マネジャーの休日余暇(ブログ版)

奈良の伝統行事や民俗、風習を採訪し紹介してます。
すべての写真、文は著作権がありますので無断転載はお断りします。

越の行事

2011年02月27日 08時36分20秒 | 楽しみにしておこうっと
明日香村越(こし)に鎮座する許世都比古命(こせつひこのみこと)神社の氏子は28軒。

以前は30軒だったそうだ。

一年間つとめたトーヤはとんどの日で役目を終える。

毎年10月8日は宮送り。

夕方にトーヤは伊勢音頭を謡いながら神社に向かう。

拝殿で高砂などを謡ってトーヤ引き渡しの儀式が行われる。

その際には錫杯で酒をいただく。

三段重ねの杯は真ん中の杯を選ぶことになっている。

仲の良いようにということである。

儀式を終えると新トーヤの家へお渡りをする。

そのトーヤ、軒数が28軒だから28年にいっぺん回ってくる。

そうとう長い期間を待たなければならない。

11月の最初の亥の日にはイノコまつりが行われる。

境内社の弁才天さんの前に集まって食事をする。

おモチはあるが料理はパック詰め料理に代わったそうだ。

夕方というから照明下でされるのであろう。

(H23. 1.14 EOS40D撮影)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加