的ではなくて雰囲気的な明るい開放感にあふれているのだ。
ボクは玄関で暑苦しいがマスクをして入ったのに、誰もがマスクをしていないのだ。インフルエンザ感染防止のためだったとはいえ、総マスクは表情がない物体が蠢いているようで、気持ちの良いものではなかった。それが一気に開放されたのだ。
マスク美人の看護師も、患者からすれば愛想がないのか、可愛いのか、優しいのか、目だけを見ていろんなことを考えなければならないから、冗談も本気も迂闊に言えないもどかしさがあった。でも入院中の病棟でお世話になった看護師の面相は、どなたの顔も見ないまま退院したのが惜しかった。(優しかったあの看護師さんマスクとったらどんなだっただろう・・・きっと可愛かったはずダ!)

数カ月ぶりにようやく心身を修理し癒してくれる明るい工場に戻った気分の定期検診だった。(彰)
かすかなる消毒液の臭いに (大納言)
2017-07-14 09:34:02
青春を思い出すか、老年を満喫するか……。
フォークダンスの手を取れば 甘く匂うよ消毒液が♪


今は消毒液の臭いもしないしナースキャップも姿を消した。
消毒液はないことはないんでしょうが、いわゆるクレゾール石鹼から臭いの少ない別の消毒液に切り替えられたんでしょうね……と思ってググってみましたが、クレゾールに代わる消毒液はそうそうあるわけではないらしい。鼻(嗅覚)が退化したのかな?

スーパーダイエーにもいつもマスクをしているレジ係がいて気になります。
ミルナ様 (管理人)
2017-07-16 06:03:46
昔の病院…
クレゾールのにおいが漂う薄暗い待合室を、真っ先に思い出しますね
ナースキャップは、平成に入ってから廃止されたのではなかったかしら
衛生的ではない・院内感染の原因のひとつ、などが理由だと記憶しています

映画…『愛染かつら』は、ちと古すぎますか(笑)!?


夜目遠目笠の内…に、今どきはマスクと帽子を追加すべきかもしれませんね
そういえば、「口裂け女」も普段はマスク着用でしたっけ………
大納言様 (管理人)
2017-07-16 06:17:25
姥が行く病院も、父がお世話になっている病院も、看護師はミニサイズのポッカレモンのような容器を携帯
これで随時消毒しているようですね
オレンジかグレープフルーツの香りが、微かにしたような…


今時は、季節に関係なくマスクを着用する姿を見かけます
若い人の印象がありますが、気のせいかしら

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。