マネジャーの休日余暇(ブログ版)

奈良の伝統行事や民俗、風習を採訪し紹介してます。
すべての写真、文は著作権がありますので無断転載はお断りします。

臭いのが当たり前のサッポロ一番魁龍どトンコツワンタンめん

2012年12月03日 07時40分15秒 | あれこれインスタント
天理市の大型店。

イオンが経営するビッグ・エクストラだ。

ここは安くて安全でお得な買い物ができる。

この日に立ち寄ったのは家の貯蔵ラーメンが底をついたことによる。

あれやこれやのラーメンを買い足す。

棚にあった山盛りのラーメン売り場に目が云った。

お得なラーメンが売りだされている。

サッポロ一番が売りだした「魁龍どトンコツワンタンめん」だ。

蓋には店主の名がある。

福岡博多の魁龍博多本店ブログも紹介してある蓋面にはノンフライ久留米風細麺とある。

名店を再現したラーメンなのであろう。

内蓋を開ければお店の紹介があるから相当美味いんだろう。

早速調理して食べた。

調理といってもインスタントラーメンお湯を注ぐだけだ。

具やスープタレが小袋にある。

タレは後入れとあった。

具を入れて3分待った。

2袋あるうちのひと袋のタレを降り注いだ。

なんかおかしい香りがする。

臭いのだ。

なんだろうと思いながらもうひと袋のタレも入れた。

湯から香ってくる重苦しい臭い。

まったく臭い。

そういうラーメンなんだろうと思って食べてはみるものの箸が進まない。

麺は細くてするする入るのだが、香ってくる臭いに圧倒される。

臭みが顔前に襲ってくる感じだ。

吉本新喜劇でいえば「クッサァー」であるが遥かに凌駕する臭い。

これってほんまにラーメンなのか。

出汁も飲んでみた。

味は久留米ラーメンに近い。

出汁は問題ないと思うが臭さにはまいった。

白さがまったく見られないワンタンの味は判らないし無理やり食べた。

チャーシューも入っているらしいがこれも味はわけわからん。

強烈な臭味には耐えられん。

これが「クセの獣臭」と云われても食べられないものは仕方がない。

2個も買ったがどうしよう。

返品したいが保管庫に眠ったままだ。

(H24. 9.30 SB932SH撮影)
『奈良県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 私がとらえた大和の民俗(2... | トップ | 鉾立の行事 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

あれこれインスタント」カテゴリの最新記事