ムネコマサン

写真付日記で~す。 物忘れないうちにメモしておかないと
日々の出来事 アチコチ出かけ コンデジ画像を紹介しま~す 

花蓮展だより 7月5日版

2017-07-12 08:04:03 | 日記

咲くやこの花館の 花蓮展 6月24日から開催中 沢山展示されてますよ~
開花時期が 違うものがあり まだまだ楽しませてくれてます。
7月4日の 台風4号通過後が気になり 見てきました。
花弁が無くなったハスもありましたが 元気な蓮を眺めてました。

ハナガガブタ(スイレン)花弁に水を含むと半透明になり 不思議な花に見えました。


強風に負けてませんでした。

花托の変化が 面白いですね

天竺斑にバッタが


天竺斑


黄仙子(中国で作出)


王子蓮(おうじれん) 珍しい黄色系の蓮 咲いているところが撮れなかった・・・・リトライします。


原始蓮・・・・名前の通り 歴史がありそうですね
 大阪府東大阪市善根寺に保存されていた 地蓮を 大賀氏が 原始的なハスとして 1936年に命名し 今日に
至っているそうです。
大賀蓮とは ハスの研究の第一人者である 大賀さんにちなんでつけられているのでは?


即非漣(そくひれん)

縦の筋がくっきりした ハスです。

御所車


紅台漣(べにだいれん) 花托の中の種から 新たに花が咲いてます。
この花には 花托ができるのかぁ~ちょっと興味があるなぁ


 7月23日まで開催されます フォトコン用画像は撮れそうにないです(-_-;)

最後までご覧いただきありがとうございます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 咲くやこの花館シリーズ 7... | トップ | 花を観よう  ブラブラ日記... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
花蓮展 (AOI-MORI)
2017-07-12 13:01:27
いろいろな蓮の花を楽しませて貰いました。
素敵でしたよ(^^)
ハナガガブタ (ピカ)
2017-07-12 19:48:09
ハナガガブタに興味津々です。

雨水に透き通る同じ様な花がある事は知っていたのですが、今年も見逃してしまいました。
サンカヨウという花ですが、来年は絶対雨の日にマクロを持って出かけます。
花蓮展 その後 (チャーリーブラウン)
2017-07-12 20:21:54
AOI-MORIさん こんばんは~

今日も 午後から花蓮展を観てきました。
もう 終りのようですね 開花しているハスは数輪 つぼみも少なくなってました。
1枚だけ 撮れました。
後は 高山植物室で涼んでました(*^^*)
気持ちよかったですよ。
ハナガガブタ (チャーリーブラウン)
2017-07-12 20:25:51
ピカさん こんばんは~

不思議な花ですね 水がなければ 凛とした白花が 水を含むと 透かしになる
珍しいと思います。
花蓮展も ボチボチ 収束の感じです
7月23日まで 持たないのではと思います。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む