マネジャーの休日余暇(ブログ版)

奈良の伝統行事や民俗、風習を採訪し紹介してます。
すべての写真、文は著作権がありますので無断転載はお断りします。

茶の木人形を知る山城郷土資料館特別展

2013年12月08日 16時32分24秒 | 民俗を観る
『宇治茶の郷のたからもの』を主題に「-茶の木人形と永谷家の製茶機械-」の特別展を拝見した。知り合いの青江智洋が初の特別展を担当されたこともあって、久しぶりの訪館である。
展示された数々の茶の木人形は始めてみる代物である。人形を見るのも始めてだが、素材の茶の木で作られたとは思えないような精巧なつくり。茶摘みをする女性の顔立ち、姿、衣装、色合いなど素晴らしいと思った。茶生産を終えた老木の茶木は掘り返して新しく植える。捨てられる茶木を用いて作った人形はたくさん展示されている。現物を展示するのは初めてのことで、関心を寄せる茶関係者や工芸、民俗など、大勢の人たちが本邦初公開の特別展を拝観していると話す。
茶の木人形がルーツだった木彫り人形の歴史も知った。昭和8年に京都御所内で陳列された茶の木人形は天覧された昭和天皇が50体もの人形を御買上したのも頷ける。茶の木人形の歴史、製作者など興味が尽きない特別展は下記に記す会場で行われている。
訪館した日は特別講演会もあったが、事情で断念した。豪華で立派な図録(400円)は青江さんの力作で、読み応えのある本だ。製茶機械・茶作り工程も含めて必見の価値がある。

展示場所 京都府木津川市山城町上狛千両岩 京都府立山城郷土資料館 (特別展入館料250円)
開館時間 9時~16時半 (入館は16時半まで)
展示日程 平成25年10月26日(土)~平成25年12月 8日(日) 終了しました
講演会  平成25年11月 9日(土) 終了しました
列品解説 平成25年10月27日(日)、11月23日(土・祝) 終了しました


(H25.11. 9 SB932SH撮影)
『京都府』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 八島町新仏弔うチャンカラカン | トップ | 私がとらえた大和の民俗(3... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

民俗を観る」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事