本日の献立、など(6/10)

2017-06-10 20:09:43 | Weblog
13時過ぎに看護師が点滴用針の挿入に挑戦するも、撃沈
結局は医師に挿入してもらい、14時半から17時まで2時間半の点滴

窓際は日差しが強いと気温が上がる一方、ベッドに横になるとエアコンの冷気で身体が冷えてきますね
今日は、冷房が「強」レベルだったかも…



昼食…ご飯(150グラム)、白身魚のあんかけ、チンゲン菜のお浸し(蒲鉾・削り節・ポン酢)、ジャーマンポテトもどき(じゃがいも・たまねぎ)!?

過去記事を見ると、ご飯の量が4月は190グラム
このあたりの判断基準がよくわからない(苦笑)
ちなみに、塩分は6グラム



夕食…ご飯、ポークカレー、サラダ(ミニトマト・アスパラ・レタス・ツナ)、キューピー1000アイランドドレッシング、らっきょう漬け、リンゴのシロップ漬け

リンゴのシロップ漬け…昔風に言うなら、リンゴの缶詰めでしょうね
紺色の小皿に盛られた黄緑色の果物、メロンではなさそうだし…と思いながら、箸で摘まんだら、実は黄緑ではなくて黄色だった(笑)
確かに、黄色と紺色なら緑系の色に見えるけど、なんだかなぁ
ジャンル:
モブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« と、言うわけで……… | トップ | 本日の献立、など(6/11) »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
とりあえず安息! (ミルナくん)
2017-06-11 09:24:54
看護師の注射の上手、下手にはマイリマス!ボクの場合クスリのせいで血管がボロボロに固まって針が刺さらず、刺さっても血が出ないので採血には泣かされました。抗がん剤のステロイド剤左右の腕各3回やるとすっかり固まってしまい、再発で次回も同じ治療となるとどこからか忘れたけど、鎖骨あたりまでの静脈にチューブを入れるとか。
姥さんの入院でステロイドや注射のことが思い出されてね。ベッドが窓際で景色はいいけど日差しが強いと暑すぎてマイッタ事などもツラツラ思い出されてね。
切った張ったの入院ではなくても、つらいことの方がどうしても思い出されますよ。(退院して4ヶ月、二度と入院したくないですね!そんな気分になりました)

身体の修理は早いにこした事はないですね。
無理なき退院を!(南無阿弥陀仏)
静脈を探る (メタボの白クマ)
2017-06-11 11:05:55
いまよりも10キロ以上太っていた高校生の頃、静脈注射するのに看護師が随分苦労してようやく腕の静脈を探り当てました。とても嫌な思い出です。
減量してからはそんなことはなくなりましたが、この間癌検診の採血のとき、看護師が「これは難しいかな?」とポツリと。けれどうまく一回で針をとおしてくれました。
肥満児といわれた高校生の頃の体重まではまだまだ至っていませんが、そろそろ現役時代の体重まで8キロ程は真剣に減量しなくてはいけないかもしれません。

私の知りあいの医師は手の甲の手首に近いところに射すのを常としていました。ここだと太った方や、肘の静脈が深めの方でも、視認できるようです。ただし細いので慣れが必要かもしれないですね。
ミルナ様 (管理人)
2017-06-11 11:50:59
辛い時間を思い起こさせたようで…お詫び申し上げます<(_ _)>


例えばの話、盲腸での入院と脳梗塞での入院とでは深刻度が違いますよね
姥の場合は、現状を維持するための治療がメインですから、到底ミルナ様のご病気や経験と比べることはできません
ただ、昨年9月と今年1月との切った貼った経験と比べた時、二泊三日の点滴だけのほうが身体へのダメージは小さかったように感じました

看護師の注射スキルは、患者のストレスの大きな要因の一つですよね
昨日の看護師は、一度トライしてすぐに撤退の判断をしました
賢明だったと思います(彼女は、病棟スタッフとしてはまずまずのスキルと自信を持っているようです)
過去には、両腕を内出血だらけにされ、医師に委ねた時には手の甲から点滴をするしかない…なんてこともありましたから(ーー;)


『東京人』…これで税込930円は高いような(苦笑)
ビジュアルでカラーページも多いけど、タイアップ記事なのか違うのかよくわからないものも見受けられ、地形云々より土木技術万歳の印象を強く感じて、五輪のためのインフラ整備正当化を煽っているような………とは、偏見が強すぎるでしょうか
大体、「ドボ景」だの「ドボ博」だの、字面や音の響きからして何だかなぁ…苦笑
税込926円の『暮らしの手帖』がどれだけ良心的か、よくわかりました

『東京凸凹地形散歩』は、面白いですね
新書で980円プラス消費税は財布に痛いですが、これなら許容範囲と言えそうです


官房長官が、来年10月から消費税10%に、と言ったそうです
全額社会保障に回すならともかく、アメポチの思い付きや五輪関係費用に横流しするなら、冗談はよせ、と思いますよ
一日も早く、アメポチ政権を打倒せねば!!
白クマ様 (管理人)
2017-06-11 12:09:55
診療科によっても、看護師のスキルに差があるような気がします
一昨年はじめて入院した時は、浮腫みが酷くて身体全体がパンパンでしたが、循環器でもスキルの高い看護師はスムーズに挿入していましたね
一方、腎臓内科の看護師は標準スキルかな
採血だけならまだしも、点滴、それも数日(数十日)続けるとなると、挿入場所は限られてきます
食事、洗面や歯磨き、トイレ、入浴etc…入院中であっても、腕を動かさずに過ごすことはできませんから
ちょっとした弾みで針がズレて再度再々度挿入となった日には、泣くになけません
一回きりの点滴なら、どこでも構わないのですけどねぇ

検査や手術に備えるなら、可能であれは皮下脂肪を減らしたほうが良いようです
昨春の腎生検で痛感しました
でも現実は…嗚呼………

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。