弥生七日

2017-03-07 23:55:10 | Weblog
空には、日毎に丸みを帯びる月
気象情報を見れば、「明日は折りたたみ傘がお守り」との表示
ま、昨日も今日も、しっかり折りたたみ傘の出番がありましたが…苦笑



今日はオフ
朝、娘からの電話で起こされました
ランチを一緒に、との誘いで、いつものように渋谷の「タローさんの下」で待ち合わせ
早目に着いてスクランブル交差点を眺めていたら、大盛堂書店が移転したことに今更ながら気付く迂闊さ
あの超絶個性的な地下のフロアは今も健在なのかしら…

11時過ぎに娘と合流
周辺のお店の多くは11時半からランチタイムなので、そのままマークシティ4Fのレストラン街へ
銀座ライオンで、オムライスとカツカレー(税込・各1100円)と食後に紅茶(税込・一杯220円)を注文
野菜が足りなかった〜!!

娘と別れてから、薬局で薬を受け取り、駅前スーパーで頼まれた買い物を済ませ、帰宅
夜、銭湯に行くと、子ども用を含めて自転車が10台近く停めてあるのに、中(女湯)はガラガラ
男湯からも「婦系図」の鼻唄位しか聞こえてこないから、さほど賑わっているふうではない…

弥生も早や一週間
湯島の梅も、ぼちぼちオシマイではなかろうか!?
ジャンル:
モブログ
コメント (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 桃の節句 | トップ | あれこれと »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
大盛堂書店 (大納言)
2017-03-08 01:18:06
あの地下のミリタリーショップ(?)でIという店員にバカな対応された記憶が忘れられないのは30年前の話。


女湯ががらがらなのは「君の名は」ならぬ「カルテット」が放映されたから。しかも野球のおかげで1時間も遅れた。
おお、渋谷へですとな (通りがかり人)
2017-03-08 07:19:37
よい休日でした。1,100円のカツカレーはうまそうですな。よかった、突発的に如月方面に跳んだのですな。よい跳躍です。コメントは白クマ氏がよく後回しにしたり、そのまま忘れたりしてますが(今は気をつけている様子)、そらあ、自分が言いたいこと、書きたいことを先にしていいのであります。湯が先です。「おお、湯につかりて返信を考えてくれているか‥」

女湯は覗かれて心配覗かれて励み

なあんちちちの女湯深情け
女湯で勢いづく (大納言)
2017-03-08 09:36:48
女湯にドローンを飛ばす不届き者

片恋の連鎖煮詰まる「カルテット」

女湯の資料請求黒塗りか

「君の名は。」今や真知子じゃありません
銭湯で戦闘! (ミルナくん)
2017-03-08 09:43:51
きのうから淡雪が真断なく降り、今朝には20数センチもの綿雪が、ベランダの手すりに積もっていて、なお深々と降っている弥生の景色、実に綺麗だよ。

山姥殿が銭湯で磨きをかけてるみたいだけど、(見たことはないけど・・・ネ)。「銭湯」なんて久しく聞いたことのない懐かしい響きだ。「蛍の光」を聞いてウルウルした時みたいだ。

「〇〇温泉」もいいけど、やはり銭湯が一番安らぐんじゃないかナ。
股ぐらをしっかり洗って、全身にぬるゆを掛け、身体を湯に慣らす。それでも入ったときの一瞬の熱さに顔をしかめながら静かに入る。湯が思い切り溢れる。
5分くらいが限界か苦しくなって、あたり構わず思い切り飛び上がって出る。

湯を思い切り使ってアタマのてっぺんからつま先までゆっくりと丁寧に洗う。湯はいくら使ってもなくならない。自宅だと経済観念が先に立ってしまうが、銭湯だともったいないという気分から解放される。

あぁ~なんて幸せなんだろう。これこそが至福のひと時というものか!体力、気力が戻ってくるようだ。極楽、極楽。もうひとつおまけに「あぁーゴクラク!」

今も降り続く春の淡雪をみながら、湯殿に晒す400年を生きながらえている山姥殿の妖艶な女体を想像している・・・・・・けど、なかなか出てこない。牡丹雪の方が美しいから、といったら失礼か?!     
(彰)

インスリンかインシュリンか (大納言)
2017-03-08 12:25:27
ちょっと前の話題ですが、NHKはインシュリンと読んでました。
緩解 (Unknown)
2017-03-08 12:42:34
こ、これわわわ、ついに山姥さん白き肌にその女体に、牡丹雪かあ。春の淡雪湯殿の中に如月一族大集合。「山姥さま、お、お背中を‥」「‥な、ならば、わたくし、おま、お前のあたりを、お、おおおお、お流し、いた、いた、いた、たたたたた、たまたま、ああ、お御足のおつけねあたりに、湯をおか、けけけけけけ、しますうううううう‥」いけぬ、たまたまが勝手に、手ぬぐいが、.むっくらと、いけぬ、これはいけぬ。抗がん剤も、なにも、ぶっとびそうだ。これなのだ、これこそなのだ、これで治らぬ病なし。如月一族全員官界、間違え、感懐間違え寛解、か、か、か、感化いいい、間違い、感懐しそうですううう‥‥。さあ、みんなで、山姥さんと四百年風呂に心ゆくまでつかるぞぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!山姥さんの浸かった湯を、手にすくいて、飲まれよ! 緩解だああああああああ。ゆるみとけるだわわわわわ。
ばっかもーん>Unknown (大納言)
2017-03-08 14:27:20
勝手に寛解しおって、このインスリンでも喰らえ!!
ん? インシュリンかな?
大納言様 (管理人)
2017-03-09 12:53:00
『カルテット』………尻上がりに話題になっているドラマでしたっけ
女湯が空になるってことは、9時か10時からなのかしら
ワンセグは、地震速報と箱根駅伝以外は見ないので…苦笑
弦楽四重奏団つながりで、丸谷才一の最後の小説を思い出しました
丸谷才一、久しぶりに読んで見ようかな(笑)


昔の大盛堂の地下
エスカレーターを降りて、フロアの雰囲気に怖じ気づいて、即座に回れ右したハタチの頃…苦笑
通りがかり人様 (管理人)
2017-03-09 12:59:48
とんかつやカツ丼は殆ど食べないのですが、カツカレーは時たま無性に食べたくなります
カレーマジックのなせる技でしょうね(笑)


女湯ネタ
三助を志願なさるなら、動揺を表に出してはいけません
内心はどうあろうとも、常に平常心で(笑)
尚、当欄は、どのような心の乱れも受け付けております
但し、座布団がゼロになっても、磯野波平氏並の一喝を浴びても、管理人は関知しません
ご了承くださいませ<(_ _)>
ミルナ様 (管理人)
2017-03-09 13:10:26
春の淡雪の向こうに見える湯けむりのそのまた奥の人影は…笑
徒然に眺めあれこれ思い巡らすが幸せ、と申すものでしょうね


これから先は雪も降るまいね、なんて同僚と話したのは数日前の桃の節句の頃のこと
ミルナ様の地元では、春の訪れを告げる雪が舞っているのですね

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。