マネジャーの休日余暇(ブログ版)

奈良の伝統行事や民俗、風習を採訪し紹介してます。
すべての写真、文は著作権がありますので無断転載はお断りします。

プレゼンツ40D

2010年02月28日 07時39分46秒 | しゃしん
出版記念にとryu先生が平成19年(2007年)10月に発売されたEOS40Dを持ってきてくださった。

年末の忘年会のときの先生の約束だった。

800万画素のKissデジNは軽くて行動的なカメラ。

故障もなく使い続けている。

40Dは1010万画素。

重さは740g。

ずっしりとする重さなのでブレることはないだろうが、EOS-3と同時に使っているので堪える。

連写はすごい。

KissデジNでは味わえない強烈な感触だ。

弓打ちの行事に威力を発揮する。

付けてくださった8Mのコンパクトフラッシュに速攻で収められていく。

液晶ファインダーが3インチサイズで大きくて見やすい。

老眼の私はとても助かるがいやに明るい。

撮った画像はそれほどでもないのだがファインダーの映像が明るいので気になってしかたがない。

ビューするたびに絞り値を下げるようになってきた。

先生はこれも一緒にとSIGMA APO50-500 F4-6.3 EX DGとSIGMA EFS55-250 4-5.6も。



これって野鳥観察をしなさいという厳命ですな。

使いこなせるかどうか不安だが少しずつ試していこう。

何度か行事取材に使ってみたところ、それほど撮っていないのにバッテリー残量が著しく減っていくことに気付いた。

どうやら製品不良があるようでファームウエアが発表されている。

支障はないが、早めに対応しなくてはならない。

後日よくよくこの件を再確認してみれば「EF 85mm F1.2 L II USM」の使用時に、電池残量が正しく表示されない現象の修正」だった。

(H22. 1.30 Kiss Digtal N撮影)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加