皐月後半…

2017-05-17 11:39:52 | Weblog
相変わらず、いまひとつすっきりしない空模様
気温が低めなのは、個人的にはありがたい

体調も相変わらずで、咳は以前ほどではなくなったけど出なくなったわけじゃないし、痰も量は減ったけど続いている
扁桃腺除去の影響なのか、ちょっとした空気の変化が喉(気管?)に影響を与えるようで、今もまだマスクが手放せない
日によっては暑いし鬱陶しいのだけど…苦笑



春の運動会がすっかり定着したようで、この前の日曜日は町内会の運動会を地元中学校で開催したし、職場でもお子さんの運動会で有休申請するスタッフがちらほら
残暑と呼ぶのが憚られるような気温の九月よりは、今の時期のほうが身体に良さそうではあるけど…

素朴な疑問として、学校の運動会や体育祭ってしなければいけないものか、と思ってしまう
特に、中学や高校では運動部以外の生徒って賑やかし(ギャラリー&応援)要員でしかないし、私なんて時間を持て余した記憶しかないのでね(ーー;)



一昨日(月曜日)はオフで、午後は亀戸経由で人と会うため千葉方面へ

亀戸は、浄心寺(浄土宗)境内にある「亀戸事件犠牲者之碑」を見たかったので
ガラケーにメモリー不足の表示が出て、写真は撮れませんでした(逆光の時間帯だったので、メモリーが足りていても難しかった)
亀戸事件は地域で労働運動に携わっていた人々が虐殺た事件ですが、同じ時期(関東大震災から数日のうち)に、亀戸からそう遠くない(半径4〜5キロ圏内)エリアで、少なくない数の中国人や朝鮮人が虐殺されたことがわかっています

考えることは色々あって、特に今は当時とは違った意味合いで様々な国や地域から日本に来ている人が増えている中で、東日本大震災レベルの地震が首都圏で発生した時、例えば自分はどう行動できるかな、とか…
上手く言えないけど、虐殺は論外だし、差別はいけないことだ、で終わらせてはいけないと思うのですよ
心の底に沈んでいる澱のようなものを眺めている…
ま、「**の考え休むに似たり」なんですけどね



それにしても………亀戸駅から直ぐの路地にある「亀戸餃子」に未練が(笑)
人と会う予定がなければ、イートインはせずともテイクアウトはしていたような…苦笑
ジャンル:
モブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「駆け込み」ではないのだが… | トップ | 木曜日 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
亀戸事件 (メタボの白クマ)
2017-05-19 01:23:32
聞いたことがあるようで、具体的には記憶になく‥。
ネットで調べたけれど、Wikiでは判然としない。

記憶に留めて、どこかで詳しく調べることとしましょう。

知らないことを知ったかぶりして、自分で定義してしまうどこぞの総理大臣のようにはなりたくないですね。
あれれ、上の人、この時間に (通りがかり人)
2017-05-19 05:03:50
起きて、コメントしてるよ。ま、だいじょぶそうだ。眩暈などと、ふた昔前の、可憐な少女のような、こと言ってるけど。

うちの母も、新聞渡すと、まずは折り込みの広告を手に取っています。一年前までは、カートを引いて、坂を下り、ほとんど毎日のように、出かけていた。楽しみだったのであり、社会とつながる接点であったのだ。圧迫骨折以降、治りはしたが、数百メートルは無理であり、およその玄関前でも、平気で座り込んでしまっていた。ま、かわいそうではある。8の日スーパーは伝統的であり、山姥さんもよく参加している。これは山姥家にとり、後世に残る家庭的遺産である。何気ない日常であるが、この何気なさが、案外励みにもなるのだ。山姥さん、引き続きがんばろう。
白クマ様 (管理人)
2017-05-20 01:45:53
昨日、共謀罪が衆院法務委員会で自公維により強行採決されました
森友・加計…と、とっくに退陣しているはずの事件が明るみになりながら、まだやりたい放題のアメポチと、それを許している国会と


さて、亀戸事件
前提として…
1.当時(1923年)、既に工業地帯となっていた亀戸付近では、南葛飾労働協会(南葛飾労働会)という組織(労働組合)が活発に活動し、亀戸警察に目をつけられていた
2.関東大震災の翌々日(9/3)、東京と神奈川に戒厳令がしかれ、軍隊が動員された
同時に、社会主義者や朝鮮人が混乱に乗じて暴動を企んでいる、というデマが流れ、当局もそれを追認するような内容の電報や通牒を出した

で………

南葛飾労働会のメンバー(10名)は亀戸警察に逮捕・監禁され、軍に引き渡された後、刺殺された

亀戸警察署が事件を公表したのは、同年10月10日のこと(甘粕大尉らによる大杉栄虐殺事件の軍法会議で明るみになったらしい)
犠牲者遺族や関係者が真相追求の糾弾運動を行ったが、「戒厳令下の軍の適正な行動」として事件は不問にされた


姥の理解したところを大雑把にまとめると、以上のようになります

亀戸警察は当初、犠牲者遺族や関係者の問い合わせに対し、「知り合いが迎えに来たから釈放した」などと説明してシラを切っていたそうです



日本は、時の政権や権力者・公安関係者から「けしからん・危険思想だ・テロリストだ」などとみなされれば、21世紀であっても同様の目に遭う国に成り果てる、らしい…
通りがかり人様 (管理人)
2017-05-20 02:03:28
お母様、玄関前までが限界ですか
予想もしない遠方へ徘徊されるのは困りますが、ご近所へも畑へも行けないのも、見ていて哀しくなりますね
姥も、今日のような日にも炬燵で居眠りをしている父を見ると、何とも言えない心境になります…

白クマ様のように、頼られ独楽鼠のように活動ができるうちがハナかもしれませんね
亀戸事件 (大納言)
2017-05-20 07:52:31
よくわかりました。ありがとうございました。

亀戸警察署の後を継ぐ城東警察署は、未だにオイコラの風潮が抜けないようですよ。
大納言様 (管理人)
2017-05-20 10:43:20
お暑うございます

三つ子の魂ナントヤラ、かDNAのなせる技か知りませんが、「オイコラ」体質は敗戦から70年以上過ぎても改まらないのでしょうね(苦笑)
例えば文科省だって内務省体質の尻尾がそこかしこに見えるのみならず、先祖帰り(戦前回帰)したがっているのですから………

それでも、帰宅時に巡回のパトカーとすれ違うとホッとする自分がいる…これも事実なのですよ
ただ、共謀罪成立以降は、警官の姿を見かけたら用心せにゃならないのかもしれません

通信は古典的手法が安心、とどこかに書いてましたっけ
通信傍受法により、盗聴やネット監視は今や当たり前に行われているため、封書&私書箱の利用が最も安全である、と
郵便検閲は憲法違反になるそうです
アナログな手段を侮ってはいけませんね

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。